津軽が誇るご当地の味! とにかくうまい煮干しラーメン/青森

特集

先週の人気記事 TOP10 (2/12~2/18)

2018/02/18

津軽が誇るご当地の味! とにかくうまい煮干しラーメン/青森

煮干しラーメンの本場青森で、圧倒的な人気を誇るラーメン店がある。青森市中心地から車で20分ほどの場所にある「ひらこ屋」だ。この店で食べられるのは、厳選した素材を活かして独自の味を追求した究極の煮干しラーメン。その魅力を取材した。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

濃厚でまろやか。一度は食べたい行列の味!

津軽ご当地の味といえば、煮干しラーメンが有名だ。その看板を掲げたラーメン店は、青森市や弘前市などの津軽地方で特に目立つが、2005年にオープンした「ひらこ屋」は群を抜いた存在感で、いつも行列が絶えない。そんな人気店の絶品ラーメンを食べてきた。

\私が体験レポートします/

煮干しラーメンで有名な「ひらこ屋」です
ライター中野
ライター中野
「こんにちは。青森市在住の通訳案内士兼ライターの中野宏美と申します。普段は外国人観光客に青森の魅力を伝える活動をしたり、地元タウン誌の取材のお手伝いをしたりしています。いつも県内の話題にアンテナを張っているので、美味しいラーメンにも詳しいんですよ。これから紹介するのは、平日でも行列ができる店の大人気煮干しラーメン。こだわりの味をリポートします!」

奥深い煮干しの世界。厳選素材で作り上げた至福の一杯

取材したのは平日の午後3時過ぎ。にもかかわらず、店内は満席状態でした。ピークが落ち着くのを待っていると、気になる貼り紙を発見。

同じ平子煮干しでも境港産と長崎産があるようだ
ライター中野
ライター中野
「よろしくお願いします。張り紙にある『今回の煮干し』ってどういう意味ですか?」
大将 三上さん
大将 三上さん
「煮干しの味は時期によって違うので、その時々でベストの味になるように煮干しの産地や配合の割合を変えているんですよ」
大将の三上さん

気さくに取材に応じてくれたのは、大将の三上 玲(みかみ れい)さん。シーズンごとに全国各地の煮干しを集めて厳選し、味を調整しているそうです。

境港産の煮干しは加工技術が高く、特に美味しいんだそう

ラーメンは4種類から選べます。どれも気になりますが、今回は特に人気があるというこいくちを注文。

中サイズは麺200g、大サイズは麺300gです
ひっきりなしに注文が入り、厨房は忙しそうだ
こいくち(とんこつ煮干しそば)中サイズ(700円)
ライター中野
ライター中野
「見た目はガッツリこってり系。美味しそう~!」
煮干しの香りが食欲をそそります
大将 三上さん
大将 三上さん
「うちの麺は、つなぎに山芋を使っているのが特徴。モチッとするだけじゃなく、フワッとした食感も楽しめるはずです」
中太の麺にスープがよく絡む
ライター中野
ライター中野
「濃厚なのに、煮干し独特の風味が強いわけでもなく、すごく食べやすい!」
箸がどんどん進みます。煮干しの味が苦手な人でも食べやすいかも

優しい口当たりの秘密は、絶妙に配合されたスープにありました。

大将 三上さん
大将 三上さん
「煮干しだけど、ベースに豚骨鶏ガラを使っています。まず2日間かけて豚骨と鶏ガラのスープを作り、そのあと3日間かけて煮干しを加えながら味を調えているんですよ」

煮干しだけではなく、さまざまな素材の味を組み合わせることで、全体的にしつこさを感じない味わいになっているようです。
そしてチャーシューは、厚切りと薄切りの2種類が入っています。
切り方が違うだけでなく、厚さによって味付けの方法も変えているそうですが、どちらも味は控えめ。それには理由がありました。

豚モモの中でも美味しい部分を厳選しているそうだ
大将 三上さん
大将 三上さん
「青森県産のガーリックポーク(県産ニンニクを飼料に使った銘柄豚)を使っていて、素材の脂気と塩気を活かした味付けにしています。それに、チャーシューに味を付けすぎると味が染み出してスープの味を邪魔するから、味付けはあまりしないんですよ」
ライター中野
ライター中野
「厚切りと薄切りで味が違っていますが、どちらも柔らかい。このチャーシュー大好きです!」
店内。座敷席が3組分(4〜6人用)とカウンターが8席
ライター中野
ライター中野
「スープも麺もトッピングも、素材の一つひとつに『ベストな味を』という店主のこだわりが詰まっていて、この店のファンの多さにも納得しました。今回注文した『こいくち』以外にも、豚バラのチャーシューがバラの花のようにトッピングされた『バラそば(中サイズ800円)』など他のメニューも気になります。行列は覚悟しないといけませんが(笑)、それでも通いたくなるラーメン店でした」

▼ラーメンDATA▼

・麺の太さ:中太麺
・スープの種類:豚骨・鶏ガラ・魚介(煮干し)・昆布など
・スープの味わい:こってり★★☆

Yahoo!ロコ自家製麺 中華そば ひらこ屋
住所
青森県青森市新城字山田588-16

地図を見る

アクセス
津軽新城駅[出口]から徒歩約8分
新青森駅[西口]から徒歩約31分
油川駅[出口]から徒歩約51分
電話
017-787-0057
営業時間
10:30-21:00※スープがなくなり次第終了
定休日
火曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/大将の三上さん、意外にも昔はラーメン嫌いだったとか。「自分が食べやすいラーメン」を追求したことが、今の味につながっているようです。取材中はずっと客足が途切れず、お客さんたちがうれしそうにお店に入ってくる様子が印象的でした。私も家族や友人を連れて、また食べに来たいです!

取材・文=中野 宏美  撮影=ごのた

ふい~らあ倶楽部

ふい~らあ倶楽部

隔月25日(奇数月発行)、380円

【3世代しあわせ家族】をモットーに「おトクすぎる! 楽しすぎる! 使える地元マガジン」として、毎号JIMOTOの愛され情報にトコトン密着!! 発行エリア:青森県全域、秋田県北 発行部数:35000部。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES