パーク初登場キャラが続々! TDSのピクサーイベントを体験!

特集

冬の東京ディズニーシーは「初めて」がいっぱい!

2018/01/13

パーク初登場キャラが続々! TDSのピクサーイベントを体験!

東京ディズニーシーでは、1月11日(木)からディズニー/ピクサー映画に出演するキャラクターと会える初開催のイベント「ピクサー・プレイタイム」が開始! 今回はその中から全16キャラクターが登場するショー「ピクサー・プレイタイム・パルズ」を徹底レポート。パーク初登場のキャラクターも!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

東京ディズニーシー初イベント「ピクサー・プレイタイム」

6キャラクターがパーク初お目見えするメインショー♪
「ピクサー・プレイタイム・パルズ」をレポート!

ライターSがショーの全貌をお届けします!

こちらのショーが行われるのは、メディテレーニアンハーバーのピアッツァ・トポリーノ。4つのチームに分かれたゲストが、ショーの中でピクサー・パルズ(ピクサーの仲間たち)と3つのゲームに挑戦! みんなで力を合わせて、クリアを目指します。

ステージ上で行われるキャラクターたちの掛け合いも必見! フィナーレではキャラクターたちに間近で会える、グリーティングタイムもあるのでお楽しみに♪

\「ピクサー・プレイタイム・パルズ」を見どころ別にレポート!/
1.パーク初登場のキャラクターに会える♪
2.ピクサーの仲間と3つのゲームを楽しもう!
3.間近で会えるお楽しみのグリーティングがラストに!


1.パーク初登場のキャラクターに会える♪

ショーに登場するのは『トイ・ストーリー』シリーズ、『Mr.インクレディブル』『モンスターズ・インク』シリーズ、『レミーのおいしいレストラン』『カールじいさんの空飛ぶ家』『メリダとおそろしの森』『インサイド・ヘッド』の7作品。

全16キャラクターに会うことができますが、中でも注目なのがパーク初登場の6キャラクター♪ 

『トイ・ストーリー』シリーズからは、人気のテディベアが初参加!

\初登場キャラクターをチェック!/

ピンク色で、見た目は愛らしいロッツォ・ハグベア

映画『トイ・ストーリー3』(2010年公開)に登場するくまのぬいぐるみ♪ 抱きしめるとイチゴの香りがするのが特徴。映画の物語の中では、実は保育園のおもちゃを支配する悪のリーダーでした。

続いては活発な王女として知られるメリダ

ダンブロッホ王国の王女・メリダ

『メリダとおそろしの森』(2012年公開)の主人公で、国で一番の弓の名手。王女らしからぬおてんばぶりや、母親に反発をする面を持つなど、芯(しん)の強い王女です。大人っぽいグリーンのドレスがすてき♪

話題となった映画からはこのふたりが仲間入り!

映画『インサイド・ヘッド』(2015年公開)のヨロコビ(左)とカナシミ(右)

11才の少女ライリーの頭の中にいる、5つの感情たちの中のふたり。映画の中ではヨロコビカナシミがライリーの心の中で迷子になってしまい、気持ちを取り戻すために大冒険をします。ショーでのふたりのしぐさや動きも、まさにヨロコビとカナシミ、そのものですよ。

料理上手なネズミシェフもやってきた!

『レミーのおいしいレストラン』(2007年公開)からは、一流レストランのシェフになることを夢見ている料理の天才・レミーが登場。レミーにはもうひとつのショー「レミーの“誰でも名シェフ”」でも会うことができます。

そして最後は『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年公開)のダグ

気持ちよさそうなふさふさの毛にきゅん♪

カールじいさんが旅の途中で一緒に行動することになった犬。映画と同じく、首には犬語翻訳機をつけています。ショーにはカールじいさん、ラッセルといっしょに参加!

こちらの6キャラクターは、ショーの終盤に登場するので、最後までしっかりチェックしましょう!

2.ピクサーの仲間と3つのゲームを楽しもう!

「ピクサー・プレイタイム・パルズ」の特徴は、ショーを鑑賞しながら、ゲストもゲームに参加できるところ! ステージの上にはモニター画面と、ピクサー・プレイタイム・パルズ特製マシンが設置されています。

はじめにMCとダンサーがショーの流れを説明

鑑賞エリアはパープル、グリーン、レッド、イエローチームの4つに分けられます。ゲームによりチームが団結すると、その団結力がエネルギーに変化! ステージ上のピクサー・プレイタイム・パルズ特製マシンのチームの色の矢印が、エネルギー量に合わせて上がるようになっています。

イエローチームのエネルギーにより、イエローの矢印が上昇中!

それぞれのチームは、自分たちのエネルギー量を増やすためにゲームのクリアを目指します。最初のゲームのテーマは『トイ・ストーリー』! ゲストはウッディたちの仲間になるために、おもちゃのポーズを練習しますよ。

上手にポーズができるようになると、ウッディたちがステージに現れます。

ウッディ、ジェシー、バズ・ライトイヤー、ブルズアイがステージに!

ウッディたちは各チームのリーダーとなり、自分をイメージしたポーズをゲストにレクチャー。ゲストは掛け声に合わせて、自分のチームのリーダーのポーズをまねしてピクサー・プレイタイム・パルズ特製マシンのゲージを上げていきます。

ジェシーのポーズの掛け声は「ジェシーのヨーデル、ヨロレイヒー♪」

ウッディは「ウッディ、保安官、正義の味方」、バズは「無限の彼方(かなた)へ、さあ行くぞ」、ブルズアイは「走れ、ブルズアイ、風のように」が掛け声! しかし各チームなかなかポーズがそろわず、ゲージが上がらない……。ついに4つのチームが団結して、最後はみんなで同じポーズを決めます! エネルギーをためるのに成功♪

次のテーマは家族全員がヒーローの映画『Mr.インクレディブル』(2004年公開)。

ポーズからして強そう!

正義の味方で主人公のMr.インクレディブルは、ゲストにヒーローのエクササイズを伝授! 鑑賞エリアのゲストは立ち上がり、ポーズをまねしてゲームに参加します。するとそこに敵のシンドロームのロボット“オムニドロイド”が出現!

会場は一気に妖しい雰囲気に……
そこにインクレディブル夫人が助けに参上!

オムニドロイドを倒すために、みんなでヒーローエクササイズを踊ります。

ライターSも悪を倒すために、まねして踊ります!
続いてはウミガメのスクワートやタコのハンクが泳ぐ、海の世界へご案内!

次のシーンは映画『ファインディング・ニモ』(2003年公開)の世界。泡の中に入ったニモドリー、仲間たちが、会場のあちこちをふわふわ。ゲストの上で泳ぎます。

会場中をニモたちが海遊!

すると父親のマーリンが息子のニモを探していることが判明! ゲストはイソギンチャクの中にニモとマーリンを運ぶお手伝いをします。

ふたりは無事に会うことができました♪

見事3つのゲームをクリア! ゲストも一緒にゲームに参加できるのが、とても新鮮です。

3.間近で会えるお楽しみのグリーティングがラストに!

ゲームが終わると、“もっとたくさん仲間に会いたい”とゲストがお願いをします。みんなで自分の好きなキャラクターのことを考えていると、なんとさらにたくさんのキャラクターがあちこちから登場します。

『モンスターズ・インク』(2002年公開)のサリーの大きさにびっくり!
サリーの親友マイクはギョロっとした目でご挨拶!
『カールじいさんの空飛ぶ家』で、カールじいさんと一緒に旅に出たラッセルが会いに来てくれました!
もちろんカールじいさんもいますよ!

全員の気持ちがひとつになり、最後にはピクサー・パルズの象徴である高さ約10mの巨大なバルーンが浮かび上がってフィナーレを迎えます。

おもちゃ箱からバルーンが飛び出した!
たくさんのキャラクターが会場を盛り上げ、ショーは終了!

取材メモ/パークで初めて体験する、たくさんのピクサーの仲間と会えるイベントに大興奮! 初登場のキャラクターにいっぺんに会えてとにかくうれしかったです♪ ゲストもショーに参加することでドキドキワクワク! みなさんテンションが高くて、寒くても“熱い”ショーでした。

▼ショーデータ▼
東京ディズニーシー
「ピクサー・プレイタイム・パルズ」

公演期間:1/11(木)~3/19(月)

公演場所:メディテレーニアンハーバー(ピアッツァ・トポリーノ)
公演時間:約25分(1日2~3回公演)
出演者数:38人

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

東京ディズニーシー
「ピクサー・プレイタイム」

開催期間:1/11(木)~3/19(月)

チケット料金:
1デーパスポート/大人(18才以上)7400円、中人(12~17才)6400円、小人(4~11才)4800円
スターライトパスポート/(土日祝の対象日15:00~入園可能)大人5400円、中人4700円、小人3500円
アフター6パスポート/(平日の対象日18:00~入園可能)一律4200円

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

Yahoo!ロコ東京ディズニーシー
住所
千葉県浦安市舞浜1-1

地図を見る

アクセス
ベイサイド・ステーション駅[出口]から徒歩約15分
東京ディズニーシー・ステーション駅[出口]から徒歩約26分
舞浜駅[出口]から徒歩約34分
電話
0570-00-8632
営業時間
9:00~22:00 ※季節・曜日により異なる ※運営時間が変更となる可能性があります。必ず東京ディズニーリゾートのオフィシャル・ホームページでご確認ください。
定休日
年中無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材・文=酒井明子、撮影=山下陽子 ©Disney ©Disney/Pixar

\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES