これは撮りたい「ピンクすぎて衝撃!」な名古屋のクレープ屋

特集

先週の人気記事 TOP10 (1/29~2/4)

2018/01/29

これは撮りたい「ピンクすぎて衝撃!」な名古屋のクレープ屋

2017年度の流行語大賞にも選ばれた「インスタ映え」。その勢いは2018年もとどまらず、名古屋・いりなか駅前に衝撃的なクレープ屋さんが登場した。やりすぎレベル、ピンク一色の「クレープダイニング アーチ」に突撃!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

いりなか駅すぐ!
「Crepe dining Arch」

エステサロンやネイルサロンにも見える外観

2017年12月22日にプレオープン、2018年1月10日ごろから本格始動したという「Crepe dining Arch(クレープダイニング アーチ)」(以下「アーチ」)。
地下鉄鶴舞線いりなか駅1番出口を出てすぐ、杁中(いりなか)交差点の角という目立つ場所にある。キラキラ感あふれるお店だが、実は男子グループもそこそこ多いそうだ。

フォトジェニックな「インスタ羽根」、あります!

店内には、記念撮影を楽しむ母娘の姿も

アーチの店内は、ピンク一色。そう広くはないが、テーブルやカウンターがうまく配置され、混雑時でもグループ同士が適度な距離を保てるように工夫されている。

目がくらむほどのピンク!

そして、なんといっても目を引くのが、オーナーの知人であるアーティストが描いたというこの大きな白い羽根。これは「インスタ映え」ならぬ「インスタ羽根」!

背の低い子どもの場合は羽根よりも手前に立たせ、遠近感を利用すると上手に撮れる

羽根の使い方は自由だが、定番はやはりクレープを手にした「天使の羽根」ショット。お店のInstagramを覗くと、足を高くあげてポージングするバレリーナの写真などもアップされているので参考にしてみよう。

ボリューミーでかわいいクレープ!

クレープで、乾杯!

アーチのクレープは、300円からとお手頃価格。2018年1月現在は「インスタフォローでトッピング1個無料」「ホイップクリーム増量無料」といったサービスも行われているので狙い目だ。

ちなみに写真左は「イチゴチョコホイップアイス」(450円)、右は「イチゴバナナチョコホイップクリーム」(470円)のホイップ増量バージョン。ホイップクリームの高さに注目!

「チョコバナナカスタードアイスホイップ」(490円)はボリューム満点

アイスクリームはバニラ・チョコ・ストロベリー・雪見だいふく(+30円)の4種類から選べる。「とにかくチョコレートが大好き!」という人はチョコアイスにチョコソースのチョコ尽くしをどうぞ!

食事系クレープは4種類

ツナマヨやハムエッグといった食事系クレープも、もちろんある。こちらは熱いクレープで巻かれて提供されるので、寒い日に小腹が空いたらこちらもオススメだ。

サービス満点で居心地抜群!

派手なピンクでは落ち着かないかと思いきや、なぜか居心地のよいアーチ。オーナー一人でクレープを作っているため混雑具合によってはかなり待つこともあるが、店内にイライラした空気はなく、みんな楽しげだ。

「あるといいな」と思うグッズがずらり

アメニティの充実も、ゆっくり待てる一因だろう。コンセントや充電器だけなく自撮り棒も用意されており、ベストショットの撮影準備は万端。もちろん、Wi-Fi完備!

おかわり自由で100円は格安!

アーチの客層は学生中心だが、大人にうれしいのは「コーヒー100円、おかわり自由」というサービス。100円のコーヒーをイートインできて、さらにおかわり自由とは太っ腹だ。クレープとコーヒーで最安400円とは、コスパ抜群!

取材メモ/派手なお店でありながらくつろげるのは、男性オーナーのお人柄でしょう。誰とでも気軽にトークしつつ、プライベート空間はしっかり守る気づかい。学生たちに人気がある秘密がよくわかりました。

取材・文・撮影=一番ヶ瀬 絵梨子(日本プリコム)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

SERIES