常に進化形! レアチャーシューと味わうコク旨ラーメン/鳥取

特集

【第9回】全国のタウン誌が選ぶ“本当にうまいラーメン”100選

2018/04/01

常に進化形! レアチャーシューと味わうコク旨ラーメン/鳥取

日本有数の温泉地・皆生温泉街の入口にある「麺処 三鈷峰(さんこほう)」。クチコミサイトの評価も高く、常に行列の絶えない人気店だが、その秘密は店主による飽くなき探究心。常に進化し続ける定番メニュー「らーめん」の魅力に迫る。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

つけ麺が大人気だが、やはり「らーめん」を味わっておくべき!

「鳥取県米子市でラーメンを食べるなら?」と道行く人に尋ねれば、かなりの確率でその名が挙がる「麺処 三鈷峰」。オープンして約8年、今や鳥取のラーメンを語る上で外せない店だ。大人気の「つけ麺」も捨てがたいが、創業当時からある「らーめん」もこれがなかなか奥深い。今回はその魅力を余すことなくお伝えします!

\私が体験レポートします/

開店前に、すでに何人かが列をなしている日も。行列必至の人気店
ライター渡部
ライター渡部
「鳥取県・島根県のタウン情報誌『Lazuda(ラズダ)』編集部の渡部です。もともとラーメンは大好物! そして、タウン誌の取材で話を聞けば聞くほど、ラーメンの底知れない魅力にどっぷりハマってしまいました。今では、ラーメンの取材がある日でもランチにラーメンを食べに行ってしまうほどラーメンまみれの日々を送っています……」

いざ店内へ! スタッフの活気を間近に感じられる空間

店内はカウンターのみ。スタッフさんとの距離が近い!

赤が基調の店内は、カウンターのみ。オープンキッチンで手元が見えるので、ラーメンマニアを目指す僕としては、ついついスタッフさんの調理風景を観察してしまいます。常連さんも多いけれど、温泉街の近くという立地上、観光客の姿も多く見られます。

レアチャーシューの存在感がスゴイ! コク深い白湯ラーメン

「らーめん」(760円)。2種類の自家製レアチャーシューがインパクト大!

今日は、創業時からあるメニュー「らーめん」をいただきます。コクのありそうな茶濁したスープ。鶏と豚の2種類のレアチャーシューが目に飛び込んできます。赤い器に中央のミズナも映えて、彩りの豊かさが食欲をそそる!

豚のレアチャーシュー。ほのかな香ばしさとまろやかな肉のうまみがたまりません!

スープは少し粘りを感じるクリーミーな味わい。コクのある鶏白湯のうまみと、魚介の風味が絶妙にブレンドしています。どちらかというと魚介の風味が強いかな。飲みこんだ後、口の中にさまざまな味わいが合わさった、奥深いうまみが広がります。店主の岡本さんは、常に試行錯誤を重ね、メニューをバージョンアップしている研究家。このうまみの秘密を聞き出したい……。

ライター渡部
ライター渡部
「このスープ、鶏や魚介だけではない味わいも感じるのですが……」
店主 岡本さん
店主 岡本さん
「スープは鶏白湯魚介スープです。2日間にわたってトータル7時間以上火にかけ、干しシイタケと昆布でうまみ成分を増します。動物系や魚介系に含まれるうまみだけでなく、キノコ類も生かし、できるだけうまみのあるラーメンを目指しています。シイタケはグアニル酸を多く含む食材で、干すことでよりうまみ成分が増すんですよ」
ライター渡部
ライター渡部
「この奥深い味わいは、干しシイタケと昆布なのか……なるほど」

麺は中太ストレート。なかなか食べごたえのある多加水麺で、食感はモチモチ。スープがよくからみ、麺の味わいとスープのうまみを一緒に楽しめます。多少時間がたっても弾力があって、最後までモッチリとしているのもうれしい!

自信作のレアチャーシュー! 鶏と豚のダブルのせ

しっとりやわらかなレアチャーシューはスープとの相性も抜群!
レアチャーシューは、丁寧に手作りされている

しなやかな食感と肉の甘みが存分に堪能できる、鶏と豚の自家製レアチャーシュー。この食感の秘密は、低温調理。真空状態にした肉を、タンパク質が固まりすぎないギリギリの温度調節で火を通す。しっとりとしてやわらかく、肉の香りとうまみが楽しめます

ライター渡部
ライター渡部
「チャーシューを締めまで取っておいても、肉質はやわらかいまま。チャーシューは最後に食べたい派の僕にはうれしいですね! なぜ鶏と豚、両方のチャーシューをのせているんですか?」
店主 岡本さん
店主 岡本さん
鶏も豚もどちらも自信作。お客さんには両方のチャーシューを味わってほしいからね。以前は普通の豚チャーシューをのせていたんだ。レアチャーシューの研究を重ねて納得のいくものができたから、今はレアチャーシューを出しているんだよ」
ライター渡部
ライター渡部
豚肉のコクのあるうまみと、鶏肉のあっさりとした味わい。一杯で両方のチャーシューを楽しめるのはお得!」
「ラーメンは日々研究」と語る岡本さん。全国に繁盛店店主を多く輩出している「鳥居式ラーメン塾」の卒業生だ。「うまみ重視の一杯をぜひ味わってください」
ライター渡部
ライター渡部
「鳥取県西部につけ麺を定着させたパイオニアとして有名だけど、『らーめん』も抜群にうまい! 創業時からあるメニューも、チャーシューが変わり、スープも日々進化させている。これからも食べ続けて、その進化を楽しみたい逸品です」

▼ラーメンDATA▼

・麺の太さ:中太麺
・スープの種類:丸鶏・鶏ガラ・魚介・昆布・その他(干しシイタケ)
・スープの味わい:こってり★☆☆

取材メモ/個人的に以前から大ファンのお店です。普段は気になる厨房を横目で見ながら食べて帰るだけでしたが、今回は裏側まで知ることができて何より。スープしかりチャーシューしかり、やはり手の込んだ一杯だったんだなぁと取材を通じてあらためて実感しました。苦労して確立した一杯も、日々の環境によってブレが生じるものですが、ここはいつ来ても安心の安定感。もちろんその安定感も、苦労を重ねて獲得された技術なのでしょうね。

取材・文=渡部祥太郎(タウン情報Lazuda編集部) 撮影=松村隆久

タウン情報Lazuda(ラズダ)

タウン情報Lazuda(ラズダ)

毎月25日発行、442円(税込)

販売エリア:鳥取県・島根県 発行部数:20000部 株式会社メリットが発行する、山陰唯一のタウン情報誌。山陰両県の主要書店・コンビニなど450店舗で販売。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES