これが餃子?! 新しい味に出会える「GYOZA BAR」

2017/02/14

これが餃子?! 新しい味に出会える「GYOZA BAR」

「どうしても餃子が食べたい」という気分になることって、ありますよね。青山「GYOZA BAR Comme a Paris」(ギョウザバー・コムアパリ)では、スタイリッシュな店内で、香りを気にすることなくワインやスパークリングとともに餃子がいただけます。

ことりっぷ

ことりっぷ

パリから来た餃子バー

 

表参道駅から徒歩5分、JR渋谷駅からも徒歩10分ほど。青山通りから一本入ったエリアにお店はあります。

2年前の夏にオープンした「GYOZA BAR Comme a Paris」(ギョウザバー・コムアパリ)は、フランス語で パリから来た餃子バー の意味。オーナーの鳴神正量(なるみまさかず)さんがパリを訪れた際、現地のパリっ子たちがワイン片手に餃子を楽しむ様子を見て、インスピレーションを受けたのだそう。

 

ウッド調のあたたかみある店内は、カウンター席が多くカジュアルな雰囲気です。壁に描かれたフランス語は「餃子に、にんにくは入っていません。ソースをつければおいしくなりますよ」の意味だとか。

 

オリジナルの3種のソースをつけて

 

こちらの餃子にはニンニクが使用されていないので、香りを気にすることなく餃子をいただくことができます。
薄皮の餃子はパリっとしていて、ソースをつけると飽きることなくいくらでも食べられます。

野菜の甘みと肉汁がたっぷり

ソースはジンジャーとガーリックを効かせて煮つめたトマトソース、白味噌とハーブビネガーによるハーブソース、黒胡麻とブラックペッパー・黒七味唐辛子をすりつぶしたオイルソースの3種類。「バケット」(200円〜)につけていただけば、ワインのおつまみにもぴったりです。

 

オーソドックスな「野菜ギョウザ」(520円)や「水ギョウザ」(550円)のほか、みょうががたっぷり乗った「みょうがのせギョウザ」(640円、すべて各5P)、女性人気の高い「オニオンスープグラタンギョウザ」(920円、3P・メインカット)など、変わり種の餃子もあります。

もち米でできた「シュウマイ」(530円/4P)
 

また「ヨーグルト和えしたエビとアボカド入りスパイスサラダ」(800円)や「白金豚ソーセージのロースト」(780円)などの、お食事メニューも充実しています。

ひとりでも気軽に入れる雰囲気なので、青山や表参道で待ち合わせ前にサクッと餃子をつまみつつワインを一杯、という使い方もできそうですね。

ことりっぷWEB

ことりっぷWEB

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジン。週末のおでかけをもっと身近に。ガイドブックに掲載していない最新情報はコチラから。

Yahoo!ロコGYOZA BAR Comme a Paris
住所
渋谷区渋谷2-2-4 青山アルコープ 205

地図を見る

アクセス
表参道駅[B1]から徒歩約6分
渋谷駅[15]から徒歩約8分
渋谷駅[宮益坂口]から徒歩約10分
電話
03-6427-6116
営業時間
【月~土】17:00~23:45(23:30LO)
定休日
日曜
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

ことりっぷ

ことりっぷ

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジンです。「“いつか行きたい”を日々の暮らしから」をコンセプトにことりっぷ目線の旅情報をデイリーで発信しています。

ことりっぷ が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES