「富山ブラックラーメン」発祥の老舗でインパクト系初体験/富山

特集

【第8回】全国のタウン誌が選ぶ“本当にうまいラーメン”100選

2018/03/25

「富山ブラックラーメン」発祥の老舗でインパクト系初体験/富山

富山のラーメン文化を語る上で欠かせないのが全国区のB級グルメ「富山ブラックラーメン」。名の通り、むせ返るほどの醤油スープが特徴で、チャレンジメニュー的なインパクトが先行しますが、この規格外の濃さには別の理由があるのだそう。ということで、発祥の店を訪れ、ルーツごと体感してきました。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

訪ねたのは元祖・富山ブラックの老舗、「西町大喜」

濃厚な醤油スープと黒コショウの強烈なパンチで全国メディアにもたびたび取り上げられるインパクト系ご当地ラーメン「富山ブラックラーメン」! ……ですが、そのルーツは驚くほど人情味にあふれているんです。今回はリアル発祥店となる「西町大喜(たいき) 西町本店」より、その優しさごと(全力で)お伝えします。

\私が体験レポートします/

暖簾(のれん)を掛けたレトロなたたずまいに早くも緊張気味
ライター廣田
ライター廣田
「こんにちは!『TJとやま』編集部の廣田佳菜です! 生まれも育ちも富山ですが、『富山ブラックラーメン』は未体験の普通女子な私です(笑)。今回は、勇気を出して『富山ブラックラーメン』初体験……その舞台となるのは、昭和22年創業の発祥店『西町大喜』です!」
現在は県内に計5店舗。なんと、本店はほぼ創業時のまま!

中に入ると、いかにも昭和な雰囲気! 私が家族とよく出かけたファミリー向けのご当地ラーメン店とは真逆な印象です。寡黙な職人肌の店主の登場も覚悟しましたが、実際に応対してくれた「西町大喜」統括部長の谷川さんは本当に気さくな方で……いろいろお伺いしました!

少年時代に食べた「西町大喜」のインパクトが忘れられないという谷川さん
谷川さん
谷川さん
「実は2000年代に入ってから運営を創業者から(会社で)引き継いだんですよ。『富山ブラックラーメン』の名称は、ラーメン情報サイトを運営されている方が個人的に名付けたのが始まりとされていて、確かにそのあたりから常連以外が増え、やがていろいろなメディアが食いついて……気がつけば『富山ブラックラーメン発祥の店』と呼ばれていました(笑)」
ライター廣田
ライター廣田
「SNSのない時代に……相当なインパクトだったんですね!」
谷川さん
谷川さん
「なので、元々のメニュー名は『中華そば』。味は創業時から同じですよ!」
厨房の手狭さも当時のまま

富山大空襲で焼け野原となった市街地で唯一(辛うじて)形状を残した旧デパート周辺に、終戦直後に集まった数店舗のうちの一軒が「西町大喜」。仕入れの関係で材料の見直しは行ってきたものの、戦後間もない昭和22年の創業当時の味わいを守っています。さっそく、70年以上続く伝説の味をいただきます!

オーダーは不動の定番「ラーメン並(小)」!

チャーシューたっぷり!「ラーメン並(小)」(750円)
麺にもしっかりと醤油味が絡んでいます
ライター廣田
ライター廣田
「本当に真っ黒なスープ(汗)。素朴な質問なのですが、なんでこんなに黒いんですか?」
谷川さん
谷川さん
「昭和22年はまだまだ復興段階。街は土木作業に勤しむ男たちであふれていました。『どか飯』や『おにぎり』は持ち歩くものの、力仕事に汗を流す労働者に塩分補給を…ということで、ひたすら濃~いラーメンを(創業者が)提供したんです」
ライター廣田
ライター廣田
「ご飯だけでは補えない塩分を……つまり、ご飯ありきのラーメンだったんですね!」
タレだけでこの量は驚き
はじめてのブラックに驚き
ライター廣田
ライター廣田
「すみません! ひと口目のインパクトが強くて笑ってしまいました(笑)」
谷川さん
谷川さん
「単品では濃いでしょうね(笑)。なので、つい最近まで“ご飯(ライス)の持ち込みOK”にしてましたが、一見さん向け対策として、2年前にメニューに入れました」
ライター廣田
ライター廣田
「ライスも頼めてよかったです(笑)」
特大サイズはラーメン2玉で、チャーシューも倍の200グラム搭載

創業時からメニューはシンプルで、オプションの「ライス」が加わった程度だそう。

ひとつ、大人になれた気がします
ライター廣田
ライター廣田
「あ! 慣れてくると、しっかりと風味が! チャーシューもたっぷりでボリュームも満点! むしろ他のラーメンが物足りなくなりそう(笑)」
谷川さん
谷川さん
「僕が言うのもなんですけど、毎日食べるラーメンではないです(笑)。僕は立場的に毎日食べるので、健康には人一倍気を使ってます」

「この味ひと筋で残れていることが何よりの凄さ」と、創業の味に敬意を示す谷川さん。世代またぎの常連客も、(なんだかんだで)適度なインターバルを置いて通う引き継がれる一杯……食後も心に残る、深すぎる(濃い)味です。ぜひ、雰囲気ごとヤミツキになってください! 念のためおさらいしますが……本当においしいラーメンですよ!」

▼ラーメンDATA▼

・麺の太さ:中太麺
・スープの種類:鶏ガラ

Yahoo!ロコ西町大喜 西町本店
住所
富山県富山市太田口通り1-1-7

地図を見る

アクセス
グランドプラザ前駅[出口]から徒歩約2分
西町駅[出口]から徒歩約2分
中町駅[出口]から徒歩約3分
電話
076-423-3001
営業時間
11:00~20:00
定休日
水曜日(祝日の場合は翌日)
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/同行した編集の私(アラフォー)も20年ぶりにいただきましたが、強烈なインパクトの後にじんわりと訪れる深い味わいはそのまま! この味が毎日食べたくなるほど、毎日たくさんの汗水を流して働かないとな~……と猛省しました。

取材・文・撮影=廣田佳菜、TJ編集部S.H

TJとやま(月刊タウン情報とやま)

TJとやま(月刊タウン情報とやま)

毎月25日発行、定価410円

「TJとやま」は、富山で暮らす人に向け、この街をどう楽しむかという視点で、グルメ、エンターテイメント、生活情報など、さまざまな情報を発信するタウン情報誌です。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES