日本初上陸! 青山に誕生したショコラ専門店がオシャレすぎた件

特集

笑顔が生まれるバレンタインギフトスイーツ

2018/02/07

日本初上陸! 青山に誕生したショコラ専門店がオシャレすぎた件

有名ショコラティエのショップが集まる東京・青山に、2018年1月18日(木)、フランス発のショコラ専門店「ジャン-シャルル・ロシュー 東京」がOPEN。パリの一流ショコラティエ・ジャン-シャルル・ロシュー氏が手がけるスペシャルなショコラが味わえる注目のショップをご案内。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

【ココがポイント!】

1.オシャレ過ぎる空間でショコラ&アートを体験
2.一流ショコラティエが作るスペシャルなショコラ
3.ロシュー氏のイチオシのショコラはこちら

ジャン-シャルル・ロシューとは?

東京店のカウンターに立つロシュー氏

パリのサンジェルマン通りにショップを構えるジャン-シャルル・ロシューは、ショコラの祭典「サロン・デュ・ショコラ」でも人気のショコラブランド。生のフルーツを使ったフレーツタブレットや、まるで花びらのようにうつくしいカルーセルショコラ、カカオの産地からこだわったビターショコラなど、味も見た目もスペシャルなショコラを創作し、世界中のファンに愛されている。

「表参道駅から徒歩約4分、ジャン-シャルル・ロシュー 東京に到着しました。普段はコーヒーのお供にチョコを食べることが多いライターHです。チョコはミルクよりビター派」

2018年1月18日(木)、骨董通りの脇道に複合施設「NOIRビル」が開業。このビルの1Fにジャン-シャルル・ロシュー 東京はOPENした。パリに本店を構える日本初上陸のショコラブランドということで、果たしてどんなショコラに出合えるのか、期待に胸を膨らませていざ店内へ!

\内観はこちら!/

四方の壁がガラス張りになっていて、中央には存在感たっぷりのカウンターが。こ、これはオシャレ過ぎる……!

ショップに入るとスタイリッシュなシルバーのカウンターが目に飛び込んでくる。カウンターの上には動物や建物をモチーフにした型押しショコラがズラリ

さらに、四方の壁がガラス張りになっていて、写真や植栽が飾られている。細部までこだわり抜いたオシャレな空間は、非日常的な気分が味わえて、テンションが上がること間違いなし

\店長はこの方!/

東京店の店長を務める池畑光士郎さん

ーーなぜ青山にOPENされたのでしょうか?

店長・池畑光士郎さん
店長・池畑光士郎さん
「青山は名ショコラティエのショップが集まる、ショコラのトレンドの発信地です。ジャン-シャルル・ロシュー 東京は、そんな青山にある隠れ家的なショップなので、ふらっと訪れた方が『また来たいな』と思える場所になればうれしいです」

1.オシャレ過ぎる空間でショコラ&アートを体験

ガラスのショーケースには、ロシュー氏が丹精を込めて作ったショコラが並ぶ

ーーうわっ、チョコの種類が豊富ですね!

店長・池畑光士郎さん
店長・池畑光士郎さん
ビターショコラを中心に、約30種類をご用意しています。これだけの種類のショコラを揃えるショップは、都内でも珍しいのではないでしょうか」
非常に細かい彫刻が施されたクロコダイルのショコラ(非売品)
ラブリーなテディベアのショコラ(非売品)
今にも動き出しそうなハリネズミのショコラ(非売品)
エッフェル塔など建物をモチーフにしたショコラも(非売品)

ーーカウンターの上には動物や建物をモチーフにしたチョコが飾られていて、どの角度から写真を撮ってもフォトジェニック……。

店長・池畑光士郎さん
店長・池畑光士郎さん
「1点1点がロシューの手作りなんですよ。さまざまな形がありますが、特にクロコダイルのショコラにはロシューの特別な思いが込められています。ロシューは子どもの頃からクロコダイルに強い愛着をもっていて、東京店のカウンターやショコラの箱にも、クロコダイルの柄が使われています」
「アルファベット ミルクorビター」(各940円)

ーーアルファベット型のチョコもかわいいですね!

店長・池畑光士郎さん
店長・池畑光士郎さん
「パリでも人気の商品です。アルファベットのA〜Zまで26種類の形があり、それぞれミルクとビターをご用意しています。誕生日やパーティーなどで飾ると盛り上がりますよ」
(写真左から)「PATE A TARTINER NOISETTE」(100g 3500円)と「PATE A TARTINER FRAISE」(100g 3500円)
店長・池畑光士郎さん
店長・池畑光士郎さん
「当店ではタルティネ(ペースト状のショコラ)も販売しています。ヘーゼルナッツを使ったPATE A TARTINER NOISETTEとイチゴ風味のPATE A TARTINER FRAISEの2タイプがあり、パンにつけると抜群においしいんですよ。また、トリュフの生ショコラを1年中取り扱っているのも、ロシューならでは。こちらは上質な生のショコラで、口に入れた瞬間に溶けてしまいます」
トリュフ(生ショコラ)「MOYENNE TRUFFE」(32個入り 3300円)は、パリでも売れ筋の商品。なめらかな口どけに魅了される人が続出中

ーーところで、カウンターを取り囲むようにさまざまな写真が飾られていますね。なんだか美術館にいるような気分になってきました。

店長・池畑光士郎さん
店長・池畑光士郎さん
空想美術館をコンセプトに、サラ・ムーン氏森山大道氏など、世界的に高い評価を受けている写真家の作品が飾られています。ビルのオーナーが所有する貴重な作品です。ロシューのショコラと一緒にアートもお楽しみください」
カウンターの後ろには、世界的に有名なフランスの写真家サラ・ムーンの作品がズラリ

2.一流ショコラティエが作るスペシャルなショコラ

「MAKER’S MARK」(350円)。バーボンウィスキー・Maker’s Markのガナッシュショコラ

ーー豊富な種類のチョコが並んでいますが、ロシュー氏のチョコの特徴を教えていただけますか?

店長・池畑光士郎さん
店長・池畑光士郎さん
「まずはノワールショコラ。マダガスカル産をはじめとする厳選されたカカオと、スペイン産のマルコナ・アーモンドを使用し、砂糖はほとんど使いません。非常に丸みのある角のないビターショコラで、さっぱりしていて食べやすいんですよ」
毎週土曜日に30個限定で販売される「フルーツタブレット」(3300円〜)。ジューシーなフルーツと風味豊かなショコラのコンビネーションは抜群
店長・池畑光士郎さん
店長・池畑光士郎さん
「このフルーツタブレットもロシューならではのショコラです。パリ本店でも土曜日のみ販売していて、ロシューといえばこのフルーツタブレットを思い浮かべる方も多いんですよ」
「CARROUSSEL MACHINE」(5000円)、「RECHARGE CHOCOLAT POUR CARROUSEL NOIR」(100g 2000円)
店長・池畑光士郎さん
店長・池畑光士郎さん
「ロシューのもう一つの特徴が、このカルーセルショコラ。カルーセル(ショコラ削り機)にショコラをセットしてハンドルを回すと、まるで花びらのようなうつくしいショコラを削り出すことができます」

3.ロシュー氏のイチオシのショコラはこちら

(写真は左から)「SANSYO」、「ALBERTINE」、「LOUISE」、「TRINITE」、「LOJA」

ーーロシュー氏のオススメのチョコを教えていただけますか?

店長・池畑光士郎さん
店長・池畑光士郎さん
「山椒(さんしょう)を使ったプラリネショコラ『SANSYO』です。ロシューが日本で初めて山椒を食べたとき、『私のショコラに合う』と確信して創作されたショコラで、山椒がピリリとアクセントになっていて、この味は一度食べたら忘れられませんよ」
セレクトしたショコラは目の前でパッケージに詰めてくれる
店長・池畑光士郎さん
店長・池畑光士郎さん
「その他、クロコダイル柄のヘーゼルナッツが入った『ALBERTINE』や、フレッシュバジルを使った『LOUISE』、カシスのフレッシュな酸味が楽しめる『TRINITE』、香り高いバラのガナッシュ『LOJA』もオススメです」

まだまだあります! こだわりのショコラ

コーヒー好きにはたまらない! コーヒー風味のガナッシュショコラ「CARIPE」(350円)
炒りアーモンドとヌガティーヌ(水飴や砂糖をキャラメル状に煮詰め、ナッツを加えて薄くのばしたもの)でコーティングしたミルクショコラ「MACAS LAIT」(350円)
ハチミツ風味のガナッシュショコラ「MAMOUROS」(350円)
店長・池畑光士郎さん
店長・池畑光士郎さん
「どれにしようか選ぶのを悩んでしまう……。そんな方は、私たちスタッフが一緒にショコラを選ばせていただきますので、お気軽にご相談ください」

オススメのお立ち寄りスポットはこちら!

NOIRビルのB1Fにある会員制のバー「véronique」

「買ったショコラを今すぐに食べたい!」。そんな方にオススメなのが、NOIRビルのB1Fにある会員制のバー「véronique」だ。この店では、ドリンクを1杯注文することで、ジャン-シャルル・ロシュー 東京で買ったショコラを食べてもOK。また、NOIRビルの2Fにはアートギャラリーがあるので、ロシュー氏のショコラとセットで楽しむのもオススメ。

「1つ1つのチョコがまるで彫刻のようにうつくしい……。時間を忘れてずっと眺めていられますね」(ライターH)

「ショコラは全ての人々の本能を呼び覚まし、幸福を分け与えるスイーツ」と語るロシュー氏。東京店は、そんなロシュー氏のショコラへの愛情、そして情熱がぎっしり詰まった注目のショップだ。

Yahoo!ロコジャン-シャルル・ロシュー
住所
東京都港区南青山5丁目12-3

地図を見る

アクセス
表参道駅[B1]から徒歩約4分
渋谷駅[12]から徒歩約15分
明治神宮前駅[エレベータ]から徒歩約15分
電話
03-6805-0854
営業時間
月~日 11:00~20:00
定休日
不定休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/ガラスのショーケースに並ぶロシュー氏のチョコを眺めながら、「これ、バレンタインでもらったらめちゃくちゃ嬉しいだろうな……」と想像を巡らせてしまいました(笑)。世界中のショコラファンを虜(とりこ)にするスペシャルなチョコ、バレンタインの贈り物にぜひ!

取材・文=樋口和也(シーアール) 撮影=浅野誠司(一部の写真を除く)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES