1日20食のみ。煮干しと鰹節、究極の魚介系/山形

特集

【第5回】全国のタウン誌が選ぶ“本当にうまいラーメン”100選

2018/03/04

1日20食のみ。煮干しと鰹節、究極の魚介系/山形

麺・スープ・トッピングの細部まで研究し、試行錯誤の末に完成。素材も選び抜かれたものだけを使用。店主の心意気がしっかり込められた一杯が人気を集めています。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

ラーメンへの支出金額で山形市は全国1位。ラーメンにかける山形人の情熱はただならぬものがあります。なかでも数多くのラーメン通に愛されるお店が山形市にあるのですが、おいしさの秘密はいかに!? 熱い店主の思いにも迫ります!

お店に着きました!
ライター岡﨑
ライター岡﨑
「10年以上取材で山形県内を歩き、おいしいものを求めて東へ西へ。なかでもラーメンは特別な存在。遠足のおやつに『チャーシューは入りますか』と先生に聞いたことがあるほどの強いラーメン愛を持つ、ヨミウリウェイ編集長の岡﨑彩がお送りします」

オープンと同時に注文が入り、12時前にはなくなってしまう

清潔感のある店内

平日は11時から、土日祝日は15時から限定20食ということもあり、麺辰に来たことはあったけれど「とっつぁんらーめん」は未食。11時きっかりに「こんにちはー」。よし! まだあるようです。待望の一杯はもう目の前。店内には大きな窓があり、光がたっぷり差し込む広々とした空間。お庭も見えてゆったり気分です。小上りが広々としているので、休日はファミリー層やカップルでにぎわいます。

店主の鈴木敏彦さん
運ばれてくるのも早い! 

え? もうきたの? ということで、サーブされるのめちゃくちゃ早いしスタッフさんもみんなテキパキしていらっしゃる。

店主 鈴木さん
店主 鈴木さん
「当店では、どんなに忙しくても、着席してから10分以内に丼をお客様にお届けすることをコンセプトにしています」
ライター岡﨑
ライター岡﨑
「麺辰さんってたくさんお客さんがいらっしゃるのに、あまり待たされるイメージがないんですよ。その裏にはこういう努力があってこそなんですね」
店主 鈴木さん
店主 鈴木さん
「おなかが減ってる状態でいらっしゃるのが一番苦痛だと思いますから」

実食! これが「とっつぁんらーめん」だ

念願かなって初とっつぁん!
とっつぁんらーめん(680円)

湯気とともにふわーっと立ち上るのは、上品な海の香り。手を合わせていただきます。スープを口に運ぶと、雑味がなくどっしりとした煮干しの出汁を感じるのですが、その上で舞う華やかな鰹節の香りを感じます。魚介系によくある臭みはほとんど感じず、魚の澄んだおいしい出汁だけを味わっている感覚。

ライター岡﨑
ライター岡﨑
「おいっっしーー! これ、すごくいろんな出汁が複雑に絡み合ってるのに、全然臭みがないです」
店主 鈴木さん
店主 鈴木さん
「わたし自身が魚介系ラーメンのファンだったので、好きが高じてこの味にたどり着いたんですよ。煮干しは4種類、鰹節は3種類。すべての素材を吟味し、配合のバランスもかなり試行錯誤して生み出しました。その素材を使い、まる2日間かけてスープを作っているんです」
ライター岡﨑
ライター岡﨑
「限定20食っていうの、納得しました! こんなに手間がかかってるんだもん」

せっかくなので鶏ガラのスープの中華そばも

中華そば(580円)

こちらは鶏ガラから丁寧に抽出したスープでいただく中華そば。コクが深く優しい味わいのスープ、3週間かけて店主自ら手がける歯ごたえしゃっきりの極太メンマ、自家製の麺。具材とスープのバランスがとれた一杯で、どこかなつかしい味わい。

麺は自家製、くっきりとした食感が持ち味

レギュラー麺200g

4種類の小麦をブレンドした自家製麺は、ひとつひとつ手もみして麺に縮れを入れるそう。中太ではあるけれど歯ごたえ・喉越し・小麦の味わいなどの存在感は、一般的なラーメン店の太麺級。実はこれを超える太麺もあって、とっつぁんらーめん、中華そばともに変更可能。一度中太麺で食べたら、次は太麺を食べて比べてみるのもいいかも。

ライター岡﨑
ライター岡﨑
「ラーメンはもちろんのこと、お店の雰囲気作りにも余念がない店主鈴木さん。老若男女に愛されるお店である理由がお話の中から伝わってきました」

▼ラーメンDATA▼

・麺の太さ:中太麺
・スープの種類:魚介
・スープの味わい:こってり★☆☆

取材メモ/どのメニューのお話を聞いても、とめどなくストーリーがあふれ出す! 店主鈴木さんのラーメンにかける愛を強く感じました。ほか人気の「鶏中華」も食べてみたいです。

取材・文:岡﨑 彩 撮影:若木智美

※掲載の内容は2018年3月時点の情報に基づきます。
※2019年6月に店舗(住所、電話番号、営業時間など)、メニュー、料金などの一部情報を更新しました。

月刊山形ZERO☆23

月刊山形ZERO☆23

毎月27日発行、300円

やまがたの街をもっと元気に! もっと楽しく! 「月刊山形ZERO☆23」は、山形の街・人をよりアグレッシブにする月刊タウン情報誌です。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES