焦がしニンニク油の香ばしさがクセになる「黒とんそば」/福井

特集

【第4回】全国のタウン誌が選ぶ“本当にうまいラーメン”100選

2018/02/25

焦がしニンニク油の香ばしさがクセになる「黒とんそば」/福井

ラーメン好きの主人が「自分が一番食べたいラーメンを」と試行錯誤の上、独学で生み出したとんこつ醤油ラーメンが自慢。焦がしニンニク油“マー油”をたらした「黒とんそば」をはじめ、赤唐辛子ラー油をたらした「赤とんそば」、魚介系豚骨「白とんそば」があり今日の気分で選べるのがうれしい。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

トロリとした口当たりの
濃厚とんこつ醤油スープに夢中!

豚骨が持つうまみを引き出すため、18時間以上煮込んだ濃厚スープ……熊本ラーメンをヒントに生まれた「黒とんそば」は、自家製マー油でガツンと風味を加えた自慢の一杯。肉厚な自家製チャーシューや竹の子、モヤシのトッピングも香り高い濃厚スープと見事にマッチング。今、福井っ子の間で、人気沸騰中の「輝之介」に直撃!

\私が体験レポートします/

わが家行きつけのラーメン屋さん「麺屋 輝之介」に初取材……ドキドキです。直接ご主人に、“美味しさの秘密”が聞けるのですごく楽しみ!
ライター宇都宮かよ
ライター宇都宮かよ
「ライター歴16年目、生まれ育った福井と旅、そして美味しいものをこよなく愛するママライター。グルメ取材が大好き。旅先では(海外でも)ラーメン店をはじめ、気になっているお店を落とし込んだマップを頼りに、一軒一軒食べ歩きするのが楽しみ」

香り高いマー油と濃厚スープ、ちぢれ麺が三位一体となった至福の一杯

テーブルに運ばれた瞬間、濃厚なとんこつ醤油スープに浮かぶ、マー油の香ばしい香りに心浮き立つ。直前で軽く炙った肉厚な自家製チャーシューや竹の子、シャキシャキ食感のモヤシのトッピングも香り高い濃厚スープと見事にマッチング。食べ進めていくと、中から味玉子がゴロリと出てくる。そんな小さなサプライズもうれしい。

豚頭や背脂を18時間以上煮込んだ、トロリとした口当たりの濃厚スープとマー油の香ばしさが生む絶妙なハーモニー「黒とんそば」(830円)。一度味わったら忘れられない、記憶に残るラーメンだ

“魔法の油”とも言われている、焦がしニンニク油が美味しさの鍵

九州・熊本ラーメンで、香味として用いられている「マー油(焦がしニンニク油)」は、ラーメンが劇的に美味しくなる“魔法の油”とも言われているそう。細かく刻んだニンニクを何度も何度も揚げてできあがる、店主秘伝の黒マー油は、ニンニクの風味が凝縮。とんこつ醤油スープの甘みと旨みを一層引き立ててくれる。

自家製マー油の“黒”がラーメンを彩る。赤の器とのコントラストも美しく、思わず写真を撮ってしまうフォトジェニックな一杯だ

つけ麺ラバーに愛されている、一度で二度美味しい「つけそば」

特製麺の美味しさを存分に。魚介系濃厚豚骨スープと赤唐辛子油入り濃厚豚骨スープ(もしくはマー油入り濃厚豚骨スープ)と、2種類のスープが一度に楽しめるつけ麺好きにはたまらない「つけそば」。「最後まで美味しく味わって欲しい」という主人の想いから、店内には電子レンジが備え付けてあり、各自でスープを温め直すことも可能。そんな心遣いもうれしい。

魚介系濃厚豚骨と赤唐辛子油入り濃厚豚骨の2種のスープを食べ比べできる「つけそば(赤)」(920円)。細麺やあつもり、トッピングなどのリクエストも受け付けてくれる
ラーメンだけではちょっと物足りないという人のために、極厚チャーシューを角切りにして、青海苔やカツオ、刻みネギと一緒に盛り付けた「玉子かけごはん」(190円)など、ミニサイズのサイドメニューも充実
ジャズをBGMにラーメンを楽しむ洗練空間
福井県内では珍しい、おひとりさま専用カウンター席もスタンバイ。通称「おこもり席」は、女性のおひとりさまにも大人気
ライター宇都宮
ライター宇都宮
「まるでカフェのようなモダンで素敵な空間ですね。おひとりさま専用カウンターもあるし、ラーメンの器や飲料水のボトルもとってもオシャレ。女性が一人でも気軽に行けちゃうラーメン屋さんって県内にはなかなかないので、ラーメン好き女子にとって輝之介さんは貴重な存在です」
スタッフしんのすけさん
スタッフしんのすけさん
「女性の方が入りやすく、デートで行きたくなるようなラーメン屋にしたかったんです。最近では、男性だけでなく、カップル、女性グループや女性のおひとりさまも多いですよ」
ライター宇都宮
ライター宇都宮
「サイドメニューのごはんものやデザートが、200円以内であるのもうれしいですね」
スタッフしんのすけさん
スタッフしんのすけさん
「サイドメニューもガッツリだと、なかなか頼みづらいですよね。ちょうどいいサイズ感と値ごろ感を目指しました。自家製ミンチとたっぷりのターメリックで丸1日煮込んで仕上げるルーが自慢のカレーごはんや玉子かけごはんなど、当店ではサイドメニューも妥協なし。すべて手作りにこだわっています」
カウンター越しから、スタッフの仕事ぶりをのんびり眺めるのもいい。水のボトルもさり気なくオシャレ
スタッフの真っ赤なユニホームもカッコイイ。気さくなスタッフによる、ほどよい距離感のおもてなしが心地よく、何度も足を運びたくなる
ラーメンの激戦エリアの1つでもある、福井工業大学の近くにありながら、昼も夜もたくさんの人が訪れる人気店へと成長
ライター宇都宮
ライター宇都宮
「店主こだわりのラーメンの美味しさやオシャレで居心地のいい店内はもちろんのこと、ミニサイズのサイドメニュー、『SNSにアップした写真を見せると、プチデザートをプレゼント』といったSNSを上手に使ったサービスなど、女性が来店したくなるような仕掛けがいっぱい。そんな細やかなサービスが、老若男女に支持される秘密だろう」

▼ラーメンDATA▼

・麺の太さ:中太ちぢれ麺
・スープの種類:豚骨(豚頭)
・スープの味わい:こってり★★☆

取材メモ/ほかにもあっさり派の人が喜ぶ、鶏醤油の「中華そば」もあり、飲んだ後のシメのラーメンにぴったり。またこの冬、人気の「つけそば」に、カレーつけそば(カレー・魚介系濃厚豚骨の2種のスープ)が仲間入り。冬季限定なので、気になる方はお早めに!

取材・文・撮影=宇都宮かよ

※掲載の内容は2018年2月時点の情報に基づきます。
※2019年6月に店舗(住所、電話番号、営業時間など)、メニュー、料金などの一部情報を更新しました。

URALA(月刊ウララ)

URALA(月刊ウララ)

毎月25日発刊、630円

知的好奇心を刺激する、福井エリアの必須マガジン。◎販売地域/福井県下全域、石川県の一部(加賀エリア)◎発行部数/55000部 ◎販売箇所/書店、コンビニエンスストア、Kiosk、大学生協、その他。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES