時代の流れと共に…。創業70周年を迎える北九州の時計店

2018/02/02

時代の流れと共に…。創業70周年を迎える北九州の時計店

先祖代々にわたって伝統的な事業を行い、長年愛され続けている店が多い街・北九州。そんなお店の看板を背負いながらも、前進し続ける次世代の担い手たちを紹介するコーナーです。

リビング福岡・北九州

リビング福岡・北九州

今年で創業70周年を迎える「宝石・時計・メガネ ウシジマ」

1948年、若松市明治町銀天街あやどり市場に誕生した「宝石・時計 ウシジマ」は、今年創業70周年を迎えます。全盛期は、若松に2店、小倉と下関にも店舗を構えていました。

(写真左から)創業当時の店頭(祖母)、1956年の従業員たち

昭和40年代前半に現在地に移転し、1983年3月に本店が全焼しましたが、同年末に再開。1982年に若松井筒屋前に開業した「ウシジマメガネ」も2008年に現店舗に移転し、時計と宝石、メガネなどを取り扱っています。

現在は、2代目の牛島淳一さんと3代目の息子の源(みなと)さんが店を守っています。「戦後間もなく物のない時代に中古の時計を仕入れ修理して販売したのが始まりです。

(左から)3代目の源さん(36)、2代目の淳一さん(64)

今は、店はもちろん、シャッターが目立つこの商店街をもっと元気にしたいです。創業当時のように、時代のニーズに合わせ、臨機応変に対応していきます」と源さん。宝石問屋での経験を生かしてジュエリーデザインなども手掛けるだけでなく、空き店舗を利用した若松野菜を取り扱う店も始めました。

店舗の斜め前にオープンした「若松んもん やおや」。若松区内を車で回る移動販売も喜ばれています

また、地元の有志と一緒に「若松がんばろう会」で、若松みなとまつりや商店街でのイベントなどを企画・運営。若松に活気を取り戻そうと、昨年は「クロス乾杯で世界記録」というイベントを成功させました。

3代目・牛島源さん「ずっとこの町で生きていくことが目標です。そのために、いろんなことにチャレンジしています!」

2代目から3代目へひと言

「お店のことも、商店街や地域のことも一生懸命がんばってください」

【こだわり】時計やメガネの修理・調整の技術

個人商店のいいところは、調整や修理を店頭で対応できる技術があること。同店でも、時計やメガネ、宝石の調整や修理、お客さんの相談に気軽に対応しています。

若松にほとんどなくなった個人の時計・宝石の専門店。お客さんの“困った”に素早く対応できる技術を守り続けています
Yahoo!ロコ宝石・時計・メガネ ウシジマ
住所
福岡県北九州市若松区本町2-8-4

地図を見る

アクセス
若松駅[出口]から徒歩約6分
藤ノ木駅[出口]から徒歩約41分
電話
093-771-3709
営業時間
10:00〜18:30
定休日
第1・3・5日曜
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

リビング福岡・北九州

リビング福岡・北九州

西日本リビング新聞社が発行する、女性のための生活情報紙「リビング福岡」「リビング北九州」の公式サイト。「福岡の毎日が、ちょっと楽しくなる」をテーマに、地元のディープなネタやイベント・おでかけ情報、グルメ、レシピ、暮らしに役立つ情報などを発信しています。

リビング福岡・北九州 が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES