店内全てがSNS映え! “琉球メキシカン”で心躍る美味しい店

特集

【3月限定・広島特別企画】広島で話題のグルメもう食べた?

2018/03/13

店内全てがSNS映え! “琉球メキシカン”で心躍る美味しい店

魅力的な飲食店が立ち並ぶ広島市中区流川エリアに、陽気な看板で異彩を放つ「琉球メキシカンレストランボラーチョス広島(Borrachos)」。店内も料理も陽気なムードが漂い、SNS映えはもちろんのこと、気分が上がること間違いなし! ぜひ立ち寄ってもらいたいおすすめスポットだ!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

沖縄×メキシコを堪能するフォトジェニックなタコライス!

沖縄名物のタコライスにメキシコ料理チリコンカンを加えた同店オリジナルのタコライス(1250円)
「どうやって食べるの!?」と思った方はご安心を。スタッフさんが手際よく混ぜてくれ、チーズがとろ~りのその様子に食欲がそそる

メキシコ好きのオーナーが6年前に沖縄でオープンしたボラーチョス広島(Borrachosu)。その後、東京の三軒茶屋に続き、広島は3店舗目になる。沖縄料理とメキシコ料理が楽しめる同店で特におすすめなのがメキシコ風料理のチリコンカンを加えた同店オリジナルの「タコライス」。トマトがまるまる1個のっているそのビジュアルは、思わず写メってしまうほどのインパクト。そして見た目だけでなく、たっぷりのトマトがチリコンカンとチーズと絶妙にマッチして、ここでしか食べられないスパイシーでジューシーな絶妙な味わいに。

厨房で腕を振るうのは料理人歴10年の松尾翔シェフ。「メキシコ料理はスパイスの使い方が面白いので、独特のスパイシーな味わいを楽しんでください」

食べごたえ満点のメキシコ産ステーキもおすすめ!

脂身が少なく赤身が多いメキシコ産の牛肉を自家製のガーリックソースで楽しめる「リブアイロールステーキ」。女性でも食べやすく、肉そのものの美味しさをがっつりと堪能できる人気のメニュー。200gから100g単位でプラスできて500gまで用意。好みの量にチャレンジしてみて。

フランベされた一皿は盛り上がること間違いなし
フランベ後は表面がカリカリで中がジューシー。リブアイロールステーキ(200g 1600円)

スタッフ手作りの内装はメキシカンなインテリアで陽気な気分に

奥にはカウンターもある1階。ブランケットやバッグなどを入れるカゴまでメキシカンテイストで統一
奥の壁には店名の「BORRACHOS」の文字が飾られている。ボラーチョスはスペイン語で「酔っぱらい」という意味。心置きなく飲み明かせる、お店のお墨付き♪

店内の内装は、デザインからスタッフみんなで作り上げていったというから驚き。イエローとグリーンのバイカラーの壁や床のタイルなど、日本には無い空間が美味しい料理とお酒の時間をより一層盛り上げてくれる。また、オーナーがメキシコで買ってきたという、面白くてかわいいインテリアがいたるところに飾られているので、どこを撮ってもインスタ映え必至! 料理の待ち時間も暇を持て余すことなく、店内を見ることで楽しめる。

週末限定の2階席とVIPルームは予約してぜひ楽しみたい!

平日は1階のみで営業しているが、週末になると2階とVIPルームが開放される。2階はパープルの壁を基調とした空間で、1階よりも少し大人な雰囲気。ソファー席の上に飾られた大きなハートのオブジェは、フォトジェニックでSNSにアップするのに外せないポイントの一つ。小さなハートがメキシコのマリア様を囲んで大きなハートを形作っている様は、ロマンチックでいてどこかしらロックな雰囲気も。また、存在感のあるピンクの扉を開けると……。そこはVIPルームになっていて、隠し部屋のような特別感がたまらない。週末はぜひ予約して、気になる席で楽しんでみては。

2階はソファー席、テーブル席、カウンターなど全30席
こちらもスタッフの手作りだというパリの凱旋門をイメージしたVIPルームへの扉
VIPルームに相応しく、折り上げ天井にシャンデリアが豪華な雰囲気を演出

メキシコのドリンクも充実

メキシコのお酒と言えば「テキーラ」。同店では40種類のテキーラが楽しめ、価格帯も600円~2800円までと幅広いので、スタッフに相談しながら好みのテキーラを見つけてみては。その他には”メキシコ料理店には必ず置いている”と言われるメキシコ産クラフトビール「デイ・オブ・ザ・デッド」もラインアップ。メキシコの祭日「死者の日」をモチーフにした瓶のパッケージが魅力的で、飲み終わった瓶を持って帰るお客さんもいるそう。

メキシコ伝統のクラフトビール「デイ・オブ・ザ・デッド」(1本330ml 680円)。瓶の後ろに飾られているのは、同商品のノベルティ

気軽に“メキシコ”を楽しんでください

琉球メキシカンレストランボラーチョス広島(Borrachos) 店長 戎屋(えびや)力さん

以前はメキシカンバーで働いていたという店長の戎屋さん。もっとメキシコのことを知ってもらいたいと同店オープンと同時に店長に就任。「メキシコはスペインの植民地だった時代もあり、とても情熱的な国です。そしてメキシコのお酒と言えばテキーラ。日本ではテキーラをショットでガンガン飲むイメージがありますが、ボラーチョスではワイングラスに入れてお出ししています。それは、歴史も作り方も味わいも、実は奥が深いテキーラをじっくりと楽しんで欲しいからです。何を飲もうか、何を食べようか迷ったらスタッフに気軽にお声掛けください。お料理とお酒を通して“メキシコ”の良さを楽しんでもらいたいですね。

東京の画家が手掛けた外観。メキシコのマリア様、プロレスラーやマリアッチといったメキシコを代表するものが描かれている

取材メモ/店内に飾られているメキシコのインテリアを見ているだけでも気分が上がること間違いなし。そして見た目だけでなく、料理もちゃんと美味しいのがポイントです!

取材・文=佐伯利恵 撮影=竹川安香子

Yahoo!ロコBORRACHOS 広島
住所
広島県広島市中区薬研堀6-5

地図を見る

アクセス
胡町駅[出口]から徒歩約5分
銀山町駅[出口]から徒歩約5分
八丁堀(広島県)駅[出口]から徒歩約7分
電話
082-241-3911
営業時間
月~土18:00~29:00、日18:00~26:00
定休日
不定休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES