泡系スープのパイオニア! 計算され尽くした逸品を/奈良

特集

【第5回】全国のタウン誌が選ぶ“本当にうまいラーメン”100選

2018/03/04

泡系スープのパイオニア! 計算され尽くした逸品を/奈良

奈良県は“うまいもんなし”と言われることがある。しかし、この記事を読んだあなたはその言葉を疑い始めるだろう……。今回は、熱心なラーオタ(ラーメンオタク)さんも多く通う、奈良県内の超人気ラーメン店をご紹介!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

奈良県のラーメンシーンをリードする「ラーメン家 みつ葉」

近鉄奈良駅より電車で約15分の近鉄富雄駅。富雄駅周辺はスイーツ、イタリアン、居酒屋、ラーメンなど店の雰囲気・味ともに定評のある飲食店がひしめくエリアだ。この激戦区の中でも、有名店として名が挙がるのが「ラーメン家 みつ葉」

\私が体験レポートします/

富雄駅より徒歩約4分。みつ葉のマークが入った看板が目印! 今回はイケメンスタッフ内山くん(左)がお出迎えしてくれました!
ライターなっさん
ライターなっさん
「奈良県のタウン情報誌『ぱーぷる』編集部のラーメン担当(自称)、なっさんです。炭水化物の中では間違いなくラーメンが一番好き。最近は、つけ麺のシメのご飯を食べるためにジムに通っています……」
こちらが「ラーメン家 みつ葉」の人気メニュー「豚CHIKIしおチャーシューメン」(1000円)。どのアングルから撮影しても美しい!

まずは、店主の杉浦さんにインタビュー!

2011年9月にオープンした「ラーメン家 みつ葉」は、オープン当日の開店前から行列ができたほど、当初から話題の店。それ以降もその行列は絶えず、今ではラーメン店には珍しい整理券制に。「泡系スープ」を関西のみならず全国へと広めた店として知られ、関東からもその味を求めて客が訪れる。
極上のスープは国産のガラを使用、約8時間強火で煮込んだあと、スープを泡立たせることでクリーミーさをプラス。加水率48%の自家製モチモチ麺とよく絡み、その見た目からは想像できないほど印象に残る一杯となる。6年間、人気ラーメン店としての味を守ってきた店主の杉浦さんにインタビューをさせてもらった!

ライターなっさん
ライターなっさん
「『ラーメン家 みつ葉』といえば泡系スープが代名詞ですが、なぜ泡立たせるのでしょうか?」
店主 杉浦さん
店主 杉浦さん
「最初は乳化が目的だったので、泡立ててはいませんでした。麺への絡みなどをいろいろ試しているとき、すごく泡立ててしまったことがあって……。研究を重ねた結果、今のスープにたどり着きました」
ライターなっさん
ライターなっさん
「2大看板メニューの『豚CHIKIしょうゆラーメン』と『豚CHIKIしおラーメン』について教えてください!」
店主 杉浦さん
店主 杉浦さん
「オープンの際、“しょうゆ”をメインでやろうと思っていたので、しょうゆはインパクトある感じに。しおはもう少し優しいイメージで作りました」
ライターなっさん
ライターなっさん
「ラーメン店をオープンした理由は何ですか?」
店主 杉浦さん
店主 杉浦さん
「ラーメン店をする前は大手チェーンの飲食店で約9年間働いていたのですが、32歳の時に京都の人気ラーメン店に出合ったことがきっかけです。その店は今でも憧れですね」
京都の超人気店で修業をした店主の杉浦さん。オープン当初は夫婦二人三脚で、今では若手スタッフとともに店に立っている
「ラーメン家 みつ葉」はカウンター席が10席のみ。店内では生麺とスープがついた即席麺のセットも販売中(3食入り1080円)

「もっとたくさんの方に味わってほしい」と、2号店「ラーメン家 みつ葉 the second」をオープン

富雄店より少し南に位置する2号店「ラーメン家 みつ葉 the second」。注目のラーメンを一度でも味わいたいと、1号店に足が届かなかった客が続々と来店している。2号店にかける思いを杉浦さんと、若き店長の綿野さんにうかがった。

「ラーメン家 みつ葉 the second」の店長綿野さん(右)と、杉浦さん(左)。綿野さんは富雄店で約3年間修業したあと、26歳という若さで店を任されることに
ライターなっさん
ライターなっさん
「なぜ、2号店をオープンされたのですか?」
店主 杉浦さん
店主 杉浦さん
「奈良県の中南部の方にも『ラーメン家 みつ葉』の味を知ってもらいたかったからです。うまいもので奈良県を盛り上げていきたいという思いがありました。また、店の若い子に挑戦をさせてあげたかったというのもありますね」
ライターなっさん
ライターなっさん
「綿野店長はなぜ『ラーメン家 みつ葉』で働くようになったのですか?」
店長 綿野さん
店長 綿野さん
「約3年前にこのラーメンと出合い、独創的な見た目と唯一無二の味に惚(ほ)れたからです。働くようになってからは黙々と杉浦さんの味を勉強しました」
ライターなっさん
ライターなっさん
「綿野店長にとって杉浦店主はどんな存在ですか?」
店長 綿野さん
店長 綿野さん
「杉浦さんは、追い越す存在です!」

人気店の店主とは思えないほど物腰柔らかで柔軟な考えを持っておられる杉浦さん。「ラーメン家 みつ葉」のブランドを守りつつも、これから若い力を育てていきたいという思いなど、その人柄や考え方には、異業種であっても学ぶことがたくさんある。

「ラーメン家 みつ葉 the second」も「豚CHIKIしおチャーシューメン」(1000円)が人気。この味を求めて遠方から足繁く通う客は数知れず
さっそく私もいただきました! 女子でも飲み干せる極上スープと食感の良い麺は何度食べても“うまい”!
「ラーメン家 みつ葉」の代名詞「泡系スープ」は「ラーメン家 みつ葉 the second」でも富雄店の製法が受け継がれる
チャーシューは丁寧に下処理された豚の表面を高温で焼き、オーブンで低温調理しているため、うまみが中に閉じ込められている
「豚CHIKIしおチャーシューメン」と人気を二分する「豚CHIKIしょうゆラーメン」(800円)

「豚CHIKIしょうゆラーメン」と「豚CHIKIしおラーメン」の2大看板を背負う「ラーメン家 みつ葉」。気持ちのいいかけ声と鶏豚骨スープの香りに引き寄せられ、学生、サラリーマン、女性客が入れ代わり立ち代わり店に入って行く。ビジュアル・味・香り、細部までこだわり抜いた手作りの一杯をぜひ味わってほしい。

▼ラーメンDATA▼

・麺の太さ:中太麺
・スープの種類:豚骨・鶏ガラ
・スープの味わい:こってり★★☆

取材メモ/ここだけの話……3/28(みつ葉)の日には、ものすごい行列ができるほどの激ウマラーメンが味わえる! 他にも「つけ麺」や「コラボ」などの限定メニューもあり! また、即席生麺は「ラーメン家 みつ葉second」、JR奈良駅の「奈良のうまいものプラザ」等で販売。インスタント袋麺は奈良県内の一部セブンイレブンにて販売。

取材・文・撮影=ぱーぷる編集部 なっさん

月刊タウン情報誌ぱーぷる

月刊タウン情報誌ぱーぷる

毎月25日発売、450円

「週末・休日のお出かけをもっとハッピーに!」をコンセプトに、奈良に精通した編集者が選りすぐった情報をお届けするマガジン。発行エリア:奈良県内の書店・コンビニ、一部京都・大阪、発行部数:40000部。

\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES