「羽生ゆずれない」が恵比寿のスケートリンクを氷上レポ

特集

平昌オリンピック開幕!私もスケートデビュー。

2018/02/08

「羽生ゆずれない」が恵比寿のスケートリンクを氷上レポ

2/9(金)から平昌オリンピックが始まり、ますます盛り上がりをみせるアイススケート。このブームにのって、ちょっとした空き時間や買い物帰りに手ぶらでスケートを楽しめるスポットとして、「恵比寿ガーデンプレイス」にスケートリンクが誕生。昼夜でガラリと姿を変える氷上にウワサの彼が!!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

恵比寿ガーデンプレイスのスケートリンクで氷上のプリンスが一足先に金メダルだと!?

 

いまや都心の冬の風物詩といえる期間限定オープンのスケートリンク。2/9(金)〜2/25(日)の平昌オリンピックを前にフィギュアスケートやスピードスケートへ熱視線が注がれる中、昨年12/1に恵比寿ガーデンプレイスのシャトー広場に「YEBISU GARDEN RINK」が誕生した。

恵比寿駅からスカイウォークで約5分、ゆったりした空気の流れる恵比寿ガーデンプレイスで優雅にスケートが楽しめると人気のスポットに、なんと今話題の彼を発見か!?

あ、あれはもしや…!? ざわつきはじめるスケートリンク

ん? ひと際“滑れます”オーラを発している若者が…
「ちょっと、あれ!!!!!」「もしかして…は、は、羽生…」
そしてこのポーズ! もはや確定か!?

そう、「羽生ゆずれない」だーーー!!

僕の鍛え上げられた大胸筋に、抱かれてみたくないかい?
羽生ゆずれない
羽生ゆずれない
「皆さん、ごきげんよう。羽生ゆずれない、こと相木健太です。以後お見知り置きを…」

プリンス感たっぷりで優雅に登場したのは、「羽生ゆずれない」の名で、羽生結弦選手の顔マネ芸人として活躍する相木健太さん。実は、大学時代にアイスホッケーU-18の日本代表に選ばれ、キャプテンを務めていた正真正銘のスケーターだ。(どおりでスケートがうまかったわけだ…)

こちらは現役時代の思い出の写真。守るより攻めるのが好きで、海外遠征の際も体の大きな外国人選手を相手にガンガン攻め込んでいたんだとか。男らしく勝利の雄たけびをあげている!
羽生ゆずれない
羽生ゆずれない
「平昌オリンピック開幕でスケートに注目が集まる中、これまた注目のスケートリンクが恵比寿に誕生したと聞き、リンクのコンディションを確かめにきました。今日はアスリート目線でしっかりチェックして、必ず結果を出しますよ」
「努力はウソをつく。でも、僕はウソをつかない」艶かしい腰つきで宣戦布告!

自分が納得いくまでやりきる――。顔のみならず本家に負けないハートの強さに言葉を失うも、せっかくなので、今冬に初お目見えしたリンクのレポートをお願いしよう! ※リンク上では手袋の着用が義務付けられています。必ず着用しましょう

羽生ゆずれないが「YEBISU GARDEN RINK」を全力でチェック!

リンクに降り立つと、今日一番の笑顔が弾ける。ちなみに羽生結弦選手とは同い年

まずはレンタルグッズからチェック!

所狭しと並ぶシューズ。この中から相棒を見つけよう

「YEBISU GARDEN RINK」のレンタルスケートシューズは14cm~30cmまで対応しており、サイズが豊富。小学生以下のヘルメット、肘当て、膝当ては必須だが、貸し出しは無料なので安心だ。

防具があれば転んだってへっちゃら。「4回転半やっちゃおうかなあ」などとジョークも飛び出すほど撮影開始直後はにこやかな表情を見せていたが…
リンクチェックへ向け、シューズを真剣な面持ちで履き込む羽生ゆずれない。ちょっと話しかけづらいほどの集中力で、まさにアスリートの顔だ
羽生ゆずれない
羽生ゆずれない
「ああ、すみません、集中しすぎちゃいました。スケートシューズが編み上げひもタイプではなくバックル式なのは珍しい。小さい子にも履きやすくていいですね。サイズも豊富なので、背の高いプルシェンコ選手と一緒に来ても大丈夫そう!」

レンタルグッズの評価はなかなかの滑り出し。だが、本当はこの日のために現役時代に使用していたマイシューズを持参してくれていた。「いかなる状況でも全力を出しきるのがスケーターの流儀」といわんばかりの実に彼らしいエピソードだ。

こちらが羽生ゆずれない選手のマイシューズ。使用2年でここまで使い込まれている。現役時代の練習の厳しさを思わせる。だけどこのリンクでは使えません
羽生ゆずれない
羽生ゆずれない
「悔しい! 手ぶらでOKだったんですね! でも思い立った時にスケートが楽しめるのは魅力だなあ」
1番の敵は自分自身。何よりケガ対策はゆずれない

滑走前の準備にも決して手を抜かないのが王者のメソッド。いざリンクに降臨である。

<ゆずれないポイント1>
恵比寿ガーデンプレイスの外観を楽しみながら優雅にスケート

恵比寿ガーデンプレイスの建物に囲まれたスケートリンク。施設内にはレストランも多いので食後の腹ごなし、食前の運動にいかが?

広さ270平方メートルのスケートリンク前には「シャトーレストランジョエル・ロブション」がそびえ、まるでヨーロッパのようなオシャレな雰囲気。また、なんといっても駅近の恵比寿ガーデンプレイスにあるのでアクセス抜群なのがうれしい。昼はオフィスワーカーたちが気分転換にスケートを楽しんでいたりもするんだとか。

メインストリートを抜けるとすぐにリンクが見えてくる。モダンな恵比寿ガーデンプレイスの中にスケートリンクというのがなんとも意外な組み合わせ
優雅な雰囲気に気分が高まり、思わず両手を広げてポージング
羽生ゆずれない
羽生ゆずれない
「この雰囲気は、フィギュアスケーターならずとも思わずポージングしたくなっちゃいます。きれいな建物に囲まれて、優雅な気分でスケートできるのがいいですね。それに、平日なら制限時間もないのでタップリとスケートができる」

<ゆずれないポイント2>
濡れないし冷たくない! 安全安心な樹脂製パネルのリンク

アイスホッケーで鍛えた足腰でがっちりスターティングポーズを決める。こ、これは4回転くるか!?

こちらのリンクは、氷ではなく特殊な樹脂製パネルを使用。滑り心地は氷のリンクと遜色ないうえに、転んでも衣服が濡れることもないので、初心者にもオススメだ。氷のリンク特有の底冷えするような冷気は感じられないので、子連れでも安心して楽しめる。

「ああ、僕としたことが転んでしまったッ!」
「え!? 冷たくない!」
羽生ゆずれない
羽生ゆずれない
「転んでも冷たくないのに驚きました。樹脂パネルにも感謝! そこまでスピードが出ないので安心してスケートが楽しめますね。僕みたいに氷に慣れすぎていると逆に難しいかも。大回転を披露したいところだけど…周りのお客様にも迷惑がかかるのでやめときます。試合ではそうはいきませんが、公共のリンクではみんなで進路をゆずり合いながら楽しむのが一番! 僕は“ゆずれない”ですけどね」

<ゆずれないポイント3>
ギャップに萌える! 魅惑の光と映像が美しい夜のリンク

ライトアップされた恵比寿ガーデンプレイスのアーバンな風景とマッチ。2月はバレンタイン仕様のライトアップ

暗くなるとガラッとイメージが一変。人の動きに合わせて変化するインタラクティブな映像がリンク上に映し出され、幻想的な光景が広がる。映像に触れると反応して光がはじけ、まるで光の魔法にかけられているような雰囲気。夜のロマンチックなデートにぴったりだ。

先ほどの凛とした表情から一転、「いつか大好きなあの子と一緒に夜のスケートデートがしたぁーい!」とお気に入りのクマのぬいぐるみを抱きしめる
羽生ゆずれない
羽生ゆずれない
「昼と夜のギャップにグッときました! 普段と演技中の雰囲気がガラッと変わる、羽生結弦選手のようなリンクだなあ。いつかスケートデートしたい相手ですか? もちろん、羽生結弦選手に決まってるじゃないですか!」

全力滑走を終え、果たして判定は!?

渾身の力を振り絞り、フィニッシュ!!!!!

自身のスケーター人生をかけ、「YEBISU GARDEN RINK」を隅々までチェックし終えた羽生ゆずれない。まだ息を切らしている彼にリンクの感想を直撃!

羽生ゆずれない
羽生ゆずれない
「僕は負けず嫌いなんで、舞台でスベるのは嫌ですけど、スケートリンクを滑るのはやっぱり楽しい! 駅からも近く、利便性の高さで構成点は満点。昼のアーバンな雰囲気と夜のライトアップの幻想的な雰囲気のギャップ萌えで芸術点も満点。金メダル級のリンクですよ!」
ここはスケートリンクの金メダル候補ですね、と羽生結弦選手より一足先に金メダルをぱくり(※写真はYahoo!ショッピングで購入した金メダルチョコです)

昼はお出かけついでにフラリと、夜は幻想的な空間でシットリと。恵比寿から平昌へ熱い想いが届きますように。がんばれ、羽生結弦選手! がんばれ、ニッポン!!

 

本当に似てるの? 近くで確かめてみたいあなたへ…

実はルパン三世、氷川きよし、瀬川瑛子、米米クラブなど、幅広いレパートリーをもつ芸達者

羽生ゆずれない、こと相木健太さんは麻布十番で20年の歴史を持つ老舗ものまねショーパブ「リトモディブリブリブッスン」に週6日出演中! モノマネはもちろんのこと、彼の愛くるしいキャラクターもあって業界人のファンも多く、お忍びで来店しているとか。ネクストブレイクはゆずれないぜ!!!!!

Yahoo!ロコリトモ ディ ブリブリブッスン
住所
東京都港区麻布十番2-9-7ディオーネ8ビル3F

地図を見る

アクセス
麻布十番駅[4]から徒歩約2分
赤羽橋駅[中之橋口]から徒歩約11分
六本木駅[1c]から徒歩約13分
電話
03-5445-4015
営業時間
18:30~翌1:00
定休日
年中無休(年末年始のみ休業)
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材・文=工藤カツレツ 撮影=中島聡美(一部写真は掲載スケートリンク提供)


\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES