熊本でやりたい100のこと

タウン情報クマモト編集部が
熊本の魅力を100本の記事で紹介。

※月刊タウン情報クマモト6月号表紙写真を使用

熊本と大分を中心に発生した大地震から3カ月。復興に向けて熊本の人たちは動き出しています。今回、熊本を知り尽くしたタウン情報クマモト編集部とYahoo!ライフマガジンがコラボし、熊本の魅力を100本の記事で紹介していきます。

著名人からのメッセージ「私は熊本のここが好き」

  • 小山 薫堂

    小山 薫堂(放送作家・脚本家)

    こやまくんどう/1964年、熊本県天草市生まれ。大学在学中より放送作家として活動。「くまモン」の生みの親としても知られる。

    「僕の故郷である天草で夕日を見てほしいですね。天草市役所が運営している『天草ブルーガーデン』というカフェがあるんです。崖の上にありまして、最高の夕日が眺められる場所です。僕も地元に帰ったときはよくそこに立ち寄って、海に沈んでいく夕日を眺めています」

    天草ブルーガーデン

    天草市天草町下田北 2256-1

  • 高良 健吾

    高良 健吾(俳優)

    こうらけんご/1987年熊本県生まれ。映画やドラマを中心に活躍。熊本県で撮影された短編映画「うつくしいひと」にも出演。

    「熊本は知れば知るほど好きになっていただける県だと思っています。その中でも自分が好きなのは阿蘇です。大観峰から見る景色は格別です。大自然に包まれて、なにかつっかえているものを洗い流してくれるような、清々しい気持ちになれるところです」

    大観峰

    阿蘇市山田端辺

  • スザンヌ

    スザンヌ(タレント)

    すざんぬ/1986年熊本県生まれ。テレビや雑誌、ラジオなど幅広い分野で活躍。熊本県宣伝部長。

    「地震で傷ついてしまった熊本城だけど、それでも立派にしっかり威厳をもって、熊本のみんなを守るようにしてそこにあります。今だから見られる熊本城を是非みなさんに見ていただきたいです。そしてそのあとは熊本城から徒歩7分くらいのところにある、わたしの母が経営している角打ち『キャサリンズバー』で一杯ひっかけるのはいかがでしょうか? 今のこの時期、県外からのボランティアさんや、お仕事で熊本に来られている方もたくさんいらしていて、いろんな方のお話しが聞けて交流の場になっていて楽しい! わたしも早い時間に息子と行くときがありますが、知らない方とも不思議と仲良くおしゃべり出来る雰囲気がありますよ」

    キャサリンズバー

    熊本市中央区花畑町11-9 第二蘇州ビル 1F

タンクマ編集部が選んだ熊本名所