初めてのドローン操縦はおじさんでも楽しい体験だった話

2018/02/06

初めてのドローン操縦はおじさんでも楽しい体験だった話

1月18日、東京の麹町に国内初のドローン専門ポータルストアがオープン。無人飛行機のドローンは現在様々な分野で活躍していますが、こちらのお店は「ドローンの楽しさを伝える」がコンセプト。操縦体験もできるとのことなので、さっそくドローンを初体験してきました。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

目指すはドローンレーサー?ドローン操縦を初実践!

どうも、スポーツ(特にサッカー)と街歩きが好きなライター・嶌村です。今回取材したのはドローン専門ポータルストアです。先日、テレビを見ていたら海外のドローンレースの大会を放送していました。

欧州ではスポーツの一つとして頻繁にドローンの大会が行われており、サッカーさながらのチャンピオンズリーグもあるとのこと。ある大会では15歳の少年が優勝し、1億円の賞金を稼いだそう。そのニュースを見て、ライターからドローンレーサーに転向、という考えが頭をよぎったので、自分にドローン操縦のセンスがあるのか、その可能性を探るためまずは操縦体験に行くとしましょう。

\ライターが操縦体験/

ライター嶌村(右)がインストラクターさん(左)にドローンの操縦を教わります

東京の麹町にオープンした「ドローン・ザ・ワールド」東京DN店は完全予約制なので、取材で訪れたのはマルイ有楽町の8階に期間限定(2月18日まで)でオープンしている、ドローン・ザ・ワールド ポップアップショップ

ポップアップショップでは、ドローンの操縦体験はもちろん、ドローンの販売も行っています。操縦体験は、週末は行列になるくらい人気なんだそう。ライター嶌村の操縦体験のほか、営業本部長の野尻孝さんに今後の展開などのお話も伺ってきました。

マルイ有楽町のポップアップショップでは、2エリアで操縦体験ができる

上々の出来のドローン操縦体験!

それではドローンの操縦体験を始めようと思いますが、まずは操縦するドローン「PARROT MAMBO FPV」の説明を。マンボという名前もかわいらしいですが、重さは199gでミニドローンと呼ばれています。ドローンは200g以上の機体になると国土交通省に申請する必要があるのですが、「PARROT MAMBO FPV」は規制より小型のため、私のような素人でも操縦できるのです。

ライター嶌村:「(インストラクターさんに)今日はよろしくお願いします」

インストラクターさん
インストラクターさん
「こちらこそよろしくお願いします。まずは操縦をする前にコントローラーの説明をしていきますね」
こちらがドローンの操縦機。ゲームのコントローラーと似ています
インストラクターさん
インストラクターさん
「中央のボタンを押すと、ドローンが離陸して、もう一回押すと着陸します。電源スイッチみたいなものですね。そして、右のスティックは上下が前進と後進、左右はそのまま左右に動きます。左のスティックは上下で上昇と下降。左右はドローンが旋回します」

では電源スイッチを押して、いざスタート!

ドローンが2mほどの高さに上昇

ライター嶌村「お、おー、浮いた!」

当たり前のことを言っていると、すかさずインストラクターさんが「スティックで操作する時は、ゆっくりと少し動かすだけで、ドローンが移動します。ちょこちょこというより、ゆっくり押し続けるイメージです」とアドバイスをくれました。

ドローンの動きに夢中のライター嶌村

インストラクターさんの指示通りすると、上下左右にドローンが動きます。ラジコン(古い!)のような感覚でかなり楽しいですね。また、美人インストラクターさんに「上手いですね。ゲームとかよくやりますか?」とおだてられると、調子にのってさらにおもしろくなってきました。

ライター嶌村:「ゲームは今はやりませんが、子供の時は人並みにやりました。やはりゲームをやる人は慣れも早いですか?」

インストラクターさん
インストラクターさん
「そうですね、やはりコントローラーに慣れていますから、覚えが早いです。ドローンは風に流されやすく、室内でもエアコンの風で動いてしまうので、元の位置に戻すなどドローンの動きを安定させましょう。次は、左のスティックを右に動かしてみてください」

するとドローンが旋回。180度旋回したところでストップ。さっきまで私とドローンは同じ方向を向いていましたが、旋回すると向き合う形になります。そうすると、左右の動きが逆に。左に動かしたい時はスティックを右、右の時はスティックを左と、そうやっていると頭が混乱してきて、ドローンがネットにかかってしまいました…。

ちなみにこちらがドローンと向き合っている状態。中央にカメラが付いています

その後もコントローラーのボタンを押すと、ドローンが前転や側転をするので、動くたびに「お、すごい!」と思わず声をあげてしまいました。なんとなく慣れてきたところで、操縦体験は終了。ちなみにバッテリーの充電が少なくなると緑のランプが赤になるなど、とにかくいろいろな機能を持っています。ここからはラジコンとは違う、最先端マシーンのドローンの魅力を紹介します。

ライター嶌村:「このドローンのバッテリーは何分ぐらい持つんですか?」

インストラクターさん
インストラクターさん
「どれだけ動いたかによりますが、だいたい7、8分くらいは持ちます。もちろん、取り換え用のバッテリーもあります。あと、アプリでつながっているので、コントローラー設定の調整もできますよ」
タブレットやスマートフォンで設定を変更できる

ライター嶌村:「例えばどういったことが可能なのですか?」

インストラクターさん
インストラクターさん
「例えば上下左右の動きの速度の調整もできます。今は体験用なので遅めに設定していますが、慣れると速い動きに設定する人が多いですね」

ライター嶌村:「そんなことも可能なんですね。あと、ドローンはプロペラが危険だと聞いたことがあります」

プロペラは高速で回転しているので、絶対さわらないように!
インストラクターさん
インストラクターさん
「確かに危険ではありますが、この機種はセンサーが付いていて、プロペラをガードしているところに接触があると、基本的には止まる仕組みになっています。最近は安全性もぐんと高まりましたね

ライター嶌村:「操作性だけでなく安全面でも扱いやすくなってきたんですね」

「PARROT MAMBO FPV」の価格は2万1800円。セットのゴーグルではドローンのカメラで撮影している景色が見えます

それでは、こちらのショップで販売しているほかのドローンも紹介していきます。

「PHANTOM 4 PRO」

価格は20万4000円。ブラックもあり

「PHANTOM 4 PRO」は、前後左右にカメラセンサーが付いているのが特徴。そのセンサーで障害物にあたりそうになった時は自動でブレーキがかかる仕組みになっています。カメラは4Kなので高画質の撮影も可能です。

インストラクターさん
インストラクターさん
「この機種はGPSが入っています。ドローンが風で流される話をさきほどしましたが、『PHANTOM 4 PRO』は利口なので、流されないように自動で調整してくれます」

「SPARK」

価格は5万4800円。手のひらサイズのドローン
インストラクターさん
インストラクターさん
「このドローンは、持ち運びしやすいのが利点ですね。モバイルデバイスの画面をタップするだけで、動画や写真を撮影することもできます」

全国で80店舗を展開予定

今回取材した店はポップアップショップですが、東京は麹町に「ドローン・ザ・ワールド」東京DN店、福岡県に「ドローン・ザ・ワールド」福岡FC1号店がすでにオープンしています。ここからは営業本部長の野尻孝さんに、ドローンの魅力を聞いていきます。

野尻孝さんは、ドローンのライセンス「回転翼3級」を取得しているそうです
営業本部長の野尻孝さん
営業本部長の野尻孝さん
「ドローンの操縦体験どうでしたか?」

ライター嶌村:「ドローンの予備知識もなく初めての操縦でしたが、純粋に楽しかったですね」

営業本部長の野尻孝さん
営業本部長の野尻孝さん
「実は嶌村さんのようなドローンに興味がなかった人に、もっと親しんでもらいたいというのが、お店をオープンしたきっかけなんです。今後もどんどんお店を展開していく予定で、18年中に全国で80店舗を展開したいと思っています」
これまではドローン自体が高価で、産業用の利用が多かったが、「PARROT MAMBO FPV」が登場したことで、より身近な存在になりつつあります

ライター嶌村:「80店舗はすごいですね。今日は199gのドローンを操縦してみて、これならライセンスも不要だし、写真や動画を撮影してみたいなと思いました」

営業本部長の野尻孝さん
営業本部長の野尻孝さん
「それは良かったです。嶌村さんが感じたようなことをもっとみんなに知ってもらい、ドローンで撮った動画や写真をSNSにアップして楽しんでほしいですね」

ライター嶌村:「こちらのお店では、ドローンの講習を受けられると聞きました」

営業本部長の野尻孝さん
営業本部長の野尻孝さん
「オリジナルではあるんですけど、ライセンスを発行しようと思っています。例えば、初心者コース、空撮クリエイターコース、レーサーコースなどを考えています。これも全国のお店で講習ができるよう今準備を進めているところです」
講習でもインストラクターが丁寧に指導してくれます

ライター嶌村:「話は変わりますが…、ドローンレーサーで一攫千金を狙っていたんですけど(笑)、日本で大会は行われているんですか?」

営業本部長の野尻孝さん
営業本部長の野尻孝さん
「日本は海外と比べると少ないですね。会場の確保も大変だそうですが、今日操縦していただいたミニドローンのレースは、私たちが主催して開催することも考えています」

ライター嶌村:「それはいいですね。子供も操縦できれば親子で楽しめそうです」

営業本部長の野尻孝さん
営業本部長の野尻孝さん
「マイクロドローンなら子供からお年寄りまで操縦できます。私たちの企業理念が『ドローンで世界中の人を笑顔に』ですから、みなさんが楽しめる企画をいっぱい用意したいと思います」

笑顔が素敵な野尻さんのお話で印象的だったのが、「ドローンで撮影した写真や動画に映っている人は、9割9分9厘の確率で笑顔なんですよ(笑)。ドローンには、なにか不思議な魅力があるんですよね」のコメント。確かにドローンで撮影されたら、僕みたいなおじさんでも笑顔で手を振っちゃいそうです。

最後の写真はおじさんの笑顔だと店に行く気も失せると思うので、美人インストラクターさんの笑顔をどうぞ!

「ドローン・ザ・ワールド」は、東京DN店は完全予約制ですが、福岡FC1号店と今後オープンするお店も誰でも気軽に入れるショップになるそうなので、まずはドローンを体験してみましょう!

Yahoo!ロコ「ドローン・ザ・ワールド」東京DN店
住所
東京都千代田区麹町4-3-29 VORT紀尾井坂ビル1階

地図を見る

アクセス
麹町駅[1]から徒歩約1分
半蔵門駅[1]から徒歩約4分
永田町駅[9b]から徒歩約5分
電話
03-6261-6018
営業時間
10:00~19:00
定休日
完全予約制
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

Yahoo!ロコ「ドローン・ザ・ワールド」福岡FC1号店
住所
福岡県大野城市乙金3-24-1 イオン乙金ショッピングセンター

地図を見る

アクセス
白木原駅[出口]から徒歩約30分
大野城駅[東口]から徒歩約37分
春日原駅[東口]から徒歩約37分
電話
03-6261-6018
営業時間
10:00~21:00
定休日
施設に準ずる
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/本日操縦したドローンは199gですが、「ドローン・ザ・ワールド」では99gのドローンを自社で開発中だそうです。これからはドローンがもっともっと身近な存在になりそうですね。

取材・文=嶌村優(エンターバンク) 撮影=菊池さとる

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES