定山渓で極寒BBQを体験! 札幌・北海道の週末イベント5選

2018/01/12

定山渓で極寒BBQを体験! 札幌・北海道の週末イベント5選

1/13(土)、14(日)に楽しめるお出かけ情報を5つ厳選してご紹介!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

雪と氷の世界で思いっきり遊ぼう! 親子向けのイベントも要チェック

冬本番を迎え、寒さや雪の多さを逆手に取ったイベントが続々登場。札幌市の「雪三舞(ゆきざんまい)2018」、富良野市の「ふらの歓寒村(かんかんむら)」で、スキーやスノボとはまた違うアクティビティを楽しもう!

加賀と能登の美味を紹介する人気の物産展「第30回加賀百万石のれん市」が開催されるほか、絵本の中の動物が大集合する「ファミリー文学館 絵本の動物園へようこそ」、漆塗りや純金のトミカも見られる「トミカ博 in SAPPORO」といった親子で楽しめるイベントも必見だ。

1.雪三舞(ゆきざんまい)2018

【イベント・祭り:1/12(金)~15(月)、1/20(土)、21(日)】

極寒の中で食べるバーベキューはまさに非日常体験! アクティビティを楽しんだ後のバーベキューは、格別においしい(コイン5枚)

定山渓に6日間だけの冬の遊び場がオープン

札幌中心部から定山渓温泉へと向かう道中にある八剣山果樹園で、毎年恒例のイベントを開催。パワースポットとしても知られる八剣山の麓で、アクティビティや雪三舞オリジナルのあったかグルメが楽しめる。

会場内のアトラクションやグルメは、雪三舞専用コインで支払うシステム。まずはロッジでコイン(1枚300円)を入手しよう。お得な12枚セット(2500円)には、さらに定山渓温泉日帰り入浴割引券もついてくる。

スノーモービルに引っ張られながら、リンゴの木に囲まれた雪原を疾走するスノーラフティング(コイン2枚)

犬ぞり体験や乗馬体験、スノーシューガイドツアーなど多彩なアクティビティで体を動かした後は、雪原の中でバーベキューを味わう「極寒BBQ」でおなかを満たそう。

今年は戌年。元気なワンちゃんが引く犬ぞりに挑戦しよう(コイン5枚)

担当者が語る!「雪三舞2018」の見どころはココ!

定山渓観光協会事務局 橘真哉さん
定山渓観光協会事務局 橘真哉さん
「『雪遊びと寒中食の魅力』をテーマに、定山渓の自然の中で冬を楽しむイベントです。雪遊びの達人たちが贈る、極寒だからこそ体験できる冬遊びをぜひ楽しんでください。極寒BBQのほかに地域の食材を使ったカレーやスイーツもご用意しております

▼DATA▼
イベント・祭り:1/12(金)~15(月)、1/20(土)、21(日)
会場:八剣山果樹園
電話:011-598-2012(定山渓観光協会)
時間:10:00〜16:00 ※食事L.O.15:00、各アトラクション最終受付15:30
料金:入場無料 ※各コンテンツは有料(雪三舞専用コイン販売)

八剣山果樹園

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

2.ふらの歓寒村(かんかんむら)

【イベント・祭り:開催中〜3/11(日)】

風が当たらない分、見た目よりも寒くないスノーカフェ

雪と氷でできたカフェでまったり、アトラクションでアクティブに楽しむ!

富良野市の新富良野プリンスホテル内ニングルテラスの隣に、冬の夜だけ遊べる「ふらの歓寒村」がオープン。雪や氷と親しむ体験ができると毎年評判のスポットだ。

中でも人気を集めているのが、雪のブロック約2000個を積み上げて造られたスノーカフェだ。そこではビールやホットワインといったアルコールやソフトドリンクを提供。クリスタルのように美しい氷のテーブルや椅子など、隅から隅まで凝っていて、目でも楽しめる。

大人もハラハラ、ドキドキすること間違いなしのスーパースノーチュービング

アクティビティもあり、全長約100メートルのコースをチュービングで滑る「スーパースノーチュービング」は、1回無料なのでぜひお試しあれ。

色とりどりのライトが雪で覆われた会場を華やかに照らす

スタッフが語る!「ふらの歓寒村」の見どころはココ!

ふらの観光協会 スタッフ 松藤(まっとう)沙織さん
ふらの観光協会 スタッフ 松藤(まっとう)沙織さん
「会場はたくさんのLED照明によって、幻想的な世界が広がります。エキサイティングなスノーチュービング、スノーラフティングに、人気の犬ぞりもあって楽しみ方はさまざまです

▼DATA▼
イベント・祭り:開催中〜3/11(日)※積雪状況により終了日変更になる場合あり
会場:新富良野プリンスホテル内 ニングルテラス横
電話:0167-23-3388(ふらの観光協会)
時間:16:00〜21:00(最終入場20:00)
料金:入場料/大人300円、小学生以下無料(要保護者同伴)
※天候により休業する場合あり

新富良野プリンスホテル

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

3.第30回加賀百万石のれん市

【イベント・祭り:開催中~1/14(日)】

「マルガージェラート」のマスカルポーネチーズ(501円)。「2015日本ジェラートマエストロコンテスト優勝フレーバーです。この機会にぜひご賞味ください」とおすすめするジェラティエーレの菊地さん

加賀・能登の美味と匠の技が勢ぞろい

石川県の加賀・能登のおいしいものと伝統の技が光る逸品を集めた物産展が開催中。老舗の和菓子店や麩専門店をはじめ、地元で人気のベーカリーやカレー店など、フードだけでも多彩なラインアップだ。加賀友禅や輪島塗など工芸品も登場。出店数はフード・工芸品を合わせて63店にのぼる。

「能登半島で育った“能登豚”を香ばしく揚げたとんかつをぜいたくに使っています」とゴールドカレーの今井さんが話す通り、食べ応え満点の「金沢ゴールドカレー本店」の能登豚サクサクカツカレー(1人前929円)

「今回は開催30回目を記念して、えりすぐりの特別企画品も数量限定でご用意しております」と丸井今井札幌本店 催事担当の幅田さん。日替わりお買い上げプレゼントや、お楽しみスタンプラリーといった、買い物がますます楽しくなるプレゼント企画もあるのでお見逃しなく。

「明治8年の創業以来、かぶら寿しなどの発酵食品を中心に製造販売しています」と話す四十萬谷本舗の中島さん。金城かぶら寿し(250g/1512円)は、百万石青首かぶで寒ぶりを挟み、糀(こうじ)で漬けた一品

▼DATA▼
イベント・祭り:開催中~1/14(日)
会場:丸井今井札幌本店 大通館9階 催事場、一条館9階 イベントスペース
電話:011-205-1151(代表)
時間:10:00~19:00 ※最終日は18:00閉場
料金:入場無料

丸井今井札幌本店

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

4.ファミリー文学館 絵本の動物園へようこそ

【展覧会:開催中~1/21(日)】

『あらしのよるに』で知られるあべ弘士氏、『もりのやきゅーちーむ ふぁいたーず』を手がけた堀川真氏が描いた動物のパネルが展示された「えほん動物園」コーナー

見て、読んで、ほのぼのする絵本の中の動物たち

北海道立文学館の中に動物園が出現! といっても、会えるのは本物の動物ではなく、絵本の中の動物たちだ。

「えほん動物園」のコーナーでは、絵本作家が描いたゾウやライオン、トラなどのパネルがお出迎え。さらにパネルに描かれた動物が登場する絵本がたくさん並び、自由に読むことができる

今回の展覧会のために描き下ろされたパネルもある。動物パネルは観覧だけでなく一緒に写真撮影もできる!

「『どうぶつギャラリー』ではあべ弘士さんの原画、手島圭三郎さんの版画を展示。とても迫力があります。文学館ならではの、ちょっと変わった“どうぶつえん”にぜひ遊びにきてください!」と北海道立文学館 司書の三井さん。紙工作でゆらゆら揺れる動物を作れるコーナーもあり、見て、読んで、作って、絵本の中の動物たちとたっぷりふれあおう。

触るとスイングする「ゆらゆらアニマル」。好きな動物を描いて自分だけのオリジナルを作ろう

▼DATA▼
展覧会:開催中~1/21(日)
会場:北海道立文学館 特別展示室
電話:011-511-7655
時間:9:30~17:00(展示室入場は16:30まで)
休館日:月曜
料金:観覧料無料

北海道立文学館

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

5.トミカ博 in SAPPORO

【イベント・祭り:開催中〜1/14(日)】

※1/12(金)は休み

トミカが一斉に滑り降りる大迫力の360度スライダー

子供から大人まで魅了するトミカの世界へGO!

1970年に誕生し、累計販売台数は6億2500万台を超えるミニカーシリーズ「トミカ」。その魅力を親子3世代で再認識するファミリーイベントが今年も開催中。残すところあと2日となった。

今年は札幌での開催15周年を記念して、プラチナトミカ、純金トミカ、うるしぬりトミカといった豪華なトミカを展示する。イベント会場でしか手に入らないアイテムを販売する「トミカマーケット」もチェックしてみよう。

プラチナトミカ(日産 フェアレディZ 432)

「たくさんのトミカが一斉に滑り降りてくる360度スライダーが見どころの展示ゾーン、ゲームがいっぱいのアトラクションゾーンなど親子で一緒に楽しめるコーナーがいっぱいです」と同事務局の武田さん。会場内はバリアフリー対応で、授乳室やベビールームもあるので、赤ちゃんや小さな子供連れでも安心だ。

トミカやプラレールで自由に遊べるプレイランドは参加無料

▼DATA▼
イベント・祭り:開催中〜1/14(日) ※1/12(金)は休み
会場:アクセスサッポロ
電話:011-272-8657(トミカ博 in SAPPORO事務局 ※STV事業内)土日・祝日を除く10:00〜17:00
時間:9:30〜16:00(最終入場15:30)
料金:入場料/大人(中学生以上)1000円、子供(3歳〜小学生)800円、2歳以下無料

アクセスサッポロ

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材メモ/絵本には欠かせない存在の動物たち。最近は大人も楽しめる絵本が多いので、暖かい室内で絵本にふれて、ほっこりした気分に浸りましょう。

構成=シーアール、取材・文=みんなのことば舎

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES