いわきの“食”が美味すぎて! 福島視察ツアー同行記(魚編)

特集

美味グルメの宝庫!今こそ福島県いわきの旅へ。

2018/03/11

いわきの“食”が美味すぎて! 福島視察ツアー同行記(魚編)

東京から約200km、JRの「ひたち」や車で約2時間半の距離にある福島県・いわき市。福島県の東南端にある温暖ないわきで行われた「PCCツアー」に、ライフマガジンの編集スタッフMとライターが同行。震災から7年が過ぎ、笑顔を取り戻しつつあるいわきで“食”と向き合う人々を訪ねた。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

農水産物豊かな福島の食の楽園

東西に長い福島県は、太平洋側から「浜通り」「中通り」「会津」の3つの地域に分けられている。茨城県に接するいわき市は「浜通り」の最南端にあたる

今回訪れたいわき市は、日照時間の長い温暖な気候に恵まれ、太平洋の黒潮と親潮が出会う『潮目の海』に面しているため、農産物・海産物ともに“美味いもの”が豊かな土地柄。その多くの食材は東京をはじめとする首都圏に数多く供給されている。

PCCツアーの宿泊先「新舞子ハイツ」のテラスから眺めた太平洋。右手の岬の上にはかすかに塩屋埼灯台が見える

ところがいわきは、2011年の東日本大震災で被災しただけでなく、発電所の事故による農水産物への風評被害の問題も発生。今回同行した「PCCツアー」は、「生産者(Producer)と料理人(Chef)を繋ぐ(Connect)」をテーマに、風評被害を減らそうとするいわき市とフジテレビが共同で開催したバスツアー。というわけで首都圏の料理人とともにバスに乗り、“おいしい”を生み出す生産者と料理人が待つ福島・いわきに向かった。


創作かまぼこに真摯に取り組む
「かねまん本舗」
遠藤貴司さん

「かねまん本舗」の専務取締役・遠藤貴司さん。原料の水と製品の放射性物質の検査を受け、結果をウェブサイトで公開している

「うちのかまぼこは従来のように蒸すのではなく、焼いているのが特徴なんです。よかったら味見してください」と話すのは、創作かまぼこやシーフードケーキといったユニークなかまぼこをラインナップする「かねまん本舗」専務取締役の遠藤貴司さん

\創作かまぼこを試食/
(下の写真の左奥から時計回りに)
「シーフード揚(野菜)」(270円)
「ズワイ蟹(小)」(972円)
「シーフード揚(ごぼう入り)」(270円)
「いわし物語」(324円)
「焼さし(チーズ&蟹正肉入り)」(702円)
「燻しかま(青のり入り)」(410円)

色とりどりの外見もさることながら、味わいの多彩さもかねまん本舗のかまぼこの特徴

かまぼこと言えば紅白の2色のイメージがあるが、こちらはカラフル。遠藤さんが用意してくれた試食を遠慮なくいただくと、歯ごたえはしっかりでも舌触りは滑らかでおつな味。「ガスと遠赤外線でジワジワ焼き上げるので、魚のうま味と食感を最大限に引き出せるんです」と遠藤さん。これはお酒のつまみにはもちろん白いごはんにも合いそうなので、おみやげによろこばれること間違いなしの一品と言えそうだ。

かねまん本舗

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


市の魚メヒカリに舌鼓
「上野台豊商店」
上野台優(うえのだい ゆたか)さん

サンマを使った郷土料理で地域を活性化する「小名浜さんま郷土料理再生プロジェクト」にも関わる上野台さん

工場に焼台を設置し、「さんまのポーポー焼き」や「さんまのみりん干し」「メヒカリの開き干し」を焼いてくれたのは、小名浜港の近くで鮮魚の加工品を製造する「上野台豊商店」の上野台優さん。「上野台豊商店」は、サンマを使った加工品を主に製造する漁師町・小名浜の老舗水産加工会社だ。

メヒカリの開きは、適度に水分が抜けているため香ばしさが抜群で、頭や骨もうまい!

焼台からは香ばしい海の幸の香りが。サンマの身を叩いてハンバーグのように焼いたいわきの郷土料理「ぽーぽー焼き」や、ここ小名浜が発祥という「さんまのみりん干し」も美味!

真空パック加工された「さんまのポーポー焼き」や「さんまのみりん干し」などの製品は、小名浜港の「いわき・ら・ら・ミュウ」などで購入可能だ

特に「メヒカリの開き干し」の滋味あふれる味わいには脱帽。固い目玉を手作業で取り除いているため頭からバリバリと頬張れ、パリッとした皮とふんわりした身の味わいは最高。みなさん試食の勢いが止まらない!


“常磐もの”の天ぷらは必食
「さかなや食堂 ウロコジュウ」
金成(かなり)勝弘さん

アスリートのような軽快さで天ぷらを揚げていく金成勝弘さん

定休日にも関わらず、ツアーのために店を開けて昼食を用意してくれたのは、「さかなや食堂 ウロコジュウ」の金成勝弘さん。営業していると勘違いしたお客さんがひっきりなしに店の中を覗き込みに来るなど、小名浜きっての人気魚料理店のようだ。

ヒラメ、コショウダイ、ハタ、サヨリ、タコ、マグロなどが盛り込まれた海鮮丼。魚の味の乗りがいいため、醤油ではなく塩で食べる料理人もいたほど
本日の天タネはヤナギガレイ、サバフグ、メヒカリ、アナゴ、エビなど6種類。「常磐もの」の魚は淡白な白身魚が多いので、天ぷらに向いているのだそう

料理の味もさることながら、魚料理に合う日本酒がセレクトされているのも心強い。ヤナギガレイ、サバフグ、メヒカリ、アナゴ、エビなど6種類の天ぷらはどれも衣はサクサク、身はホクホクの逸品ぞろい。「今後の夢は、黒潮と親潮がぶつかるいわき沖の潮目で獲れる『常磐もの(じょうばんもの)』と呼ばれる魚の天ぷら専門店を出すこと」と話す金成さん。そのアイデア最高だと思います。

ウロコジュウは2017年3月に現在の店舗に移転。看板娘の金成亜紀子さん(左)と佐藤千鶴さん(右)のおもてなしにも癒やされた

ウロコジュウ

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


“常磐もの”を守る
最先端の魚市場
「小名浜魚市場」

2015年に新しく生まれ変わった小名浜魚市場

小名浜漁港にある小名浜魚市場で、競りの様子を見学させていただけることに。同市場は老朽化のため震災前から建て替えが決まっていたものの、津波で倒壊したため2015年に現在の場所に新設された最新鋭の鮮魚市場

魚の競りが行われるエリアは広々。外気を二重扉で遮断するので衛生レベルも高い
水揚げされたばかりのヒラメやタラなどが競りにかけられていた

市場内と屋外を二重扉で遮断するインターロック式を採用するなど、衛生面でも最先端の技術を採用。現在小名浜漁港の水揚げは週に3回の試験操業のみとなっているが、この日はヒラメやアンコウ、タラ、ホウボウなど、さまざまな「常磐もの」の魚が水揚げされていた。どれもおいしそう!

地道な出荷前検査で
消費者の安心を後押し

小名浜魚市場では極めて厳しい基準で放射性物質の問題に取り組んでいる

小名浜魚市場では、国の定める放射性物質の基準値の半分という厳しい自主基準を設定。水揚げされるおよそ40種の魚は検査結果に問題がないことを確認してから出荷しているが、市場の移転後は基準値を超えた魚は一度も出ていないのだそう。

検査室では水揚げ当日に、残留放射性物質の検査を行っている。基準値は国の定めた数値の半分と厳しいものだが、市場移転後は基準値を超えた魚は一匹もいないとのこと

いわき沖周辺で取れる魚は「常磐もの(じょうばんもの)」と呼ばれ食通の間でも人気があるが、震災前と比べると関東への出荷量はまだ回復していないとのこと。

市場の担当者は「『常磐もの』の安全なことは、日々の検査結果が証明しています。もしいわきで食べた魚が気に入ったなら、『もっと食べたい』と声を上げていただけるとうれしいですね」と説明していた。


小名浜港のシンボル物産施設
「いわき・ら・ら・ミュウ」へ

いわき・ら・ら・ミュウには、昼食を楽しんだ「ウロコジュウ」の売店も入っている。干物やウニの貝焼きなど、おいしそうなものばかり! 

「いわきのいいものぜんぶある。」がテーマの観光物産センター「いわき・ら・ら・ミュウ」は、震災による津波で1階部分が被災したものの、その後復興した大型の観光物産センター。新鮮な魚介類はもちろん、食事処やおみやげ選びにピッタリな店が軒を連ねている。

ウロコジュウの金成俊明専務オススメのメヒカリの丸干しを購入!

2階には震災の展示も

「いわきの東日本大震災展」は入場無料

いわき・ら・ら・ミュウの2階には飲食店のほかに、震災の情報を展示する「いわきの東日本大震災展」が常設されている。2011年の3月11日にいわきに何が起こり、人々がどう生きてきたかの記録を展示したもの。

「あのとき何をしていたか」「いままで何をしてきたか」を思い起こさずにはいられない

展示を見終わるころには、入り口に掲げられた「忘れたいこと 忘れられないこと 忘れてはいけないこと」という言葉の意味が深く理解できる。いわきは震災後7年で「ここまで元気になれたんだ」ということを知るためにも、ぜひ見学してほしい場所だ。

いわき・ら・ら・ミュウ

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


楽しく食べて遊ぶことが
いわきの復興を加速させる

市場のある漁港には、試験操業から戻り魚を降ろし終えた漁船が停泊する

自然に恵まれた日本の暮らしは常に災害と隣合わせ。地震や津波、台風による水害、火山の噴火などの「被災地」が常にどこかに存在し、今も復興の途上にある地域も少なくない。復興に立ち向かう被災者の力になるには、日常を取り戻しはじめた被災地を訪れ、名産品をおいしく味わうことも大切だ。そう思わずにいられないツアーだった。

構成・取材・撮影・文=杉山元洋

\まだある福島・いわき情報/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES