世界一のピッツァ職人直伝!10分で簡単ピッツァ「ビスマルク」

特集

【 動画 】手軽でおいしい! 人気シェフの簡単お家レシピ<第1回〜第20回>

2018/04/04

世界一のピッツァ職人直伝!10分で簡単ピッツァ「ビスマルク」

ナポリピッツァ選手権で2年連続優勝した世界一のピッツァイォーロ(ピッツァ職人)、中目黒「Pizzeria e trattoria da ISA(ピッツェリア エ トラットリア ダ イーサ)」山本尚徳さんが、食パンで手軽にできるナポリピッツァの代表格「ビスマルク」の作り方をご紹介!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

半熟卵が決め手!トースターでお手軽ピッツァ

\山本さんのレシピを動画で紹介!/

イタリアでは半熟卵の乗った料理を「ビスマルク風」と呼び、ピッツァでも定番の「ビスマルク」。家庭向けにアレンジした「食パンでビスマルク」をご紹介します。「食パンでつくる生地は口溶けが良く、麺棒で薄くのばすことで軽く食べやすいです」(山本さん)

ナポリの名店『イル ピッツァイオーロ デル プレジデンテ』で修業。07、08年、ナポリの世界ピッツァ選手権で大会史上初の2年連続優勝。10年「da ISA」をオープン。ナポリピッツァ界を牽引している。

食パンでビスマルクの食材はこちら

「食パンを使って、軽い食感の生地をつくります。生地は軽いですが具がたっぷりとのるので、食べ応えがあります」(山本さん)

〈材料〉 1人分 (調理時間:10分)
食パン(8枚切り) 2枚 
卵 1個
ボンレスハム 4枚 
マッシュルーム 4個 
ブラックオリーブ(種無し) 4つ 
モッツァレラチーズ 100g
粉チーズ(パルメザン) 大さじ1
バジル 4〜5枚
EXV(エクストラバージン)オリーブオイル 適量

(1)具材を切る

《ポイント》「モッツァレラチーズは後で手でちぎりながらのせるので、扱いやすい厚さにカットしてください」(山本さん)

マッシュルームとブラックオリーブは、スライス。ハムは1cm幅の短冊切り、モッツァレラチーズは1cm厚のスライスにする。

(2)食パンを薄くのばす

《ポイント》「ナポリピッツァ特有の薄さを出すために、麺棒でのばします。その際、2枚重なった部分をくっつけて大きな1枚にします」(山本さん)

食パンの耳を切り落とし、2枚を1cmほど重ねる。麺棒で1cm〜5mmの厚さにのばす。

(3)食パンの中央に窪みをつくり、卵をのせる

《ポイント》「具材の一番最初に卵をのせて、他の具材を卵の上にのせてフタをします。そうすることで、卵に火が入り過ぎるのを防ぎ、黄身が半熟に仕上がります」(山本さん)

食パンの中央に卵用の窪みをつくる。その中に卵を割りいれる。

(4)パンに具材をのせる

《ポイント》「焼く直前にEXVオリーブオイルをかけることで熱伝導がよくなり、香りもつき、香ばしく仕上がります。」(山本さん)

マッシュルーム、ブラックオリーブ、ハムを全体的に散らす。モッツァレラチーズをちぎりながらのせ、バジル、粉チーズも満遍なくトッピングする。焼く直前にEXVオリーブオイルを全体に回しかける。

(5)トースターで焼いて、粉チーズをかけて完成

《ポイント》「ビスマルクの醍醐味は半熟卵です。焼きすぎると卵に火が通りすぎるので、チーズが溶けたら取り出しましょう」(山本さん)

オーブントースター(240℃)で3〜4分ほど焼く。チーズが溶けたら取り出す。器にもり完成。
食べるときは半熟の黄身を全体に広げてからいただく。

山本尚徳シェフのお店はこちら
「Pizzeria e trattoria da ISA」

店内の入り口にある大きな薪釜。薪で温度調節をしながら、山本さんが美味しいピッツァを焼き上げます(写真:Jaffa©旨い!ナポリピッツァ)
真のナポリピッツァの魅力を味わうのならこの一枚!ピッツァで重要なトマトソースと生地の美味しさを噛みしめれば、通もおもわずうなる『マリナーラ』1500円。(写真:Jaffa©旨い!ナポリピッツァ)

2010年、中目黒にオープン。ナポリの伝統的製法で作られた、世界一のピッツァイォーロのピッツァを求めて数多くの著名人も来店する人気店。「ナポリのお店をそのまんま持ってきたかのような、店の雰囲気もピッツァも本場の味を楽しめるお店です」(山本さん)

Yahoo!ロコピッツエリア エ トラットリア ダ イーサ
住所
東京都目黒区青葉台1-28-9

地図を見る

アクセス
中目黒駅[正面出口]から徒歩約6分
代官山駅[正面口]から徒歩約11分
池尻大橋駅[東口]から徒歩約13分
電話
03-5768-3739
営業時間
火~日 11:30~14:00,17:30~22:30
定休日
毎週月曜日、不定休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

(取材メモ)期待通りとろ〜っと流れる半熟卵にテンション急上昇!ピザパンでしょ、と侮らないでください。薄い生地と、オリーブ油の香りで高級感のあるお味。ここによく冷えた白ワインを添えたら、休日の優雅なブランチタイムになること間違い無しです。

取材・文=高見里依/ムービー撮影・編集=福田栄美子/ムービー編集=福田百花


この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES