豚骨魚介と鶏白湯、昼と夜で違うラーメン店!/山梨

特集

【第3回】全国のタウン誌が選ぶ“本当にうまいラーメン”100選

2018/02/18

豚骨魚介と鶏白湯、昼と夜で違うラーメン店!/山梨

富士山の麓、富士吉田市のソウルフードといえば「吉田のうどん」。そんなうどん文化が根強く残る地で、地元民の舌をうならせるラーメン店「麺喰処 じゃジャ旨」の人気の秘密に迫りたいと思います!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

2つの時代と味が交差する「麺喰処 じゃジャ旨」

富士吉田駅から徒歩で約15分の場所に「麺喰処 じゃジャ旨」はあります。昼は濃厚豚骨魚介専門店、夜は濃厚鶏白湯専門店として営業しています。一見「このお店やっているの?」と戸惑うかもしれませんが、暖簾(のれん)はひとつ。勇気を出してくぐってみてください。

\私が体験レポートします/

分かりにくい入り口が魅力的
ライター堀内
ライター堀内
「ライターの堀内です。ラーメン専門誌の編集に携わったことをきっかけに、あらゆるラーメンを食べてきました。しかしながら、ラーメン好きには致命的な胃弱が悩みの私。自分の胃と相談しながら、ラーメンを楽しむ日々を送っています」

昭和30年代にタイムスリップ、ノスタルジックな世界

昭和の街並みを再現した店内

昭和30年代の日本の街並みを再現したという店内は、いわゆるフォトジェニックな空間。懐かしくもあり、新しくも感じるこの空間で、昼と夜それぞれのおすすめの一杯をいただきます。

全48席それぞれ個性的です

女性店主が生み出す、大胆かつ繊細な濃厚豚骨魚介ラーメン

「麺喰処 じゃジャ旨」の昼は、濃厚豚骨魚介専門店。10時間以上かけて煮込んだ濃厚な豚骨と魚介のスープを使い、つけ麺やラーメンを提供しています。イチオシは、「よくばり海老旨辛つけ麺」。

麺は太麺

全粒粉の入った特注太麺を使用。風味豊かで、コシがありながらもっちりしているのが特徴です。

濃厚な豚骨と魚介のダブルスープ
エビ油

スープは、甘エビをじっくり火にかけ、うまみを移したエビの油とベースの濃厚豚骨魚介スープを合わせた特製です。

「よくばり海老旨辛つけ麺」(1100円)

バラと肩ロース、2種の自家製チャーシュー半熟味玉、磯海苔などがトッピングされた欲張りな一杯です。朝鮮唐辛子や干しエビ、中国山椒などで作る自家製エビ辛味で辛さを調整しながら楽しみます。

自家製チャーシュー
山梨名産の桃のオリジナル「桃酢」も人気
ライター堀内
ライター堀内
「エビのうまみに辛味と甘みと酸味のバランスがちょうど良く、柚子一味も最高の名脇役に徹しています」
昼の店主 岩佐さん
昼の店主 岩佐さん
「こだわりは手間を惜しまないことですかね。やっぱり、おいしかった! と言われることはうれしいです。新しい味にもチャレンジしていきたいですね。もちろん遊び心というスパイスも加えながら」
昼の店主・岩佐洋子さん

若きエースが考案した話題の「青春のトマトラーメン」

続いては、夜のおすすめをいただきます。宮崎県産の鶏ガラをメインに約8時間煮込んだ濃厚な鶏スープと生帆立からとったスープを合わせた鶏白湯スープのラーメンを提供する夜の部。おすすめの「青春のトマトラーメン」(単品830円)は、塩ダレや鶏油、鶏白湯、トマトソースなどを合わせたコクのあるスープに細麺を絡ませて、トッピングのベーコンとフライドオニオン、ホウレンソウ、フレッシュトマトと合わせていただく斬新な一杯です。

夜の店主・武井秀樹さん
特製トマトソース
材料を見るともはやイタリアン!
「青春のトマトラーメン リゾットセット」(980円)
トマトの良い香り
ライター堀内
ライター堀内
「運ばれて来た瞬間、トマトとチーズの良い香りが。細麺にスープがよく絡んで箸が進みます。リゾットセットでスープを最後まで楽しめるのも魅力ですね」
夜の店主・武井さん
夜の店主・武井さん
「新しいことにどんどんチャレンジして、この街にラーメンをもっと定着させたいんです。野望は大きく、県外でも認められるラーメン店です!」
昼の岩佐さん(右)と夜の武井さん(左)

濃厚でありながら飽きのこないラーメンって、実は難しいですよね。手間を惜しまない2人、作り手を知ればラーメンがよりおいしくなる……そう確信した「麺喰処 じゃジャ旨」からの帰り道。2つのラーメン店、昭和と平成の2つの時代が交差するなんとも不思議で夢のような時間でした。

▼ラーメンDATA▼
「よくばり海老旨辛つけ麺」

・麺の太さ:太麺
・スープの種類:豚骨・魚介など
・スープの味わい:こってり★★★

▼ラーメンDATA▼
「青春のトマトラーメン」

・麺の太さ:細麺
・スープの種類:鶏ガラ・貝類など
・スープの味わい:こってり★★★

Yahoo!ロコ麺喰処 じゃジャ旨
住所
山梨県富士吉田市上吉田900-6

地図を見る

アクセス
富士山駅[出口]から徒歩約15分
月江寺駅[出口]から徒歩約30分
富士急ハイランド駅[出口]から徒歩約30分
電話
0555-22-3344
営業時間
11:00〜14:30(LO) / 17:00〜22:00(LO)
定休日
月曜夜、他不定休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/2017年7月に、姉妹店「明山MEIZAN」が、隣町富士河口湖町にオープン。ここでもまた、全く違うラーメンを味わうことができるようになりました。今後も「麺喰処 じゃジャ旨」から目が離せません!

取材・文=堀内麻実 撮影=加藤広仁

フリーマガジン チュスマ

フリーマガジン チュスマ

奇数月第2木曜発行、無料

「仕事に、趣味に、恋に楽しい毎日を送りたい!」と願う、山梨の女性たちを応援するフリーマガジンです。グルメ、ショッピング、ビューティ、お出かけ、ブライダルなど、最新の地域情報をお届けしています。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES