頑固職人が作る魂の一杯! 絶品の「塩チャーシューメン」/千葉

特集

【第2回】全国のタウン誌が選ぶ“本当にうまいラーメン”100選

2018/02/11

頑固職人が作る魂の一杯! 絶品の「塩チャーシューメン」/千葉

雄大に広がる青い海、一年を通して温暖な気候で、早春から色とりどりの花が楽しめる南房総千倉。そこで、職人気質の店主が作ったラーメンを食べてきました!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

潮風が感じられる瀬戸浜海岸通りに立つ、麺・餃子・飯の専門店

「房州麺処 麺屋ちゃいなはうす」は、国道410号線沿いに立っており、瀬戸浜海岸がすぐそば。JR内房線の千倉駅からは、歩いて15分程のところにあります。

\私が体験レポートします/

「麺屋ちゃいなはうす」に到着!
ライター風心風
ライター風心風
「風と自由を愛する、鴨川に恋する気まぐれアドベンチャラー風心風(みかぜ)です。鴨川でいっちばん大好きな場所は魚見塚展望台。そこで感じる風が一番好き。ちばマガジンの社員として読者の皆さまに房総・千葉を見て・歩き・楽しんでいただける記事を自身も楽しみながら作っています!」
インパクトのあるニッコニコの布袋様がお出迎え!
全45席と、広々とした店内。この他に個室もあります
店主の山口征宏さん。趣味は筋トレ! ラーメン作りには欠かせない肉体を、館山のジムに通って日々鍛えているそうです

赤坂プリンスホテル出身の店主が作る、こだわりあふれるラーメンの数々

ライター風心風
ライター風心風
「さっそくですが、山口さんがここでラーメン屋をはじめたきっかけと経歴を教えてください」
店主 山口さん
店主 山口さん
「地元で商売しようと思いまして。和食とか海の物とかは千倉では面白くないから中華をやろうと、赤坂プリンスホテルの中国料理店・李芳(りほう)などで修業しました。26歳で千倉に戻ってきて、1992(平成4)年に『中国料理ちゃいなはうす』を開店。あまりにもラーメンの人気が出過ぎたので、2002(平成14)年に『麺屋ちゃいなはうす』としてリニューアルし、今に至ります」
ライター風心風
ライター風心風
「特に人気のラーメンは何ですか?」
店主 山口さん
店主 山口さん
「創業からメニューにある、豚骨醤油味の『ちゃいなラーメン』はもちろんですが、地元の人の注文はダントツで『房州中華そば 極(きわみ)』。富津の宮醤油店の醤油をベースに、たまり醤油や煮干を際立たせた、ご飯にもよく合うラーメンです」
ライター風心風
ライター風心風
「房州人は、みんな醤油ラーメンが好きですもんね」
メニュー表には美味しそうなラーメンがズラリ!

ダントツのリピート率を誇る、ヤミツキの塩ラーメン

醤油・豚骨醤油・塩・味噌と、数あるメニューから今回ご紹介いただくのは、黄金色の塩ダレと透き通ったスープに職人のこだわりが光る「塩チャーシューメン」972円。一度、塩を食べたお客さんはずっと塩を注文し続けるそうで、リピート率は驚きの95%という人気メニューです。

ライター風心風
ライター風心風
「塩ラーメンについていろいろと教えてください」
店主 山口さん
店主 山口さん
「塩ダレは最高級昆布本マグロ節瀬戸内海産の天然塩。スープは厳選した鶏ガラや煮干、昆布などでダシをとり、95〜100度の間をキープしています。沸くとスープが濁ってしまうんです」
ライター風心風
ライター風心風
「繊細な仕事なんですね」
黄金色に輝く、秘伝の塩ダレ
スープは鶏ガラベース。豚を使うと濁るので、一切使わないとのこと
これを目当てに同店を訪れる人も多いというチャーシュー

チャーシューはデンマーク産の豚バラを3時間ボイルした後に、創業からずっと継ぎ足ししている特製醤油ダレに3時間漬け込み、一晩冷蔵庫で寝かせているそうです。

繊細なスープとも相性ぴったりの極細ちぢれ麺

麺は木更津の「文明軒」に特注している、極細のちぢれ麺を使用。味噌味のラーメンだけは、北海道の「西山製麺」の麺を使用しています。

ライター風心風
ライター風心風
「他にこだわりがあれば教えてください」
店主 山口さん
店主 山口さん
「できるだけお客さんを待たせず、できたての料理を召し上がっていただきたいですね。ちなみに炒飯は30秒で作っちゃいます」
ライター風心風
ライター風心風
「この席数とメニュー数で、お客さんを待たせないというのは大変! それをこなす腕があるのですね。さすが!」
店主 山口さん
店主 山口さん
「たまに、早過ぎるから作り置きなんじゃないかと疑われる時もあります(笑)」
中国料理の修業で培われた手際の良さ! 丼は常にお湯に入れて温められていて、熱々のできたてを提供しています
ホテル仕様の広々とした調理場。ここだけでラーメン店が一軒建てられるぐらい設備投資をしたそうです
「塩チャーシューメン」が到着しました! 
いただきます!

千倉の美しい海を思わせる、透き通ったスープはすっきりとした味わいで、チャーシューは柔らかくて脂身もトロトロ。上にのったネギとゴマの風味も良いアクセントになっています。

ライター風心風
ライター風心風
「お店が混む時間帯は?」
店主 山口さん
店主 山口さん
「11時30分〜13時30分ですね。その時間は、まさに戦場です」
ライター風心風
ライター風心風
「お客さんの年齢層はどのくらいですか?」
店主 山口さん
店主 山口さん
「うちは高いですよ。平均年齢65歳で、多分日本一じゃないかな」
ライター風心風
ライター風心風
「地元のお客さんが多いですからね」
店主 山口さん
店主 山口さん
「お年寄りは80〜90歳当たり前! 小上がりを利用する、子ども連れの家族もいるので、客層は幅広いです。海岸も近いから、おなかを空かせたサーファーもかなり多いですよ」
ライター風心風
ライター風心風
「房州ならではですね。最後に山口さんにとってラーメンとは!?」
店主 山口さん
店主 山口さん
『当たり前の存在』かな(笑)」
仲睦まじいご家族を中心に経営されてます

▼ラーメンDATA▼

・麺の太さ:極細麺
・スープの種類:鶏ガラ
・スープの味わい:こってり★☆☆

Yahoo!ロコ房州麺処 麺屋ちゃいなはうす
住所
千葉県南房総市千倉町瀬戸2980-4

地図を見る

アクセス
千倉駅[出口]から徒歩約15分
千歳(千葉県)駅[出口]から徒歩約21分
電話
0470-44-5023
営業時間
昼の部11:00〜14:30 夜の部17:00〜21:00(L.O.20:30。スープなくなり次第終了)
定休日
水曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/一見コワモテな山口さんですが、ラーメン話をしだすと止まらない! 情熱が感じられる一杯、ごちそうさまでした!

取材・文・撮影=風心風

月刊ぐるっと千葉

月刊ぐるっと千葉

毎月21日発行、470円

千葉県唯一のイベント情報誌として、エリアとジャンル別でお出かけ情報を掲載。さらに旬の情報を掘りつくす観光特集からグルメ特集まで、地元の魅力を余すところなくお届け。発行エリアは千葉県全域および隣接都県。

\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES