熱々の極太麺に玉子&特製ダシが絡む「釜玉油そば・熱釜」/香川

熱々の極太麺に玉子&特製ダシが絡む「釜玉油そば・熱釜」/香川

2018/03/04

全国にも名の知れる三豊市の人気店「はまんど」の姉妹店として、地元のラーメンファンを唸らせる“讃岐”ならではのラーメンが味わえるお店。「うどん県」で生まれ育った讃岐ラーメンの神髄を味わい尽くしてみてはいかが。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

極太の熱々麺に特製ダシと玉子が絡みつく「釜玉油そば・熱釜」

地域に密着したお店として、地元のラーメンファンの舌を虜にしてきた「ラーメン食堂 虎右ヱ門」。姉妹店「はまんど」をリスペクトしつつも独自の進化を続けるラーメンは、讃岐ラーメンの一翼を担うにふさわしい味わいです。熱々の極太麺と玉子&特製ダシが混然一体となった魅惑の一杯を味わい尽くしてみて!

\私が体験レポートします/

さぬき豊中ICから車で7分の位置にあるお店
ライター山下
ライター山下
「美味しいものを食べるのが大好き。特にラーメンなら、1軒で2杯食べちゃうこともあるラーメン大好きな『月刊ナイスタウン』編集部の山下です。香川といえばうどんのイメージですが、実はラーメンも美味しいんですよ。香川に来たなら、ぜひ味わって欲しいラーメン店をご紹介しちゃいます!」

ラーメンはもちろんサイドメニューも充実!

いらっしゃいませ!
人目を気にせずラーメンを楽しめる半個室のカウンター席
お座敷席でゆったりのんびりとラーメンを味わうのもOK

店内には半個室のカウンター席の他に、個室テーブル席やお座敷席もご用意。メインはもちろんラーメンですが、定食メニューやサイドメニューも充実したラーメン食堂としての一面も。お昼のランチセットも人気です。

ヤミツキ必至! 数量限定の「釜玉油そば」

まるでうどんのような極太の麺
特注の極太麺は、茹で上げるのになんと12分もかかるそう
極太麺の上にたっぷりの具材と生玉子が乗ったボリューミーな一杯!

チャーシュー、メンマ、生玉子と熱々の極太麺の上に盛り付けられたボリューミーな具材に、食欲&期待感が高まる「釜玉油そば・熱釜(800円)」は1日20食限定のメニュー。特製ダレ生玉子を熱々の麺と一緒にかき混ぜて、タレを含んだ半熟玉子が極太麺によく絡んだら準備完了。モチモチした食感の極太麺を一気にすすり込めば、特製ダレと半熟玉子が織り成す爆発的なうまみが口の中いっぱいに広がります。一度食べればヤミツキになるというのも頷ける美味しさの一杯です。

麺と玉子&タレがよく絡むようにしっかりと混ぜてからどうぞ
ライター山下
ライター山下
「この麺、ホントにすごく太いですね。まるでうどんみたいです」
店主 大井さん
店主 大井さん
「特注の極太麺でモチモチした食感が特徴です。実は茹で時間もうどん並みにかかるので、注文してからお出しするまで、少し時間をいただくことになります」
ライター山下
ライター山下
「一度食べればヤミツキになる方も多いと聞いていますが」
店主 大井さん
店主 大井さん
「嬉しいことに、確かにリピーター率は高いですね。普通盛りでもボリュームがあると思うのですが、中には大盛りをいつも注文される常連さんもいますよ」
こってり系スープに辛みをプラスした「赤白湯そば」
店主 大井さん
店主 大井さん
「あっさり系、こってり系とさまざまなラーメンをご用意していますが、今女性に人気なのが『赤白湯そば(880円)』。こってり系の白湯スープに辛みを加えた旨辛ラーメンです」
ライター山下
ライター山下
「ラーメンラインアップが豊富なのも魅力ですね。どれを食べるか迷っちゃいます」
県道224号線に面したお店は赤塗りの建物が目印
ライター山下
ライター山下
「熱々の麺に生玉子を絡める発想は、「釜玉うどん」発祥の香川ならでは。美味しさはもちろん、ビジュアル的にも讃岐ラーメンの名に相応しい一杯でした。追加で特製白湯スープを加えるとまた違った美味しさになるのだとか。次に来た時にはぜひ試してみたいですね」

▼ラーメンDATA▼

・麺の太さ:極太麺
・スープの種類:豚骨・丸鶏・魚介
・スープの味わい:こってり★☆☆

取材メモ/地域に根差したお店として、お客さんを第一に考えたラーメン作りでファンの心を掴んでいるのがよく分かりました。ぜひ多くの人に、讃岐ラーメンの美味しさを味わってみて欲しいですね。

取材・文=山下麻衣 撮影=横田正和

※掲載の内容は2018年3月時点の情報に基づきます。
※2019年6月に店舗(住所、電話番号、営業時間など)、メニュー、料金などの一部情報を更新しました。

NICE TOWN

NICE TOWN

毎月20日発行、480円

食べる・遊ぶ・買うなど、様々なニーズに役立つ、使えるタウン情報誌として愛され続け、2018年創刊42年を迎えました。若者から年配の方まで、読者が求めるあらゆる情報を、タイムリーに提供しています。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

特集

連載