1500円以下で楽しめる! 都内の異国料理食べ放題の店3選

特集

厳選! 東名阪で人気の食べ放題の店9選

2018/03/01

1500円以下で楽しめる! 都内の異国料理食べ放題の店3選

いつ聞いても心が踊るキーワードである“食べ放題”。今回は数多くある食べ放題の中でも、都内で国外の料理が食べられる3店を紹介。食べ放題といえば“モト”は取れるのかと不安に思う人も多いと思うが、どの店も1500円以下なので財布もお腹も大満足間違いなし!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

女子会や普段使いにもおすすめの3軒をご紹介!

これまでに食べたことのない異国の味にも出会えるかもしれない

リーズナブルにおいしい料理を心行くまで食べたいと考えているあなたに、普段使いできる食べ放題店を厳選した。忙しくて海外旅行に行けないという人も、凝った店内でクオリティの高い海外料理を食べると、海外旅行しているような気持ちを味わえるはずだ。

\紹介するのはこの3店!/

1. スパイスの香りが食欲をそそる「スクンビット ソイ55」(都庁前駅)
2. 日本では珍しい!?ブルガリア料理の食べ放題「ブルガリアンダイニング トロヤン」(銀座一丁目駅)
3.イランなど中東地域の味は必食! 「アラジン」(六本木駅)

1. スパイスの香りが食欲をそそる「スクンビット ソイ55」

【最寄駅:都庁前駅】【メニュー数:約8種】【値段:995~1200円(4月から1100~1300円に料金改定予定)】

都営大江戸線都庁前駅からすぐ、新宿三井ビルディングの地下に店を構える

元祖トムヤムラーメンで有名な「ティーヌン」を展開するスパイスロードの系列店。本格的なタイ料理をリーズナブルな価格で提供するため、昼時は行列ができることもあるのほど人気。

\紹介してくれるのはこの方!/

看板娘のナーさん。明るい接客でファンが多いとのこと
看板娘・ナーさん
看板娘・ナーさん
「店長以外、スタッフは全員タイ人なんです。店を訪れた人に、本当にタイに訪れたかのように感じてもらえるよう心がけています」
異国情緒あふれる内装はタイを感じさせてくれる

店舗を彩る様々な調度品は、ほとんどタイから仕入れた物だという。本物のタイから来たものを飾ることで、雰囲気が全く違ってくるとのこと。

ブッフェ台にはタイらしい色鮮やかな料理が並ぶ

スクンビット ソイ55のブッフェはランチのメインとセット。価格はメイン料理によって異なるが、一番安いメインメニューを頼めば995円(4月からは1100円)からブッフェを楽しむことができる。ちなみに、人気のメインはガパオ1100円(4月からは1200円)とのこと。

看板娘・ナーさん
看板娘・ナーさん
「おすすめはトムヤムヌードル1050円(4月からは1150円)です。元祖トムヤムラーメンのティーヌンと同じレシピで作っています」
彩りも鮮やかな「グリーンサラダ」
ツナのスパイシーサラダ「ヤム・ツナ」
看板娘・ナーさん
看板娘・ナーさん
「野菜をたっぷり使うことを心がけています」

実はスパイスロードの系列店のブッフェで提供される料理は店によって全く異なる。店にいるシェフの得意料理が提供されるためだ。どの店に行っても違った楽しみ方ができるので、食べ比べてみるのもおもしろい。

豚ひき肉と野菜のオイスターソース炒め「ムー・パッ・ナンマンホイ」
彩野菜のオイスターソース炒め「パ・パック・ルアムミッド」
鶏肉と野菜のレッドカレー「ゲーン・デーン・ガイ・ルアムミッド」

料理の種類は日によって異なる。この日はレッドカレーのみだったが、グリーンカレーなどが並ぶ日もあるとのこと。

鶏肉のあっさりハーブスープ「トム・ヤム・ガイ・ナーム・サイ」
タピオカココナッツミルク「サークー」

この日はデザートもあったが、日によってはない場合もあるので注意。店舗によってはデザートを提供していない店もあるそうなのだが、もしあったらぜひ食べてみよう。

リーズナブルな価格で、タイ人のシェフが作る本格的なタイ料理が楽しめる「スクンビット ソイ55」。タイから輸入した調度品などを用い、店の雰囲気までタイを再現している。新宿でタイを体感できる名店で、タイな時間(タイム)を過ごしてみてはいかがだろうか。

Yahoo!ロコタイ屋台料理 スクンビット ソイ55
住所
東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビルディングB1

地図を見る

アクセス
都庁前駅[A1(B2側)]から徒歩約1分
新宿駅[西口9]から徒歩約6分
西新宿駅[2]から徒歩約6分
電話
03-5909-8455
営業時間
平日11:00~15:00(L.O.14:30)17:30~23:00(L.O.22:00) / 土・祝 11:30~15:00(L.O.14:00)17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日
毎週日曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

2. 日本では珍しい!?ブルガリア料理の食べ放題「ブルガリアンダイニング トロヤン」

【最寄駅:銀座一丁目駅】
【メニュー数:約15種】【値段:1100円】

東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅10番出口より徒歩1分の距離にある

ホテルユニゾ銀座一丁目の1階にある「ブルガリアンダイニング トロヤン」は日本唯一のブルガリア料理専門店として、2006年に汐留で「ブルガリアンダイニング ソフィア」の名前でオープンし、2010年に八重洲に移転、そして2018年2月2日に現在の場所に移り、店名も変更した。

\紹介してくれるのはこの方!/

レストランを運営するドンピエールグループの広報・常盤さん

日本ではあまり馴染みのないブルガリア料理だが、どんな特徴があるのか広報の常盤さんに聞いた。

広報・常盤さん
広報・常盤さん
「大きな特徴はヨーグルトをたくさん使っていることで、サラダやスープ、ソースなどにも使われています。あとは香辛料や野菜を多く使っています。ヨーグルトを使ったメニューはどれもヘルシーなので、女性に人気があります。ヨーグルトのほどよい酸味と香辛料やハーブの香りを楽しんでほしいです。」
サラダやヨーグルト
パスタや煮込み料理も味わえる
仕上げにヨーグルトソースをかけたミートボール
水切りしたヨーグルトにきゅうりやにんにく、ディルというハーブなどを加えたサラダ・スネジャンカ
スネジャンカとほぼ同じ材料で作る冷製スープ・タラトル
メイン料理のひとつブルガリア風チキンステーキとヨーグルトドリンクのアイリャン

ヨーグルトをふんだんに使ったメニューの数々は店をオープンするにあたり、当時の代表取締役やシェフがブルガリアに渡って研究を重ねたレシピを日本に持ち帰って作り上げたもの。それが代々のシェフに受け継がれ、今に至っているという。また、食器には「トロヤン焼き」というブルガリアの伝統的な陶器が使われている。

広報・常盤さん
広報・常盤さん
「お客様の中には、ブルガリアへ行く前にブルガリア料理を食べに、またはブルガリアから帰国後に現地の料理がおいしかったということで来店される方もいらっしゃいます。」
ドリンクコーナーにはローズウォーターやアイリャン、コーヒーなどがある

アイリャンはヨーグルトドリンクで、現地では塩を入れて飲むのがベターだが、日本人向けに砂糖を入れたものも用意されている。また、アイリャンにゼリーを入れて一緒に飲むのもおすすめとのこと。

ブルガリアの伝統織物をテーブルクロスに使うなど現地の雰囲気を再現することにこだわっている
広報・常盤さん
広報・常盤さん
「薔薇祭りやブルガリアワインフェアなど、ブルガリアに絡めた数多くのイベントを予定しています。料理はもちろんですが、訪れた方には店内装飾からもブルガリアの雰囲気を感じてもらえればうれしいです。」

日本で唯一のブルガリア料理専門店には大相撲の鳴戸親方(元:大関琴欧州)も現役時代に訪れたことがあるという。まだ日本では知る人が少ないであろうブルガリアの魅力に触れるきっかけとして、この店でブルガリア料理に舌鼓をうってみてほしい

Yahoo!ロコブルガリアンダイニング トロヤン
住所
東京都中央区銀座1-9-5 ホテルユニゾ銀座一丁目1F

地図を見る

アクセス
銀座一丁目駅[10]から徒歩約1分
京橋(東京都)駅[2]から徒歩約3分
宝町(東京都)駅[A4]から徒歩約3分
電話
03-6264-4844
営業時間
モーニング7:00~10:00(L.O.9:30)、ランチ11:30~15:00(L.O.14:00)、 ティータイム15:00~18:00、ディナー17:00~23:00(料理L.O.22:00、ドリンクL.O.22:00)
定休日
なし
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

3.イランなど中東地域の味は必食! 「アラジン」

【最寄駅:六本木駅】
【メニュー数:約10種】【値段:1200円】

東京メトロ日比谷線ほか六本木駅から徒歩3分、六本木安田ビルの2階に店を構える

六本木ヒルズのほど近くにあるアラジンはイランをはじめとする中東地域の料理を中心に提供している。当時日本ではなじみのなかったイラン・アラブなどの料理を広めていきたいと考えたオーナーが1996年にこの地に店をオープンさせた。

\紹介してくれるのはこの方!/

来日40年以上というオーナーのアスガー・ケメスタリィさんはイラン出身

そもそもイランをはじめとする中東料理はどんな特徴があるのか、オーナーのケメスタリィさんに聞きました。

オーナー・ケメスタリィさん
オーナー・ケメスタリィさん
「中東の料理はインド料理のようなスパイシーな味を想像する人が多いと思いますが、私の母国であるイランの料理は香辛料などがほとんど使われていないので日本人の口にも合う優しい味わいのものが多いです。」
店の奥にビュッフェスペースがある

アラジンでは日曜以外の11時30分~15時(LO14時30分)までランチブッフェを行っている。メニューは日替りとなっていて、カレーをはじめ、肉料理魚料理サラダ麦のスープデザートなどがビュッフェ台に並んでいる。また、コーヒーや紅茶も飲み放題だ。

インド料理のチキンカレー(左)とイラン料理のゲイメシチュー(右)
ライスはインディカ米のバスマティライス(左)とサフランライスに小豆を混ぜたミックスライス(右)から選べる
酸味の効いた味付けが特徴の春雨サラダ
イランでは主食の定番になっているナン
ラム肉を焼き上げるクビデカバブは日本のつくねに似たもの

取材日にはこのほかに豆を玉ねぎと一緒に煮込み、トマトペーストを加えたイラン料理の「アダシ」ピッツァ野菜サラダスープなども並んでいた。イランのカレーは辛味はほとんどないので辛いのが苦手な人にはおすすめ。ナンとカバブは注文を受けてから焼くので、熱々の状態で食べられる。

オーナー・ケメスタリィさん
オーナー・ケメスタリィさん
「イランでは肉のなかでもラム肉が一番食べられています。カバブは鶏肉を使用したものもあります。また、スープには麦を入れていて、その食感はクセになると思います。」
店内は近隣のサラリーマンが多いとのこと。取材日は外国人客の姿も見られた
オーナー・ケメスタリィさん
オーナー・ケメスタリィさん
「中東地域の料理を食べたことがない人に良さを知ってもらうために今後も素材にこだわったメニューを提供できるようにしたいですし、東京オリンピックに向けて日本を訪れる外国人の人も増えると思いますので、世界中の人たちにイランを中心とした中東地域の味を楽しんで欲しいと思います。」

店内に入ると独特の香りと雰囲気が漂い、異国にきたような気分になれる。また、シェフを含めたスタッフも全員が外国人で、現地の言葉が飛び交っていたのも印象的だった。スパイシーな料理が多いというイメージを持っている人が多いと思うが、そのイメージを覆す味を堪能して欲しい。

Yahoo!ロコアラジン Aladdin 西麻布
住所
東京都港区西麻布3-2-6 六本木安田ビル 2F

地図を見る

アクセス
六本木駅[1c]から徒歩約2分
六本木駅[3]から徒歩約6分
乃木坂駅[5]から徒歩約9分
電話
03-3401-8851
営業時間
11:30~15:00、17:00~22:00 / 日17:00~22:00
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/国名は知っているけどどんな料理があるかは分からないなかで始まった今回の取材でしたが、店のことを知るなかで段々興味が湧いてきて気づけばすっかりはまっていました。まだ知らない国の料理はたくさんあるので、開拓してみたいと思います!

取材・文=エストール、撮影=野村幹太、エストール

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES