徳島ラーメンの名を全国に広めた老舗の一杯/徳島

特集

【第5回】全国のタウン誌が選ぶ“本当にうまいラーメン”100選

2018/03/04

徳島ラーメンの名を全国に広めた老舗の一杯/徳島

「新横浜ラーメン博物館」が、“20世紀最後のご当地ラーメン”として全国に情報発信したことでブレークし、旅行する人のひとつの目的になるまでに定着した徳島ラーメン。その名を全国区にした有名老舗ラーメン店の味をお伝えします。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

県外にもその名が知られる、王道の徳島ラーメン

全国各地のご当地ラーメンの中でも、独特の個性を発している徳島ラーメン。そのインパクトのあるビジュアルと味を全国に知らしめたのが、1999年9月から翌年5月まで「新横浜ラーメン博物館」側からの要請によって出店していた老舗店「いのたに」。今では全国からファンが押し寄せる一杯の美味しさに迫ります。

\私が体験レポートします/

県内で知らない人はいないほどの超有名店に取材します!
ライター榎本
ライター榎本
「徳島県内の情報を発信するタウン誌『あわわfree』『Geen(ジーン)』スタッフ・榎本はるかです。食べることが大好きで、話題のグルメ店があればすぐに足を運ぶほどのフットワークの軽さ。大好物はもちろん、『徳島ラーメン!』」

茶系スープに豚バラ肉、生玉子。これぞ徳島ラーメン!

中華そば肉入大盛玉子入(750円)

昭和41年創業、徳島駅から徒歩15分ほどにある「いのたに」。壁にはこれまで来店した有名人(タレントや俳優、アスリートや政治家まで!)の色紙がズラリと並び、その人気ぶりを物語る。

テレビ取材はもちろん、プライベートで訪れた有名人も

徳島ラーメンは大別すると「茶系」「黄系」「白系」の3系統のスープがあるが、徳島ラーメンというと茶系をイメージする人が多いのは、「新横浜ラーメン博物館」に当時出店した「いのたに」のラーメンの印象が強かったからだろう。
そんな「いのたに」のラーメンは、豚骨醤油の茶色いスープにチャーシューではなく濃厚なタレで煮込んだ豚バラ肉、そして生玉子を落とし入れるのが特徴。

すき焼き風とも言われる、甘辛い豚バラ肉に生玉子のトッピング
ライター榎本
ライター榎本
「うーん、やっぱりこれこれ。これが徳島ラーメンですね! 見た目は濃そうに見えますが、意外とあっさりしていますね。醤油のカドも立たず、塩分も油分も控えめでなのでぐいぐい飲めちゃいます」
店主・猪谷さん
店主・猪谷さん
「ベースは豚骨なんですが、海産物や野菜も入っているんです。だから、うまみはしっかり感じるけれどマイルドで、お子さんでも年配の方でも最後まで食べられる方が多いですね」
お店は増築などで変化したものの、創業当時のままの味を提供している

初代が苦労の末に作り上げた「いのたに」の味。それをお客さんにずっと提供できるようにと仕込みや味の確認は家族で行っていて、有名店となった今でも先代はじめ全員のGOサインが出てから暖簾(のれん)をあげている。

創業者である祖父から受け継いだ味を守っている三代目・猪谷さん
ライター榎本
ライター榎本
「少し柔らかめで喉越しもいい麺がスープによく合いますね!」
店主・猪谷さん
店主・猪谷さん
「これは自家製麺なんです。麺は季節によって太さを微妙に変えているんですよ」
スープに一番マッチする麺を模索した末に、自分たちで太さと長さが思い通りに調整できる自家製麺を取り入れることに

ズズッと一気にすすれるように、また丼に盛ったときに美味しく見せるような長さにしているのもこだわりなんだそう。

スープ、麺はもちろん、トッピングにもご注目を。豚バラ肉は甘辛くしっかりした味で、白ご飯が欲しくなる。そして生玉子。麺や豚バラ肉に絡めるとマイルドでより食べやすくなり、徳島ラーメンにはマストなトッピングだと感じるはず。

ライター榎本
ライター榎本
「徳島県民はもちろん、県外のラーメンファンにもおなじみになった『いのたに』のラーメン。これほどまでに多くの人に愛されるようになったのは、初代から受け継いだ味は守りつつも、より美味しく食べやすい一杯を目指して進化し続けているから。今日も愛情を注ぎ、手間隙を惜しまず、真面目にラーメン作りに向き合っている」

▼ラーメンDATA▼

・麺の太さ:極細麺
・スープの種類:豚骨
・スープの味わい:こってり★☆☆

取材メモ/阿波おどり期間中やゴールデンウィークなどになると店前にできる行列は、もはや風物詩。自宅でお店の味を手軽に楽しめるようにと、持ち帰りラーメンを発売中。年末には年越しラーメンとして買って帰る人も多いんだそう。

取材・文・撮影=野々村まり モデル=榎本はるか

※掲載の内容は2018年3月時点の情報に基づきます。
※2019年6月に店舗(住所、電話番号、営業時間など)、メニュー、料金などの一部情報を更新しました。

フリーマガジン『あわわfree』

フリーマガジン『あわわfree』

毎月25日発行、無料

「あわわfree」は、徳島のあらゆる情報を詰め込んだ、無料配布のタウン情報誌。発行部数は6万部。

\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES