肉のうまさにこだわりぬいたハンバーガー店が名古屋にオープン!

2017/02/17

肉のうまさにこだわりぬいたハンバーガー店が名古屋にオープン!

本山駅と覚王山駅の中間の場所、いい肉の日(11/29)にオープンした「ハンバーガー生活のすすめ」。週に1度はハンバーガーを食べる文化を根付かせたいと語る店主の、自慢のハンバーガーにフォーカス!! 

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

【ここに注目!】

1.大人がくつろげるハンバーガー店
2.計算され尽くした肉の味
3.日本各地のクラフトサイダー

肉を熟知した味付け・火入れで、肉のうまみがわかるハンバーガー

数パターンある店のロゴはどれも印象的。原案は店主の関根さんが考えたそう

「ハンバーガー生活のすすめ」。本のタイトルのようだが、これは店名である。このインパクト抜群の名前の店がオープンしたのは広小路通沿い、地下鉄覚王山駅と本山駅のちょうど真ん中あたり。どちらの駅からも徒歩約5分の距離だ。

店は広小路通の南側にある。2階という隠れ家的な立地も魅力
内装デザインの原案も関根さんが手掛けた。シックな配色で落ち着いた雰囲気の店内
店の奥にはゆったりできるソファ席も
店主の関根さん
店主の関根さん
「ハンバーガー店というとアメリカンダイナーのイメージがありますが、そういったテイストではなく、大人がゆっくりくつろげる空間をデザインしました」

オープンは11/29、開店は11:29からという気合の入った“いい肉”アピールからもわかるように、同店は肉へのこだわりがハンパない

パティに使うのは、オーストラリア産のグレインフェッド・ビーフ。これは牧草で肥育した後に穀物を与えて育てた牛のことで、牧草飼育の牛より脂肪が多く、日本人好みの肉質なんだとか。

その牛肉の中でも、やわらかなサーロインを中心に肩やランプ、バラなど5種類の部位を独自にブレンド。食べ応えが感じられるよう、粗挽(び)きにして肉の食感を残している

外気の気温なども考慮し、味付けの塩分濃度や肉の火入れの温度も調整するというから恐れ入る…!

超粗挽きならではの、ゴツゴツしたパティ。さまざまな部位をバランスよくブレンドすることで、ジューシーな味わいを出す
手際よく調理を進める関根さん

肉の味を生かすことを考えて作られたバンズは、ほのかな甘みがあり、ふんわりと軽い食感に仕上げられている。こだわりのパティとバンズ、その他の具材を一つにまとめ上げる味の決め手はオリジナルの自家製ソースだ。

フレッシュオニオンをベースに、マヨネーズなど10種類以上の調味料をブレンドしている。

バンズも元々は店で焼いていたが、忙しさにより断念。独自のレシピでベーカリーに外注している
自家製ソースには砂糖を使わず、食材そのものの甘みを生かす
店イチオシの「本覚バーガー」(1199円)。フリルレタス、120gのパティ、トマト、チェダーチーズ、ソースをサンド。すべてのハンバーガーにポテトフライかミニサラダが付く。ランチはさらにドリンクも
店主の関根さん
店主の関根さん
「店が山駅と王山駅の中間に位置することと、“本格”にかけて、「本覚バーガー」というメニュー名にしました。グレインフェッドを選んだのは、最後の一口までおいしいハンバーガーを作るにあたり、和牛だとくどくて重くなりすぎるためです」

ハンバーガーのラインアップは「本覚バーガー」を含めて9種類。ちょっとほかでは見られないメニューとして「瞬間スモークベーコンバーガー」(1399円)をオススメしたい。

これはりんごチップで自家燻(くん)製した国産ベーコンと、濃厚な味わいのモザレラチーズを使ったバーガーで、驚きの状態で運ばれてくる。

スモークに包まれて登場! 写真に撮りたくなる演出だ
甘いコクのある香りが漂う。ベーコンをかみしめると、口の中にも香りが残る
店主の関根さん
店主の関根さん
「塩気を調節するため、ベーコンは塩抜きをしてから使っています。香りが強く感じられるよう、お客さんに提供する直前にバーガー全体を燻(くん)煙します」

同店ではハンバーガーごとでソースが異なり、どれもしっかりと手間をかけて作り込まれている。10日間寝かせたテリヤキソースを使う「瞬間スモークテリヤキチキン」(1499円)、じっくり煮込んだ自家製トマトソースの「トマトソースのハンバーガー」(1199円)なども味わっておきたいところ。

ハンバーガーだけでなく、サイドメニューやスイーツも評判だ。

アルコールによく合う「ピリ辛バッファローウィング」(6本570円)。スタンダードなアメリカンフードで、ブルーチーズディップを付けて食べる
店で手作りしている「マスカルポーネティラミス」(500円)。甘さ控えめで大人の味わい

ハンバーガーと言えば、ビールやコーラが定番。同店にももちろんあるが、注目したいのはクラフトサイダー。関根さんが飲んでおいしいとおもった「徳島すだちサイダー」「香川オリーブサイダー」など、味の気になる4種類が用意されている。

マンゴーやパイナップルなど5種類のフルーツに漬けた「自家製サングリア」(800円)や、すっきりとした「スパークリングワイン」(600円)と一緒にハンバーガーを楽しむのもオツ。

クラフトサイダーは各種580円。関根さんのオススメは、すだちがほんのりと香り、口の中に甘さが残らない「徳島すだちサイダー」

専門店ならではの、ひと手間もふた手間もかけたハンバーガーを食べさせてくれる「ハンバーガー生活のすすめ」。週に一度では足りない…! と思わせてくれる味なので、ぜひお試しを。

Yahoo!ロコハンバーガー生活のすすめ
住所
名古屋市千種区末盛通3-30 マ・シャンブル富士 2F

地図を見る

アクセス
本山(愛知県)駅[4]から徒歩約5分
覚王山駅[3]から徒歩約5分
池下駅[2]から徒歩約14分
電話
052-761-0339
営業時間
11:29~15:0018:00~22:00
定休日
不定休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

※価格はすべて税抜き表記

取材メモ/いびつな形のパティが「肉!! 」って感じでたまらないです。味付けは緻密に考え抜かれていて、専門店の深いこだわりがうかがえました。落ち着けるカフェのような空間も◎!

取材・文=小林紀子(エムズハウス)、撮影=山本章貴

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES