今増えているあっさり系の中でも清湯スープのレベルは屈指/熊本

特集

【第1回】全国のタウン誌が選ぶ“本当にうまいラーメン”100選

2018/02/04

今増えているあっさり系の中でも清湯スープのレベルは屈指/熊本

熊本といえば、とんこつをイメージする方も多いはず。だけど、最近熊本では醤油や塩といった、あっさり系のラーメン店が増えている。特にここ「ラーメン樹」は、2015年のオープン以降、街中から少し離れた郊外にもかかわらず清湯(チンタン)スープの確かな味でじわじわと人気を集めているのだ。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

ラーメンによって清湯と白湯を使い分ける「二刀流」

国道から脇に入った路地にある『ラーメン樹』。オープン当初から、ラーメンブロガーから「おいしいから食べた方がいい」という話は聞いていたが、なかなか行けずにいた。オープンから1年、ようやく食べることができたとき、その噂が決して大げさではないと実感。この感動を一人でも多くの方に伝えたい!

\私が体験レポートします/

シンプルかつわかりやすい外観
ライター羽田野
ライター羽田野
「大分県出身ながら、熊本ラーメンの魅力にとりつかれた32歳。誌面でもラーメンを担当し、現在8年目。王道の熊本とんこつはもちろん、醤油、塩、味噌、魚介とストライクゾーンは広い。『メンマがおいしいラーメン屋はウマい』『中太麺は細麺のようなバリカタは合わない。普通かヤワに限る』『ご飯は最後に食べる』など、はたから見ると若干面倒くさい(!?)こだわりも。ラーメンそのものはもちろん、店主が丼に込めた想いも取材していて楽しいと感じている」

オーナーは脱サラしてラーメン店を開業

ここのメニュー構成は大きく分けて2つ。清湯スープの“中華そば”と白湯(パイタン)スープの“鶏豚骨”だ。もちろん好みによって好きな方をオーダーすれば良いが、おすすめはお店の基本メニューである“中華そば”。スープの味わいをじっくり楽しめるはずだ。

カウンターのみの店内。厨房では岡田オーナーが腕を振るう
ライター羽田野
ライター羽田野
「そもそも、前職を辞めてラーメン屋さんをやろうと思った理由は?」
岡田オーナー
岡田オーナー
「もともとラーメンが好きだったんですよ。何のラーメンにしようか考えたんですが、私自身も好きな鶏ガラのラーメンにしようと」
石神秀幸氏が塾長を務める「食の道場」でラーメン作りを学んだという岡田オーナー。作るラーメンの味は確か。作っているときは真剣、仕事を離れると優しい笑顔が印象的だ

物足りなさを感じさせないスープ。中太麺との絡みも抜群

「中華そば(醤油)」680円。「中華そば(塩)」も同じ価格

このラーメンを求めて、周辺住民はもちろん、ラーメンファンも足を運ぶ。お昼時や夜のピークタイムは混雑することもしばしばだ。

メンマやチャーシューといったトッピングもきれいに盛り付けられている
「では、いただきます!」

うん、やっぱり安定のおいしさ! スープは奥深さがありながらスッキリとした後味。麺は適度な歯ごたえ!

「こりゃウマい」箸が止まらず、一気に完食

スープまで一気に飲み干してしまうスッキリ味。なのにしっかりコクがある。この絶妙のバランスは見事!

こだわりたっぷりの清湯スープが自慢

ライター羽田野
ライター羽田野
「スープはどのように作っていらっしゃるのでしょうか?」
岡田オーナー
岡田オーナー
国産丸鶏や鶏ガラ、もみじ、背ガラなどを使って4~5時間かけてゆっくり炊き上げます」
ライター羽田野
ライター羽田野
「最初はまろやかな甘み、そして後からほんのり苦味を感じるのですが、これは?」
岡田オーナー
岡田オーナー
煮干しや魚醤も入っているので、おそらくそれだと思います」
ライター羽田野
ライター羽田野
「なるほど! さまざまな食材の味が見事に融合していて、また食べたくなる味ですね」
清湯スープの名の通り、澄んだ琥珀色が印象的
飽きがこないようにと、月替わりのラーメンも提供している
ライター羽田野
ライター羽田野
「今や、『熊本=とんこつラーメン』だけではない。ラーメン文化が根付く熊本は今多様化していて、さまざまな種類のラーメンが味わえる。そんな中でもこのお店が今注目されているのはその丁寧な仕事と味わいのバランスが見事だからに他ならない」

▼ラーメンDATA▼

・麺の太さ:中太麺
・スープの種類:清湯
・スープの味わい:あっさり★☆☆

取材メモ/カウンターのみの店内だが、狭さはあまり感じない。お客さんの年齢層も幅広く、部活帰りの学生やサラリーマン、子ども連れ、おじいちゃんおばあちゃんもやってくる。それは優しい味わいの“清湯”、パンチの効いた“白湯”の2種類のスープを用意しているからだろう。月替わりのラーメンもあるから、通うのが楽しくなる一軒だ。

取材・文・撮影=羽田野宗朗

※掲載の内容は2018年2月時点の情報に基づきます。
※2019年6月に店舗(住所、電話番号、営業時間など)、メニュー、料金などの一部情報を更新しました。

月刊タウン情報クマモト

月刊タウン情報クマモト

毎月27日発売、360円

1979年創刊のタウン誌。熊本県民のみなさんに“タンクマ”の愛称で親しまれ続けている『タウン情報クマモト』。グルメ、温泉、観光、人、音楽、ファッション、アートなど、熊本の“旬”が満載です。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES