名古屋・西区 親子を地域で見守る「にしっこひろば もこもこ」

2018/02/13

名古屋・西区 親子を地域で見守る「にしっこひろば もこもこ」

西区子育て支援会議が主催する親子の遊び場「にしっこひろば もこもこ」。あたたかな目で地域の親子を見守り続け、12年目を迎えました。区内3カ所の会場は今日も笑顔で溢れています。

中広

中広

幼い子とその親を地域の力で守るために

未就園児とその親が気軽に集まり、安心して遊べる「にしっこひろば もこもこ」。現在、西区内3カ所で定期的に開催しています。

主催するのは、西区子育て支援会議。区内の子育て支援に関わる機関や支援者を中心に作られた団体です。立ち上げメンバーであるあかつき保育園の山中健司園長に話を聞きました。

「『もこもこ』がスタートしたのは平成17年です。その頃、名古屋市内で小さい人が虐待される事件が起きていました。悲しい事件を防ぐため、未来ある小さい人を地域で見守らなければなりません。当時、すでに保育園連合会による子育て広場があったので、あかつき保育園と社会福祉協議会、区役所と保健所が力を合わせ、西区子育て支援会議を立ち上げました」。

「山田支所もこもこ」開催日:毎週月曜日(第5週・祝日・選挙の翌日等は除く)、会場:山田支所講堂  ママ同士も自然と会話が弾みます。昨年度は35回開催され、6000人以上が利用しました

調査を進めると、1、2歳児が安心して遊べる場所が必要であると判明。未就園児とその親の遊び場を作ることになりました。

この遊び場には大きな目的がありました。「虐待をしてしまう親というのは、1人きりで孤独な場合がほとんどです。親と子が1対1の関係では、不安な気持ちのやり場がなくなってしまう。できるだけお母さんの心が元気なうちに遊びに来て、たくさん友達を作ってほしい。また、困った時に頼れる、社会福祉協議会などの機関を知ってもらう狙いもありました」。

さまざまなおもちゃがあると、子どもは時間を忘れて遊びます

楽しみや出会いを「もこもこ」と膨らませる

気になる「もこもこ」という名前は、乳児に大人気の絵本『もこもこもこ』から着想しました。「これは1、2歳児が喜ぶ、絵本の原点ともいえる本です。擬音と絵だけでできているので、想像力が膨らむのでしょう。我々の活動も、膨らませていくのは参加している親子である、という思いを込めました」と山中園長は振り返ります。

第1回目の開催場所は西児童館でした。最初は、参画する各保育園と保健所が遊び道具を持ち寄り、来場した親子に楽しんでもらうことに。山中園長は「本物の楽器に触れてもらおう」と、自らギターを弾いて盛り上げました。

バランスボールで遊べる「枇杷島スポーツセンターもこもこ」開催日: 毎週水曜日(祝日等による変動あり) 会場: 枇杷島スポーツセンター 第2競技場 ※有料駐車場あり(300円)

ここで大切なのは親子の見守りです。遊び場で危険がないよう、指導員や子育て支援センター併設の保育園から保育士が出向き、立ち会います。

その他に、「もこもこ見守りボランティア」を募集し、年1回養成講座を開催。人数が増加し、毎回5から10人もの見守り役が付いていて安心です。

「小さい人だけでなく、親を見守るのも大切な役目です。ボランティアを一般の人から募集するのは、お母さんたちに地域の顔見知りを作ってほしいという意味もあるのです」と山中園長。「遊びに来るのもパワーが必要。その力がない時、近所に相談相手がいれば安心です」と話します。核家族や単身の親も増えた現代だからこそ、地域のつながりを大切にしています。

昨年度は41回開催され、7000人以上が利用しました

区内3カ所で定期開催。人と人との絆を深める場に

現在、山田支所、枇杷島スポーツセンター、西児童館の3カ所で、曜日を変えて開催されている「もこもこ」。安全な広場に、手作りの遊び道具などが用意されています。場所により100人近くが訪れることもある人気ぶりで、それぞれ内容にも特徴があります。

山田支所には、見守り役のスタッフが約10人在籍。大きな絵本の読み聞かせも毎回行います。また数カ月に一度、保健師による子どもの事故の救命処置の実演があり、いざという時の備えになると好評です。枇杷島スポーツセンターでは、ボールエクササイズやストレッチでリフレッシュが可能。親子で体を動かすと、気分もすっきりします。西児童館は、現役保育士による出し物が人気です。エプロンシアターやパネルシアターで、幼い子の心を掴んでいます。

「西児童館もこもこ」開催日: 毎週金曜日 (第5週・祝日・市内小中学校の 長期休暇期間等は除く)会場: 西児童館体育室・遊戯室 ※駐車場はありません。 家でもできる、子どもと触れ合う遊びを実演

年に一度は利用者にアンケートを実施し、翌年の活動に生かします。「気軽に安心して参加できる場所」「スタッフさんが子どもと遊んでくれるので、少しの間ママ同士でおしゃべりできる」「下の子を見てもらっている間、上の子とゆっくり遊べる」など、喜びの声が多く寄せられています。

「昔は地域みんなで子育てをしたものです。一緒に楽しいことをすると、気持ちがつながりやすいもの。『もこもこ』で少しでも人と人とのつながりが深まればと思います」と山中園長は微笑みます。

今後は情報発信にも力を入れようと考えています。また、利用者同士が自然と交流できるような催しも検討するとのこと。今後の活動が楽しみです。
※時間は3カ所全て午前10時から11時半

車のおもちゃは大人気。順番を守って遊んでいます
Yahoo!ロコ名古屋市西区役所山田支所
住所
愛知県名古屋市西区八筋町358-2

地図を見る

アクセス
小田井駅[出口2]から徒歩約1分
上小田井駅[南口]から徒歩約5分
中小田井駅[出口]から徒歩約11分
電話
052-501-1311
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

Yahoo!ロコ名古屋市西児童館
住所
愛知県名古屋市西区花の木2-10-7

地図を見る

アクセス
浄心駅[4]から徒歩約7分
浅間町駅[4]から徒歩約10分
栄生駅[出口]から徒歩約22分
電話
052-521-7382
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

Yahoo!ロコ名古屋市枇杷島スポーツセンター
住所
愛知県名古屋市西区枇杷島1丁目1-2

地図を見る

アクセス
東枇杷島駅[出口]から徒歩約6分
栄生駅[出口]から徒歩約9分
西枇杷島駅[出口]から徒歩約15分
電話
052-532-4121
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

地域みっちゃく生活情報誌『西区フリモ』

地域みっちゃく生活情報誌『西区フリモ』

毎月第4金曜日

中広が発行する、各戸配布型のフリーマガジン 発行エリア:愛知県名古屋市西区 発行部数:57,000部

ハッピーメディア『地域みっちゃく生活情報誌』とは

ハッピーメディア『地域みっちゃく生活情報誌』とは

中広が発行する、各戸配布型のフリーマガジンのブランド名 仕様:A4 中綴じ冊子タイプ フルカラー 100頁以内 全国32都道府県で148誌8,987,479部発行中!(2018年1月末現在)

この記事を書いたライター情報

中広

中広

中広は岐阜に本社を置く広告会社です。 地元の情報を各戸配布のハッピーメディア(R)『地域みっちゃく生活情報誌(R)』のブランドで発信しています。

中広 が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES