年末の大掃除でお部屋スッキリ!100均アイテムのお手軽収納術

年末の大掃除でお部屋スッキリ!100均アイテムのお手軽収納術

2017/12/21

年末年始の大掃除で、お部屋の汚れはキレイになったけど物がうまく片付かない!という方も多いのでは? そこで今回は、家事についての投稿で人気のインスタグラマー・おさよさんが登場! 100円ショップのアイテムを使った、お手軽&機能的な収納術を教えていただきました!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

2大100円ショップ「ダイソー」「Seria(セリア)」の便利アイテムで賢く収納!

大掃除を機に、お部屋を整理整頓したくなるこの時期。収納アイテムを使わずとも、100円グッズで賢く収納できるアイデアは必見だ。

\収納に便利な100円グッズを紹介してくれるのはこの人!/

インスタグラムでは、収納やお掃除テクの投稿で人気のおさよさん

おさよさん/福岡県在住の主婦。男の子と女の子を持つ2児のママ。簡単な掃除テクや部屋をスッキリさせて物を機能的に収納する方法などを紹介するインスタグラムでは、フォロワー数約26万人を誇る。著書「おさよさんの無理なくつづく 家事ぐせ」(主婦の友社)が発売中

おさよさん
おさよさん
「100円ショップには、アイデアひとつで収納グッズに代わるアイテムがたくさんあります。今回は、普段私がよく行く『ダイソー』『セリア』の商品で実践している収納法を紹介しちゃいます!」

\ラクチン収納アイテム8選!/

【ダイソー】
1. エス型玉付フックワイド1P 約19cm
2. ラタンバスケットCホワイト
3. ハンマーで軽くたたくだけフックプレーンタイプ
4. 白い伸縮式つっぱり棒35-50cm(Φ10mm/13mm)
5. マグネットクリップ 中

【セリア】
1.仕切り整理トレー
2.ピタッコ透明粘着フック 大 2個入
3.フリーザーエンド クリアー

さあ、いよいよ収納スタート!

まずは「ダイソー」のアイテムを紹介!

1. エス型玉付フックワイド1P 約19cm

かさばりがちなハンガーをスリムにぶら下げ!

エス型玉付フックワイド1P 約19cm(1個108円)。いたるところで活躍する収納の定番アイテム
おさよさん
おさよさん
「エス型玉付フックは、ハンガーのようにかさばりそうなものを収納する時などにとっても便利なんです!」
洗面所に突っ張り棒を付けてフックを掛けることで、ハンガーをフラットにすることができる

【Before】

突っ張り棒にハンガーを掛けただけだと、かなり雑然とした状態に…

【After】

洗面所の空いたスペースに空間を圧迫することなくハンガーを収納できた

少し大きめのフックを使うことで、複数のハンガーを掛けることができる。ハンガー以外にも、洗濯板など洗面所やお風呂場用品のぶら下げにも便利。

\ココがポイント!/

おさよさん
おさよさん
「洗濯で使うハンガーって、家族が増えれば必然的に多くなりますよね。しかも物干し竿に掛けっぱなしにできればいいのですが、室内干しをする時には不便ですし、室内での置き場所に困ります。そんな時にぜひ実践してみてください。頻繁に使うものだからこそ、邪魔にならずにすぐに取り出せるというのが、この収納のポイントですよ」

2. ラタンバスケットCホワイト

ボトル類をひとつにまとめて水周りも広々

ラタンバスケットCホワイト(108円)。こまごました子どものおもちゃのお片づけにも最適なアイテム
おさよさん
おさよさん
「このバスケットは、穴が開いていて通気性に優れていますし程よい大きさなので、浴室で重宝しています。取り出しも楽々なので、子ども用や大人用など、シャンプーやボディソープを使い分ける場合にも便利な方法ですよ」
シャンプーボトルや洗顔料などをバスケットに収納する
浴室乾燥用のバーにエス型フックで引っ掛ければ取り出しもスムーズ

【Before】

整理する前は様々なボトルが水周りを占拠

【After】

物がなくなった分、水周りが広々した
浴室乾燥用のバーにぶら下げれば収納完了

バスケットに入浴で使うボトル類を入れるだけでなく、吊るすことで浴室の空間をうまく利用できる。

\ココがポイント!/

おさよさん
おさよさん
「バスケットの底も網目状になっているので水きりが抜群です! 水周りに物がなくなった分お掃除も楽になりますよ」

3. ハンマーで軽くたたくだけフックプレーンタイプ

コードは壁掛けで“ごちゃっと感”を解消

ハンマーで軽くたたくだけフックプレーンタイプ(2個108円)。石膏ボードや合板にもしっかり固定することができる
おさよさん
おさよさん
「どうしても床に置きがちなコード類ですが、壁に配置することで見た目にも清潔感が生まれます。このピンは針が3つあるから強度にも優れています」
3つの針で壁としっかり密着させる
長いコードは100円ショップなどでも購入できるマジックテープでまとめれば、さらに清潔感アップ

【Before】

床にだらんと置かれたコードはなんともルーズな印象

【After】

普段はソファで隠れる位置にあるため、ぱっと見はコードの存在に気づかない

1箇所だけではなく、複数箇所(最低2箇所)にピンを打てば、負担が分散され、複数電源タップのある延長コードでも吊るすことができる。

\ココがポイント!/

おさよさん
おさよさん
「このようにコードを壁に掛けることで、子どもがコードに引っ掛かって転ぶこともありませんし、足元がスッキリして掃除機をかけやすいのもポイントです」

4. 白い伸縮式つっぱり棒35-50cm(Φ10mm/13mm)

テーブル下の収納で食卓の利用スペースアップ

白い伸縮式つっぱり棒35-50cm(Φ10mm/13mm)(108円)。50cmまで伸びて安定感も抜群
おさよさん
おさよさん
「ダイニングテーブルは日常的に使うので、生活用品を置きっぱなしにしがちですよね。それによって食卓のスペースが狭くなってしまうので、テーブルの脇に突っ張り棒を仕掛けることで、目に見えないところにも収納スペースが生まれるんです
ここでも100円グッズのエス型フックが大活躍!

【Before】

ティッシュやサプリメントなど、生活用品でスペースを侵食されていたテーブル

【After】

テーブルの下に収納すればこのスッキリ感!
サプリメントや筆記用具など細々したものはカゴや袋にまとめよう

テーブル下はまさにデッドスペース。こういったスペースを作っておけば、テーブルの上は常に何もない状態に。食事の準備や片付けもスムーズだ。

\ココがポイント!/

おさよさん
おさよさん
「頻繁に使う家計簿やサプリメントもテーブルから手の届く範囲に置くことが大事です。さっと取り出せるようにすることで、家計簿などは日々の習慣にすることができるんです」

5. マグネットクリップ 中

強力マグネットでスプレーボトルをしっかりキャッチ

マグネットクリップ 中(1個108円)。会社などではホワイトボードに貼って資料を挟むのに最適
おさよさん
おさよさん
「ボトルは置くだけでなく、“壁に掛ける”という発想もあります。冷蔵庫の側面だったり洗面所だったり、マグネットが使える場所は意外とありますので、そういった壁にピタッと貼るだけでスプレーボトルの収納ができちゃうんです」
壁に貼ったクリップにスプレーボトルの柄の部分を引っ掛けるだけ

【Before】

スプレーボトルを直に置くとかなりスペースを取る

【After】

壁に掛けるという意外な方法でスプレーボトルを見事収納

スプレーボトルの直置きが解消し、キッチン周りも広々。作業スペースが広くなり掃除もやりやすい。

おさよさん
おさよさん
「スプレーボトルの収納として、マグネットクリップを紹介しましたが、私は冷蔵庫の側面にも貼って付箋を挟んでいます。家族への伝言や買い物リストなど、ちょっとしたメモに便利なんですよ」

続いて「セリア」のアイテムを紹介!

1.仕切り整理トレー

サイズがバラバラなキッチングッズの整頓に大活躍!

仕切り整理トレー ショート、ロング(各108円)。箸、スプーン、フォークなど食器を分ける時に便利
おさよさん
おさよさん
「仕切り整理トレーはサイズも数種類あるので、引き出しの大きさによって組み合わせることができます。仕切り板もちゃんと付いていて、物に応じて枠を調整できるので、引き出し収納に重宝しています」
使う道具の用途や種類によって分類する

【Before】

収納前は雑然として、無駄なスペースも気になる引き出し

【After】

ほしいものが一目で分かるよう見事に収まった

どこに何を置けばいいかよく分からず、ただ引き出しに物を置いただけでは、いざ使いたいものがあっても他の物に紛れて見つけにくい…。そんな時間のロスを解消するためにも、仕切り整理トレーで整理整頓しつつ、用途やジャンルでカテゴライズすることで使いやすさも向上するという。

\ココがポイント!/

おさよさん
おさよさん
「調味料などはボトルに移し変えて統一感を出しています。また、引き出した時に転倒しないように、仕切りで固定しているのもポイントです」

2.ピタッコ透明粘着フック 大 2個入

取っ手を追加して高いところの収納を便利に

ピタッコ透明粘着フック 大 2個入(108円)。水に濡れてもはがれにくいのでバスルームや洗面所でも使える
おさよさん
おさよさん
「高いところにあるデッドスペースなどは収納にとっても便利ですが、出し入れに不便というデメリットもあります。特に取っ手がない入れ物だとよけいに大変…。そんな時はこのフックを入れ物にくっつけることで出し入れがスムーズに!透明であまり目立たないのもお気に入りポイントです!」

【Before】

ようやく手が届くような高所にある収納ボックス。すごく取りづらそう…

【After】

フックに指を掛けるだけでスッと取り出せるように!

この粘着フックは跡が残らずキレイにはがせるのが特徴。高所はもちろん、取っ手がないボックスにも使える便利グッズだ。1kgの耐久があるので、本来のフックとしての機能も申し分ない。

\ココがポイント!/

おさよさん
おさよさん
「高いところには透明な容器を選択するのがおすすめ。わざわざ取り出して確認しなくても中身が見えるので、グッズ選びの際は色も注意して選んでください」

3.フリーザーエンド クリアー

滑り止めとの組み合わせで服の収納力が格段に向上

フリーザーエンド クリアー(1個108円)。半透明で目立たないので、冷蔵庫では商品仕分けに便利
おさよさん
おさよさん
「本来は冷蔵庫の中で活躍するフリーザーエンドですが、洋服の仕分けとしても便利なんです。畳んだ洋服を縦にすれば限られたスペースでもより多くの服を仕舞うことができ、どこに何の洋服があるのか一目で把握できます。そこで、このフリーザーエンドを使えば、服が自立するのを助けてくれますし、スペースに余裕があってもちゃんと服を支えてくれますよ」
洋服を縦向きに仕舞っていくのがポイント

【Before】

きちんと畳まれているが、縦に収納すればまだスペースに余裕ができそう

【After】

フリーザーエンドや箱を使うことでジャンルごとにきちんと整理された

洋服タンスや衣装ケースの底はすべりやすいので、ゴム素材の滑り止めを敷くのもこの収納のポイント。フリーザーエンドもしっかりと固定され、出し入れする際に衣類が崩れるのを防止する役割を担う。

\ココがポイント!/

おさよさん
おさよさん
「特に子ども服のような小さい衣類をまとめるのにも便利です。肌着、トップス、スカートなど、ジャンルごとに仕切る習慣をつければ、より取り出しやすくなります」

家事のプロに年末の大掃除がはかどる収納テクのポイントを聞いてみた!

――収納する時に押さえておくべきポイントは?

おさよさん
おさよさん
「まずは目的を明確に持つことが大事です。生活の現状を把握して、何が暮らしにくいのかを箇条書きにして“見える化”をすると、必要なものが分かりますし、100円ショップに行っても何を買うか迷わなくてすみます」

――新たな家具などを用意した方がいいのでしょうか?

おさよさん
おさよさん
「便利グッズや収納する棚などを新たに用意すれば事足りると思われる方もいらっしゃると思いますが、結局は物が増えるだけなので、それは極力避けた方がいいです。現在のスペースでいかに片付けることができるかを考えて、必要なアイテムをそろえていきましょう。特に子どもがいる場合は、子どもの成長とともに収納を変えていく必要がありますので、あまり費用をかけずにお片づけをするという点でも100円グッズは重宝しますよ」
ゴミ袋などはタオルかけを利用して、キッチンの引き出し内に収納することができる

――収納を習慣にするコツはありますか?

おさよさん
おさよさん
「実は…、私は以前まで収納が苦手でした(笑)。でも、そろえるグッズの色やテイストがばらばらだと気づいてから、まずは色を統一するようにしたんです。同じ色を意識することで、お部屋の統一感が生まれますし、棚や冷蔵庫を開けた時の気持ちよさが違います。あと、ラベリングをするのもいいですよ。ぱっと見で何が入っているか分からないものは、ラベルを付けることで、自分でもすぐに把握できますし、家族に説明をしなくてもすみますからね」
冷蔵庫内も容器などの色を統一すれば清潔感のある印象に

ダイソー アルカキット錦糸町店

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

※商品価格は全て税込み。掲載商品は取材時点のものであり、現在お取扱いしていない場合があります。

今回紹介した収納術はどれも、片付けできることはもちろん、その後も気持ちよく生活できるアイデアばかり。100円グッズの意外な使い方の数々は、年末の大掃除に活躍すること間違いなし!

取材メモ/生活の中に溶け込んださりげない収納ばかりで、とても勉強になりました。おさよさんのお片づけテクニックは、その後の状態が機能的で見た目にもキレイ!生まれ変わった状態を想像して、楽しみながら年末のお片づけを実践してみてください♪

取材・文=森川和典(シーアール)、撮影=松尾亜伊里

\まだある!100均ベストバイ/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載