地元食材で作り上げる! 先代から受け継ぐ牛骨ラーメン/鳥取

特集

遠いがウマい! 車出してまで行きたい絶品ラーメン10軒

2018/02/11

地元食材で作り上げる! 先代から受け継ぐ牛骨ラーメン/鳥取

鳥取県中部を代表するご当地グルメ「牛骨ラーメン」。このエリアを訪れれば、それぞれの店こだわりの牛骨ラーメンを味わうことができます。その中でも、半世紀を越えて地元で愛され続ける「すみれ飲食店」。伝統の味にググッと迫ります!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

地元食材を使用。醤油のほのかな甘みが広がる、親しみやすい味

創業は昭和20年代。70年にわたり、鳥取県琴浦町の人々に愛され続けている「すみれ飲食店」。牛骨ラーメンを味わえる店が多い鳥取県中部にあって、「ここの牛骨ラーメンが一番好き」と宣言する根強いファンが多い店だ。代が替わっても支持され続ける魅力を探ります。

\私が体験レポートします/

昭和の雰囲気が漂い、懐かしさを感じる店構え。休日は行列ができることも
ライター渡部
ライター渡部
「鳥取県・島根県のタウン情報誌『Lazuda(ラズダ)』編集部の渡部です。ラーメン大好きで、ラーメンの食べ歩きはもはや趣味。“ごちそう”と言えば、ラーメンでしょ! の勢いで、過去にはクリスマスに彼女をラーメン店に連れて行き、見事にドン引きされましたが、その信念は変わりません!」

常連さんでにぎわう、アットホームな空間

昭和の食堂の面影を残す、レトロな店内

店内は、まさに「昭和の食堂」の雰囲気。長く通う常連さんのほか、近年は女性や一見さんなど観光客も増えているそう。家族連れも多く、幅広い世代の方が訪れています。メニューは、ラーメンのほかに、おにぎりやおでんも! これがまた大人気。

表面の脂を割くと漂う牛骨の香りが、一気に食欲をそそる!

「ラーメン」(並570円、大700円)。もちろん僕は「大」をいただきます!

出てきた「ラーメン」は、表面に脂がたっぷり。これは少々時間をかけても、最後までアツアツで食べられそう。表面に張った牛脂を割くと、ブワーっと牛の香りが顔の前に漂います。スープは脂が多めですが、口にすると意外とあっさりとしていて、スッキリとした後味牛特有のうまみも存分に感じられます。醤油は少し甘めで、親しみやすい。これは幅広い年代に愛されているのも納得!

中太のちぢれ麺がスープとよくからみ、箸が進む!

麺は中太のちぢれ麺でモチッとした食感。スープとよくからみます。トッピングはチャーシューではなく「煮豚」が入っています。食べごたえのある厚みのある肉で、醤油味の甘めのスープとも相性抜群!

ライター渡部
ライター渡部
「地元で長年愛されているお店ですが、店を受け継がれた大将が今、ラーメン作りでこだわっていることはありますか?」
店主 山根さん
店主 山根さん
「一番のこだわりは地元食材鳥取県産の豚肉、牛骨を使っているのはもちろん、野菜も地元の道の駅へ出向いて購入しています。代々築き上げてきた“おいしさ”を守りつつ、自分流の“牛骨ラーメン”を作りたいと思っています。常に探求心を持って進化を続けたいですね」

牛骨と根菜のみで作るスープは細部にまでこだわり

脂多めのスープは、牛のうまみと醤油の甘さが絶妙にミックスした味わい
スープは部位とブレンドにこだわり丁寧に作られる

基本的にスープは牛骨と根菜のみ。ダシに使用する部位は、牛の大腿骨、前足、後足。臭みが少なく風味が良いため、この部位を使われているそうです。牛の種類も、交雑牛やホルスタインなど複数種類を混ぜてブレンドしているこだわりぶり。奥深さもありながら、スッキリとした味わいの秘密は、この細部にわたるこだわりにあるんですね。先代からの良さを受け継ぎつつ、改良を重ねてよりおいしいラーメンを作りたいという心意気を感じます!

スープをチェックする後姿を激写。その背中からも伝統に対する責任と、それを受け継ぎつつ改良を重ねていきたいという意気込みが伝わってきます。「地元食材を使っているので安心安全です。ぜひ味わってください」
ライター渡部
ライター渡部
「僕自身、牛骨ラーメンならココ! と思っているファンのひとり。今回の取材を通して、受け継がれてきた伝統と、それをよりおいしく進化させようとする大将の心意気を知ることができ、ますますトリコになってしまいました!」

▼ラーメンDATA▼

・麺の太さ:中太麺
・スープの種類:牛骨・その他(根菜)
・スープの味わい:あっさり★★☆

Yahoo!ロコすみれ飲食店
住所
鳥取県東伯郡琴浦町大字浦安189

地図を見る

アクセス
浦安(鳥取県)駅[出口]から徒歩約14分
八橋駅[出口]から徒歩約32分
電話
0858-52-2817
営業時間
10:00~15:00(OS)
定休日
水曜
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/「勘弁して!」と顔出しを恥ずかしがる大将と、それを見て笑う女性スタッフさん。笑顔が素敵な愛嬌のある大将ですが、その背中には名店「すみれ飲食店」を背負っているんだなぁと思うと、どこか感慨深いものが……。鳥取ご当地の味をこの店で判断する観光客が多いことも、先代の味と比べる常連客がいることも知っているはず。それでも“伝統を継ぎながら進化する”ことを選んだ三代目の牛骨ラーメンは、やはり唸るほどの絶品でした。

取材・文=渡部祥太郎(タウン情報Lazuda) 撮影=松村隆久

タウン情報Lazuda(ラズダ)

タウン情報Lazuda(ラズダ)

毎月25日発行、442円(税込)

販売エリア:鳥取県・島根県 発行部数:20000部 株式会社メリットが発行する、山陰唯一のタウン情報誌。山陰両県の主要書店・コンビニなど450店舗で販売。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES