「天国に一番近い場所」?愛媛っ子ご用達の湯処「そらもり」とは

2018/01/24

「天国に一番近い場所」?愛媛っ子ご用達の湯処「そらもり」とは

「道後温泉」のイメージが強い愛媛県。実は愛媛っ子が足しげく通う湯処が他にあるってご存知でしたか?愛媛県出身の私を含む地元の友人らが「天国に一番近い場所」と絶賛している湯処へ、ミーハーライターSもとい「東道後のそらともり」通称:「そらもり」ファンのSが取材してきました!

ラプレ

ラプレ

\「天国に一番近い」のも納得。「東道後のそらともり」はここがスゴイ/

1.1日ゆったりできる複合温浴施設の価格はまさかの1,080円!
2.岩盤浴に約1万冊の漫画・雑誌…人をダメにするソファで至れり尽くせり
3.湯処だけじゃない!席数約150席のレストランで愛媛名物を堪能

1.1日ゆったりできる複合温浴施設の価格はまさかの1,080円!

松山市南久米に位置する「東道後のそらともり」は、「そらもり」の愛称で愛媛っ子に親しまれている複合温浴施設。「そらもり行く?」は愛媛県民からするともはや合言葉。「ランチ行く?」のノリで多用しております。Sもその中の一人で、帰省するたびに通っております。

この外観を見るだけで愛が止まりません。これぞ天国への入り口…
シックながらもゆったりしたフロントスペース

「そらもり」で使用される泉質は、「アルカリ性単純温泉」と呼ばれるもので独特のヌメリが特徴。一般的にph7.5以上のアルカリ性温泉が「美人の湯」とされる中、そらもりの天然温泉はなんとph9.2美肌効果が非常に高いことが分かります。そのほか、神経痛・肩こり・関節痛にもよく効くようですよ。

そんな「そらもり」にある温泉は、「電気風呂」、「水風呂」、「三玉の湯」、「あつ湯」、「ぬる湯」、「ねころび湯」、「つぼ湯」の7つ。私のおすすめは「つぼ湯」と「ねころび湯」!広々とした温泉の開放感は最高の極み…現実世界での嫌なことも忘れて心がクリアになりますね。

見てくださいこの開放感!まさに天国~

もちろんサウナも。30人以上収容可能の広々とした空間で、遠赤外線のサウナでリラックス効果抜群!オリジナルアロマブレンドを使用したロウリュサービスも嬉しい。

温泉と合わせて岩盤浴も利用可能。なんと、温泉(タオルセット+館内着)+岩盤浴のセットで価格は税込み1,080円。ちょっと天国過ぎませんか?(※ちなみにLINE会員になると980円(税込)になるそうです。1000円払うとお釣りが出る!)

2.岩盤浴に約1万冊の漫画・雑誌…人をダメにするソファで至れり尽くせり

岩盤浴は他施設でよくある時間制を設けておらず、時間無制限で何度でも利用可能。「女性専用岩盤浴」、「男女兼用岩盤浴」、腰掛けながら体を温める「陶板浴」の3つの部屋を用意しています。岩盤浴は、温度42度・湿度60%程度に保たれた部屋で全身をじっくり温め発汗。体内にたまっている毒素や老廃物を一気に排出します。いざ、心身ともにデトックス!

じっくりじっくり発汗…心身ともにデトックス…

岩盤浴から出ると、美肌効果が高いといわれている三玉水が待っていますよ(飲料無料、滞在中は飲み放題!)。また、氷の壁が印象的な-3℃の「冷凍ルーム」も完備。毛穴を引き締め、しわやリフトアップの効果が期待できます。

休憩は、漫画を読みながらダラダラを推奨。約1万冊(多い!)の漫画に雑誌も用意。1人1台テレビを独り占めできる「リクライニングシート」で読むもよし。畳に転がっている「人をダメにするソファ」の上で読むもよし。そのほか、日尾山を眺めながらぼんやり横になれる「雲のテラス」や、女性限定の「アロマルーム」まで!思い思いにリラックス。

約1万冊の脅威の品揃え。昔懐かしの漫画から最新の漫画まで
ペアシート席で友人や恋人とゆっくり休憩することも♬
完全に人をダメにする空間です※写真はソファなし

3.湯処だけじゃない!席数約150席のレストランで愛媛名物を堪能

温泉を楽しんでいるとお腹が空いてきた!なんて人も安心。そらもりには、約150人収容出来るレストランも完備。どの席も幅間を広く設けた仕上がりでゆったりと過ごせそう♪

レストランは席数約150席で広々。ゆったりとした時間が流れる~♪

メニューは「南予鯛飯(日向飯)」(1,280円)や「瀬戸内鯛ラーメン」(780円)など、愛媛の幸を楽しめるメニューがずらり。全部で約60種類。どれにするか迷っちゃいますね!レストランの料理にも全て三玉水を使用しているようです。また、女性に嬉しいスイーツメニューも。「おいりソフト」(320円)は、湯上りの火照った体におすすめ。夏には、三玉水を使用した「美肌のかき氷」も好評だそうですよ。

テラスは、現在「おこたなべ」で営業中。「外の開放感×ぬくぬくのこたつ」のベストコンビで、もつ鍋か今流行りのチーズタッカルビを楽しめるのは3月31日まで!4月からはBBQを楽しめるリア充空間に~!

「おこたなべ」では、今流行りのチーズタッカルビを楽しめます♪

「もうヤダ!帰りたくない!ここに住む!」という方も必見。1,620円(税込)の追加料金でオーバーナイトステイも可能です(※18歳以上の高校生不可)。紹介しきれませんでしたが、あかすり、ボディエステ、フェイシャルなどの女性に嬉しいメニューのほか、レトロバスで道後散策を楽しめる「宿泊」プランなども!

温泉に岩盤浴に…と1日中楽しめる「そらともり」で現実逃避してみませんか?

東道後のそらともり

住所 愛媛県松山市南久米町3番地1
アクセス 久米駅出口から徒歩約3分
      北久米駅出口から徒歩約9分
鷹ノ子駅出口から徒歩約16分
電話番号 080-970-1026
営業時間 
通常営業 朝5時~翌1時 / 受付終了24時
宿泊 24時間利用可能
オーバーナイトステイ(仮眠) 1:00~9:00(受付終了24時)
モーニング 7時~11時(食事だけの利用も可能)
レストラン通常
平日=11時~22時30分(L.O21時30分)
週末=11時~23時(L.O22時15分)
定休日 年中無休

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

この記事を書いたライター情報

ラプレ

ラプレ

大阪・関西を中心に、新しいお店、イベントなどの取材活動を行っています。地域ニュースサイト「梅田経済新聞」「なんば経済新聞」「大阪ベイ経済新聞」も運営しています。

ラプレ が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES