帰りの新幹線で! 有名料亭のエッセンス入り京都のお弁当5選

2016/04/19

帰りの新幹線で! 有名料亭のエッセンス入り京都のお弁当5選

五感で楽しむことができる有名料亭のエッセンスがたっぷりと詰まった贅沢な一折を5つ厳選してご紹介。どれも「ジェイアール京都伊勢丹」の地下2階、老舗名店弁当売り場で買うことができるので、京都からの帰りの新幹線のなかで、旅の思い出を語り合いながら食べてみたい。

エイ出版社

エイ出版社

老舗の味を手軽に味わう

せっかく京都に行ったなら、有名料亭の味を楽しみたい。しかし、ハードルが高く、そう簡単に名の知れた料亭に足を運ぶのは難しい。そんな人におすすめしたいのが弁当。一般的なお弁当よりも価格は少々お高めではあるが、老舗の味を手軽に食べることができる、目にも鮮やかで五感に訴えかけてくる逸品を見てみよう。

1.老舗の味が凝縮された弁当【はり清】

はり清(せ)の「季節の折詰」(3,780円)※2段重
はり清(せ)の「季節の折詰」(3,780円)※2段重

1659(万治2)年創業の老舗料亭がつくる、四季の移ろいを彩り豊かに表現した弁当。焼き物、煮物、揚げ物など、バラエティ豊かなおかずが二段重に凝縮されている。口に入れる前にまずは目で召し上がれ。

2.貴賓をもてなした季節の美味【岡崎つる家】

岡崎つる家の「つる家特製弁当」(3,780円)

エリザベス女王をはじめ数々の賓客をもてなしたことでも知られる料亭の弁当。蕗や揚麩など旬の素材を盛り込んだ煮物が多く入り、ダシの旨みを心ゆくまで味わえる。蜿豆(えんどう)ご飯や穴子の棒寿司など、2種類のご飯が入っているので、食べ比べも楽しい。

3.伝統の味わいを楽しむ【下鴨茶寮】

下鴨茶寮の「あいおい御膳」(2,160円)

「京料理 茶懐石」の料亭から、伝統に彩られた一折。焼き魚や和え物、季節を取り入れた炊き合わせといったさまざまなメニューが一度に楽しめる。古都の雅を感じさせてくれる、色とりどりの華やかな盛りつけに気分が躍る。

4.かわいさと美味しさの両立【花梓侘】

花梓侘(かしわい)の「つまみ寿し」(15貫2,916円)

蓋を開ければ思わず歓声が上がる、和菓子のように華やかな姿のひと口寿司。赤酢で甘みを抑えたシャリの上には、焼穴子や昆布〆の鯛にはじまり、大徳寺納豆を挟んだ才巻海老や生湯葉など京の美味が勢揃い。うちひとつは季節の和菓子が入る。

5.旬の味わいを手軽に食べられる一折【六盛】

六盛(ろくせい)の「丸弁当」(1,944円)

京料理を手軽にいただけると人気の名物「手をけ弁当」の、ボリューム感あふれる一折。直径18㎝の丸桶型の容器には、タケノコやサワラといった旬の食材が隙間なく詰められている。彩り豊かで繊細な味わいにファンも多い。

今回紹介した、5つの弁当は「ジェイアール京都伊勢丹」の地下2階にある老舗名店弁当売り場で購入が可能だ。駅に直結しているので、新幹線に乗る前にサッと調達することができるのもポイント。なかなか敷居が高く訪れにくい有名料亭の味を、ぜひ弁当で味わってみてはいかがだろうか。
※季節によって中身や形態が変更されることがあります。

Discover Japan 特別編集 ベスト・オブ・京都

Discover Japan 特別編集 ベスト・オブ・京都

2016.2.29/1,080円

これまで7年間にわたり京都特集を組み、取材してきたDiscover Japan。そのなかで特に好評だったものを選りすぐった総集編を発刊。この一冊で、京都に行ったら押さえておくべきスポットがわかります。

※この記事は『Discover Japan特別編集 ベスト・オブ・京都(P124)』を元に再編集・構成されたものです。掲載している情報は2016年3月25日時点のものです。予告なく変更される可能性もありますので事前確認をおすすめします。

この記事を書いたライター情報

エイ出版社

エイ出版社

年間600冊以上の雑誌・ムック・書籍を出版する出版社。動画、ウェブ、イベント、飲食店などを提供するコンテンツクリエイター集団でもある。バイク、自転車、サーフィン、釣り、登山、ゴルフなどの趣味や、ファッション、旅、飲食、暮らし、などのライフスタイルに強い。写真とデザインにこだわる。

エイ出版社 が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES