戦後の屋台から続く「富山県民の一杯」を味わってきた!/富山

特集

【第2回】全国のタウン誌が選ぶ“本当にうまいラーメン”100選

2018/02/11

戦後の屋台から続く「富山県民の一杯」を味わってきた!/富山

富山のラーメン文化と言えばB級グルメ「富山ブラック」が全国的に知られていますが、真逆のあっさり味で圧倒的な市民権を得る「富山限定」の老舗もオススメ! 県内に7店舗を構える屋台ラーメン発の「まるたかや」……その懐かしい味を3代目店主が仕切る富山駅前の最新店舗で味わってきました!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

訪ねたのは富山駅前・桜町の大通り角に構える「まるたかや」!

昭和20年代、富山駅前の夜には、屋台が軒を連ねるなじみの風景がありました。昭和27年に始まり、昭和40年から駅裏(牛島)エリアに店舗を構えた「まるたかや」は、3代にわたって屋台の味を継承する知名度抜群の老舗ラーメン店なのです。

\私が体験レポートします/

黒と赤を基調としたカジュアルな外観
ライター廣田
ライター廣田
「こんにちは! 『TJとやま』編集部の廣田佳菜です! 生まれも育ちも富山県ですが、ラーメンはあえて言うならあっさり派(※ブラックラーメンも好きですよ!)。そんな私が、子供のころから親しんできたのが、こちら「まるたかや」のラーメンです」
一番新しい店舗がここ富山駅前店!

今回訪れたのは、2016年にオープンしたばかりの最新店舗・富山駅前店。本店は駅の裏に当たる北側にあり、日々地元客で賑わっていますが、北陸新幹線開業以降は宿泊客の流れが駅前に集中しており、満を持しての出店となったのだとか。現在は県内に7店舗を構える「まるたかや」……昭和27年から受け継ぐその味について、3代目店主の嶋田秀之さんに詳しくお話を伺いました。

昭和63年に法人化。正式な肩書は代表取締役の嶋田さん
嶋田さん
嶋田さん
「もともと創業時……祖父の代は富山駅前の屋台でした。なのでこの駅前店は原点回帰ですね」
ライター廣田
ライター廣田
「カウンター周りはいかにもラーメン屋さんって雰囲気ですが、カジュアルなテイストがところどころにあってオシャレ! 大通りの交差点角にあって、しかもガラス張りだから女性でも気軽に入れますね!」
嶋田さん
嶋田さん
「窓側席には、壁一面に僕の似顔絵が描かれてるんですが、どちらかと言えばアメリカンテイストですよね(笑)」
イベント出店での大量オーダーもまかなう嶋田さんの手さばきは華麗

ノリがいい印象の嶋田さんですが、味に関しては実直そのもの。初代から受け継ぐ「屋台の味」を守りながら、「一人でも多くの人に食べてもらいたい」と作り方を改革。店舗ごとに味のバラつきが出ないよう、自家製素材はなるべく一貫生産する現代的手法を取り入れ、創業当時の一番いい味を提供しているのだそう。

嶋田さん
嶋田さん
「屋台時代はバラつきがありましたからね(笑)。まず、素材そのものが日替わりでしたから。今の時代だからこそできる手法なので、徹底的に最新のものは取り入れています」

オーダーは、一番人気の「味玉ラーメン」!

自家製チャーシューが3枚と味玉が入る「味玉ラーメン」(896円)
縮れ麺がしっかりとスープをすくい上げます
バランスを極めた醤油味。まさに黄金スープ
ライター廣田
ライター廣田
透明なスープがきれい! そして飲みやすい。麺も味わい深くて箸が止まりません! これって本当に豚骨ラーメンなんですか?」
嶋田さん
嶋田さん
「昔から王道の鶏ガラ中華そばと思われがちですが、『まるたかや』は豚骨一筋。質はもちろん、骨の砕き方にまで手間をかけ、煮込み過ぎないことで豚骨独特の白濁とこってり感を抑えています。時間の配分を熟知していることこそが、歴史を持つ僕らの強みです」
卓上の「油かす」
嶋田さん
嶋田さん
「スープそのものはあっさり仕立て。卓上の油かすでこってり感を足していくのが『まるたかや』流です。うどんなどの“天かす”と思われがちなのですが、これは豚背脂をミンチにして、大釜でじっくり火を入れて揚玉にしています。脂が溶け出して、しっかりラーメンになじみますよ!」
ライター廣田
ライター廣田
「こちらは無料で入れ放題なんですね」
嶋田さん
嶋田さん
「なんですが、こってり過ぎると……なので、スプーン一杯ぐらいがオススメですね。まあ、好みで適量を探してみてください(笑)」
カウンター席は角度によってはおでん屋さんのよう
おでんの具(86円〜)。「カニ面」などご当地ならではの季節メニューも
ライター廣田
ライター廣田
「創業時から……といえば、おでんも有名なんですよね」
嶋田さん
嶋田さん
「もともとはおでん屋ですから(笑)。こちらもラーメン同様、変わらない味を再現しています。中でも長時間煮込んだ肉厚の豚串(1本115円)は、不動のNo.1で、ラーメンとの相性もばっちりですよ! お試しください」

感想! 世代を超えた優しい味に大満足!

何杯でもイケるけど……我慢します(笑)

60年以上続く「まるたかや」の味は安心感そのものでした。その伝統を守るべく、さまざまな新しい取り組みで“安定感”を提供してくれる3代目の嶋田さん。これからもまだまだ私たち富山県民を楽しませてくれそうです。

▼ラーメンDATA▼

・麺の太さ:中太麺(縮れ)
・スープの種類:豚骨
・スープの味わい:あっさり★☆☆

Yahoo!ロコまるたかや 富山駅前店
住所
富山県富山市桜町2-4-2 MELビル1F

地図を見る

アクセス
新富町(富山県)駅[出口]から徒歩約2分
電鉄富山駅[出口]から徒歩約3分
電鉄富山駅・エスタ前駅[出口]から徒歩約4分
電話
076-471-8136
営業時間
11:30~25:00(金・土曜 11:30~27:00)
定休日
月曜(祝日の場合は営業)
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/言われないと豚骨だと分からないほどの澄んだスープは本当にあでやか。見た目もきれいなので逆に撮影に苦労しました(笑)。

取材・文・撮影=廣田佳菜 TJ編集部S.H

TJとやま(月刊タウン情報とやま)

TJとやま(月刊タウン情報とやま)

毎月25日発行、定価410円

創刊1980年。富山で一番売れている情報誌です。富山で暮らす人に向け、この街をどう楽しむかという視点で、グルメ、エンターテイメント、生活情報など、さまざまな情報を提案しています。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES