濃厚スープ×モチモチ中太麺のこくまろ塩とんこつらー麺/滋賀

特集

【第8回】全国のタウン誌が選ぶ“本当にうまいラーメン”100選

2018/03/25

濃厚スープ×モチモチ中太麺のこくまろ塩とんこつらー麺/滋賀

滋賀県のグルメ激戦区・大津市は、ラーメン界においても県内外で知られる店が集まるエリア。今回は近江大橋の近くにある「らー麺 鉄山靠(てつざんこう)」をご紹介します。看板メニューは、豚骨スープをベースにしたコク深い味わいが評判の“こくまろ”ラーメン。改良を重ねた自家製麺にも注目です。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

とろり濃厚な豚骨スープから滋味深いシジミスープまで!

今回は、京都・滋賀の月刊誌『Leaf』編集部おすすめのお店を訪ねるべく滋賀県大津市へ。しっかりとおなかを空かせて、瀬田の「らー麺 鉄山靠」にやってきました。
こちらのメニューには、濃厚な豚骨、あっさりとした鶏ガラ×魚介に、なんと地元の特産品・瀬田シジミのラーメンまであるそう。気になるメニューばかりで期待が膨らみます!

\私が体験レポートします/

和食店のようなお店の前で、琵琶湖からの風を受けつつパシャリ
ライター岩永
ライター岩永
「こんにちは! 京都市在住のライター岩永です。九州出身の豚骨ラーメン育ち、京都市左京区に住んでいた学生時代はラーメン欲を満たしに一乗寺へ足繁く通い、仕事やプライベートでも関西のいろいろなお店へ行っています。セットのご飯ものは欠かせない派です!」

しっとり落ち着いた雰囲気もすてき

「らー麺 鉄山靠」は、近江大橋の東詰から南へ向かう湖岸道路沿いにあります。一見ラーメン店とは思えない落ち着いた佇(たたず)まいなので、見落とさないように注意。通りに出ている看板と店名の入った自動販売機が目印ですよ!

お店があるのは琵琶湖と瀬田川の境界あたり。道路の向こうには穏やかな水面が広がります
店内も落ち着いた雰囲気

それではお店の中へ入ります。厨房の前にカウンター席、奥にはテーブル席があり、入口からすぐのところには「小さいお子様連れの方を優先させていただきます」と書かれた小上がりの座敷席も。小さい子ども用のイスや食器もばっちり完備されています。

小さな子ども連れのファミリーも安心

2010年にオープンした「らー麺 鉄山靠」。店名の由来は中国の拳法「八極拳」にある、相手に体当たりで立ち向かう技の名前から。そんな気持ちでラーメン作りに取り組みたいと名付けたそうです。オープン以来、より良いものをと追求し、進化してきたラーメンが注目されています。

さっそくラーメンを用意してくれる店長の西川さん

メニューは、こくまろ(=豚骨)スープに醤油タレを加えた「こくまろ醤油とんこつらー麺」と塩ダレを加えた「こくまろ塩とんこつらー麺」。あっさり(=鶏ガラ・魚介)スープに醤油タレを加えた「あっさり醤油らー麺」と塩ダレを加えた「あっさり塩らー麺」。そして、瀬田シジミの出汁を使う「瀬田しじみらー麺」、豚骨と魚介の濃厚なタレで味わう「つけ麺」というラインナップ。
今回は「こくまろ塩とんこつらー麺」(750円)をいただきました。

美味しそうな一杯を前に思わず笑みがこぼれます
店長 西川さん
店長 西川さん
「“こくまろ”は、圧力寸胴鍋を使って豚の背ガラや背脂、豚足のうまみを抽出した豚骨スープがベースです。『こくまろ塩とんこつらー麺』には、沖縄の塩に数種の魚介をブレンドしたタレを加えています」
はやる気持ちを抑えて……まずはスープをひと口

白濁スープをすすれば、豚のうまみとそれを引き締めるような塩気、魚介の風味が口の中に広がります
麺は中太のちぢれ麺。食べる前は「豚骨に太麺……?」という気持ちが、実は少しあったんです。でもいざ食べ始めると、モチモチと弾力のある食感と食べ応えあるボリューム、スープとの絡み具合もほど良くて、せっせと箸を動かして頬張ってしまいました。

カメラを無視して黙々と実食
ライター岩永
ライター岩永
「お、美味しい……! トッピングの玉ねぎも食感と風味のアクセントになっていて、飽きることなく食べられます」
店長 西川さん
店長 西川さん
「麺は基本、おすすめの中太ちぢれ麺でお出ししていますが、細麺が好きな方も多いので変更できるようにしています」
ライター岩永
ライター岩永
「いつもなら私も細麺に変更していたかもしれませんが……。まずはぜひ中太ちぢれ麺を味わってほしい!

麺は全て自家製。歯切れ良く仕上げているという細麺もやっぱり気になりますし、極太麺のつけ麺もとっても人気なのだとか。「次回は細麺に変更してもらおうか、いやいやつけ麺も食べてみたい……」なんて考えながら、お店を後にしたのでした。

▼ラーメンDATA▼

・麺の太さ:中太麺
・スープの種類:豚骨・塩
・スープの味わい:こってり★★☆

取材メモ/瀬田川で獲られる滋賀の特産品・瀬田シジミの出汁を使う「瀬田しじみらー麺」(850円)や「あっさり醤油らー麺」、「あっさり塩らー麺」(各750円)も、“こくまろ”に引けを取らない人気。滋賀の守山と山口県にも系列店があり、間もなく県内にもう1店舗オープン予定とのことなので、ぜひお近くの店舗に足を運んでみてください!

取材・文=岩永 茜 撮影=岡崎 なつみ

※掲載の内容は2018年3月時点の情報に基づきます。
※2019年6月に店舗(住所、電話番号、営業時間など)、メニュー、料金などの一部情報を更新しました。

月刊誌Leaf

月刊誌Leaf

毎月25日発売、500円

京都・滋賀の旬な情報をお届けする情報誌。販売エリア:京都市内、京都府下、滋賀県、大阪府下、全国主要都市(東京、大阪、名古屋など)、発行部数80000部。

\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES