もはや県民食。1カ月24000食消費される味噌ラーメン/山形

2018/04/15

もはや県民食。1カ月24000食消費される味噌ラーメン/山形

今回ご紹介するのは35年前に創業し県内に現在6店舗ある老舗ラーメン店「鬼がらし」。山形県民にとっては馴染み深い味わいで、おひとりさまからファミリー層まで、幅広い世代から絶大な支持を集めています。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

鬼がらしのはじまりの場所へ行ってみる

「腹減ったずね」「んじゃ鬼がらしさ行ぐが」とか「飲んだら小腹へったずね」「んじゃ鬼がらしさ行ってみっか」。編集部でこんな会話が繰り広げられるほど、身近な存在である鬼がらし。その歴史は古く、変わらぬ味が人々を魅了しています。美味しさの秘密や創業時のエピソードを伺ってきました!

\私が体験レポートします/

繁華街のどまんなかにあります
ライター岡﨑
ライター岡﨑
「10年以上取材で山形県内を歩き、美味しいものを求めて東へ西へ。なかでもラーメンは特別な存在。カフェでお茶する感覚でラーメン店へ赴き、パンケーキをオーダーするような口ぶりで、みそらーめんひとつ!と叫ぶヨミウリウェイ編集長岡﨑彩がお送りします」

ノン・小・中・大・超辛から辛さを選ぶ

カウンターのほかテーブル席も
辛さについての注意書き

みそらーめんはオーダーの際、辛さを5段階から選ぶことができます。一番数が出るのが中辛なのだそうですが、大辛、超辛をぺろりと平らげる強者も各店ごとにいるそう。どんな方が?と聞いてみると「うーん、女性の方が多い印象だね」と代表取締役の太田恒夫さん。

ライター岡﨑
ライター岡﨑
「そもそも、辛さを5段階にしたのってどんなきっかけがあったんでしょうか?」
太田さん
太田さん
「当時、山形で人気のあった辛みそを丼と別添えにしたラーメンを意識しつつ、それとは別のスタイルで提供することで、差別化を図ろうということになったのですよ。超辛をオーダーされる方もいらっしゃいますが『翌日の体調について当店は責任を負いかねる』ということをご承知いただいた上で提供しています。でもね……上には上がという感じで、常連さんの中には『超辛より更に辛く』という特別オーダーをされる方もいらっしゃいます。一般の方にはなかなかオススメできません!」
ライター岡﨑
ライター岡﨑
「ひえー! 超辛を超える辛さ……。なんか少年漫画みたいですね。辛さ無限大的な」

そして念願の実食タイム

手を合わせていただきますっ!
みそらーめん(770円)

今日は中辛をチョイス。ほどよい辛さを感じるスープは間違いのない味わい。メンマやワカメ、ニラ、チャーシューなど具だくさんで見た目も華やかです。つるっとした喉越しの良い麺は、24℃〜26℃の熟成庫で3日間寝かせたものを使用。シコシコした歯ごたえはこの工程があってこそ。

このラーメンに合うように専用のみそを

七日町店店長の佐藤修さん、32年のキャリア
使用する特注品のみそ

みそらーめんに使用されるのは、白麹の粒みそ。どっしりとした旨味があり、まろやかさも併せ持つ逸品です。スープのベースとなるのは、じっくりと煮込んで抽出する豚骨と鶏ガラ。

ライター岡﨑
ライター岡﨑
「鬼がらしのスープって、隠し味に魚介出汁を使ってると聞いてたんですが、隠し味と言うには存在感がありすぎる気がします! 全然隠れてない!!」
太田さん
太田さん
「そうですね。魚介の風味が強い。原価もかかるんですが、やっぱりパンチの効いたスープにするにはこのぐらい必要かなと思いまして。煮干し、たくさん使ってますよ」
ライター岡﨑
ライター岡﨑
「もうダブルスープと言っていいと思う!」

みそらーめんの進化系こと納豆らーめん

納豆らーめん(780円)

納豆汁や納豆餅、郷土料理の中に納豆料理が並ぶ山形県ならでは。平成6年にスタートした納豆らーめんも人気上昇中なのだそう。みそと納豆の相性が抜群で、糸引くならぬ後引くうまさ。

七日町店ならではの隠れポイント

しゃもじ型のメニュー表は創業当時のもの
裏には昔の値段表がそのまんま……!

七日町店からすべてがはじまったことが象徴されるようなメニュー表。今はなき「山のらーめん」、「海のらーめん」という当時のメニューもそのまんま残っています。

ライター岡﨑
ライター岡﨑
「変わらぬ味を守リ続ける老舗と美味しさの秘密がよくわかりました。パンチの効いたスープと、つるっとした麺。記事を書いていると、鬼がらしに行きたい気持ちでいっぱいになります!」

▼ラーメンDATA▼

・麺の太さ:中太麺
・スープの種類:魚介・豚骨・鶏ガラ
・スープの味わい:あっさり★★★

Yahoo!ロコ鬼がらし 七日町店
住所
山形県山形市七日町3-3-8

地図を見る

アクセス
山形駅[東口]から徒歩約22分
北山形駅[出口]から徒歩約24分
羽前千歳駅[出口2]から徒歩約54分
電話
023-631-1583
営業時間
11:00〜25:00(金土〜26:00) / 日曜11:00〜20:00
定休日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/「何食くらい出るんでしょうか?」と質問すると「県内の鬼がらし全店舗では1カ月で約24000食」と太田さん。七日町店は、営業時間が深夜までということもあり多くのお客様で賑わいます。昼はオフィス街のランチスポット、夜は〆のラーメンとして広く愛されているのがわかりました。

取材・文=岡﨑 彩 撮影=菊池元樹

月刊山形ZERO☆23

月刊山形ZERO☆23

毎月27日発行、300円

やまがたの街をもっと元気に! もっと楽しく! 「月刊山形ZERO☆23」は、山形の街・人をよりアグレッシブにする月刊タウン情報誌です。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES