鉄板焼きにローストビーフ…肉三昧な東京のホテルブッフェ3選

特集

お得においしく食べたい!東名阪ホテルブッフェ9選

2018/03/09

鉄板焼きにローストビーフ…肉三昧な東京のホテルブッフェ3選

東京の中心地にありながら、焼きたて、切りたてのおいしいお肉を、お得におなかいっぱい味わえる…そんな肉好きにとって夢のような体験ができる、東京のホテルブッフェ3軒を紹介します。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

都心からすぐのホテルで出来たて肉料理をたらふく味わう

ホテルブッフェといえば、おいしい料理をお得に味わえるのはもはや当たり前。そんな高いハードルを飛び越え、料理人が目の前で焼く、さばく、カットするなど、“ライブ感”あふれる演出でおいしい肉を提供するホテルブッフェが増加中。その中でも、買い物帰りや仕事帰りに立ち寄りやすい、東京ならではの好立地なお店をピックアップ。各店舗のシェフがオススメする、肉料理の魅力をレポートします!

肉好きライターMが3つのホテルブッフェにお邪魔しました。写真はコートヤード・マリオット銀座東武ホテルのスタッフ・池谷碧さんと

肉が旨い!ホテルブッフェ3選
1.コートヤード・マリオット銀座東武ホテル(銀座駅)
2.ロイヤルパークホテル(水天宮前駅)
3.京王プラザホテル(新宿駅)

ロイヤルパークホテルの「鉄板焼 すみだ」のブッフェ台には、肉がズラリ

1.コートヤード・マリオット銀座東武ホテル(銀座駅)

銀座の街で心ゆくまで焼きたてステーキを

グリルでじっくりと焼き上げる「カナダ産ハーブ三元豚のグリル」

銀座駅から徒歩5分、昭和通り沿いという好立地にありながら、リーズナブルなブッフェを楽しめると人気なのが、「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」1階にある「NYグリル&ブッフェ フィオーレ」。ニューヨークをイメージしたモダンな店内で、アジアン、フレンチ、イタリアンなど多国籍な料理やスイーツ、約60種類を心ゆくまで味わうことができます。

目の前で肉を焼いてくれるライブキッチン。お話を伺ったシェフの油井洋三さんは、とっても優しい方でした

絶対食べたい肉グルメ
[1]オーストラリア産ビーフステーキ

肉が焼けていく音、香りが、食欲を刺激します
シェフの油井さん
シェフの油井さん
オーダーを受けてから焼くので、あまりお待たせしないように、適度な厚さにしています。通常100gずつぐらいで提供して、それを何度もおかわりして、いっぱい食べていただければと思っています。また、欧米を中心とする外国からのお客様が多いので、しっかりと噛み応えもありつつ、柔らかい赤身肉をあえて使用しています」

――「焼きたてを味わえるのは最高! 赤身肉好きとしては、柔らかくも肉感の強い感じがたまりません」(ライターM)

[2]カナダ産ハーブ三元豚のグリル

グリルによる焼き目がまたいい感じ
シェフの油井さん
シェフの油井さん
「ハーブを配合した飼料で育った、臭みが少なくて柔らかいハーブ三元豚を使用しています。それを、旨味が逃げないようにグリルで焼き色を付け、あとはしっかり中まで熱が入るように低温で時間をかけて、一番柔らかくておいしいミディアムの状態に焼き上げています」

――「柔らかい~! グリルされているので、香ばしさがいいアクセントになっています」(ライターM)

[3]ロティサリーチキン

焼きたてをカットして提供してくれます。1羽で約4人前
シェフの油井さん
シェフの油井さん
ハーブの香りを付けた漬けだれに2日間じっくり漬け込んでいるので、臭みも抜けて、ジューシーに焼き上がるんです。そういう下ごしらえをしてから、ロティサリーオーブンで約1時間焼いています。丸々一羽を焼いているので、骨からも旨味エキスがたっぷり出るんです。ムネ肉とモモ肉があるので、注文時にお好みをお聞かせください」

――「ムネ肉もモモ肉も大好きです。外の皮はパリッとしていて、中は柔らかくてジューシー。ヤミツキになっちゃいます!」(ライターM)

そのほか「BBQポーク」「ローストビーフ」「大山鶏のソテー」といった肉料理も要チェックです!

洗練された雰囲気のブッフェスペース。壁に空いた四角い穴は摩天楼のビル群をイメージしているそうです

コッチもスゴイ!人気料理
フォー

トッピングは蒸しエビ、スダチ、パクチー、青ネギ、チリ、ゴマからお好みをチョイス
シェフの油井さん
シェフの油井さん
「フォーの本場・ベトナムではスープの種類がさまざまですが、私たちのお店ではさっぱりと召し上がっていただけるチキンスープにしています。麺も、いきなり乾麺からゆでるのではなく、事前に水で戻してからゆでることで、もちもちつるつるに仕上げています」

――「つるっと食べられて、スープも優しい味なので、お肉の合間に食べるにはもってこい。自分で麺をゆでてトッピングをするという、作る楽しさも味わえるのがいいですね」(ライターM)

バーニャカウダ

好きな野菜を選んで、自らお湯の中へ入れてゆでます
シェフの油井さん
シェフの油井さん
「調理場で作るのではなく、お客様に体験してもらって、同時にゆでたてを味わってもらえるスタイルを採用しています。春ならカブや菜の花、春キャベツなど、季節の野菜を取り入れつつ、その時一番フレッシュなものを使っています」

――「自分で野菜をゆでるって、なかなかブッフェにはないから楽しいです。ゆでたてを味わえるという意味でもいいですね」(ライターM)


銀座でショッピングを満喫した日は、締めくくりにこんな贅沢なディナーブッフェはいかがでしょう?

銀座の目抜き通りである中央通りからもすぐ

【ブッフェデータ】
「ディナーブッフェ」
開催場所:NYグリル&ブッフェ フィオーレ(1F)
時間:17:30~21:30 ※110分制
料金:平日4158円、土日祝4989円、3歳以下無料、4~12歳半額、65歳以上10%OFF(月曜日限定)(税金・サービス料込)
予約方法:電話、ウェブ

Yahoo!ロココートヤード・マリオット 銀座東武ホテル
住所
東京都中央区銀座6-14-10

地図を見る

アクセス
東銀座駅[A1]から徒歩約3分
銀座駅[A3]から徒歩約5分
東銀座駅[A8]から徒歩約5分
電話
03-3546-0111
営業時間
月~土 06:30~23:00
定休日
毎週日曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。


2.ロイヤルパークホテル(水天宮前駅)

東京の街を眺めながら鉄板焼きを頬張る特別感

「ビーフサーロインステーキ」や「ビーフヒレステーキ」など、鉄板焼きの店ならではの肉も食べ放題

水天宮前駅直結「ロイヤルパークホテル」の最上階(20階)にある「鉄板焼 すみだ」では、土・日・祝日のランチタイム限定で「鉄板焼ブッフェ」を開催。ブッフェ台から好きな食材を選び、シェフがそれを目の前で焼いてくれるスタイルなので、すべて焼きたてで味わえます。さらに食材のラインナップは、ヒレやサーロインステーキ、オマール海老など、驚きの充実ぶり。近くにある、安産祈願で有名な水天宮の参拝帰りの家族連れを中心に、特別な日をお祝いする食事ができると評判です。

取材のために焼いてくれたのは、スーシェフ(副料理長)の滝沢敦司さん。食材を焼き上げる姿はまさに職人!

絶対食べたい肉グルメ
[1]ビーフサーロインステーキ(オーストラリア産)

この厚切りのサーロインが食べ放題! 焼いているのを見ているだけでご飯を食べられそう
スーシェフの滝沢さん
スーシェフの滝沢さん
「鉄板焼きのお店らしく、サーロインとヒレ肉はもちろんご用意しています。厚みのあるお肉は、お客様からも要望が多いんです。焼き方はお客様に好みをお聞きしていますが、ミディアムレアぐらいが一番おいしいと思いますよ」

――「これはおいしくないはずがない! 柔らかいお肉の中に旨味がギュッと詰まっていて、ずっと味わっていたい…至福…。お肉だけで食べるのもいいけれど、ご飯が進んじゃいますね」(ライターM)

[2]豚タン(国産)

程よい厚さに切られた、食感の良い豚タン
スーシェフの滝沢さん
スーシェフの滝沢さん
「ご家族連れが多いので、お子様に人気のタンをメニューに入れました。実際、お子様にたくさん食べていただいています」

――「私もタンは大好きなので、メニューにあるだけでテンションが上がります。程よく厚みがあって、食感も楽しく、食べ応えもあります!」(ライターM)

[3]焼き寿司

1人2貫まで。笹の葉に乗せたご飯も鉄板の上で熱します
スーシェフの滝沢さん
スーシェフの滝沢さん
「2000年頃に初めて出して好評をいただいて以来、お客様により喜んでいただけるようにと、部位を調整しながら提供を続けています。食べ放題ではないですが、とても人気ですよ」

――「焼き寿司は珍しいですね。見た目もかわいらしくて、写真を撮りたくなっちゃいます。ワサビがピリッとアクセントになって、おいしい!」(ライターM)

そのほか、ビーフヒレステーキ(オーストラリア産)、ビーフランプ(ニュージーランド産)、豚肩ロース(国産)、ソーセージ(国産)、計6種類の肉メニューが用意されています。

席はすべて、鉄板を囲むカウンター席。窓から見える眺望は圧巻

コッチもスゴイ!人気料理
エゾアワビ

1人1個まで。蒸しながら焼くことで柔らかく仕上がっています
スーシェフの滝沢さん
スーシェフの滝沢さん
「アワビは殻から外すと固くなってしまい、生きたまま焼くと柔らかく仕上がります。なかなかブッフェで、生きたアワビを提供しているところはないと思いますよ。清水の舞台から…じゃないですけど(笑)、そのぐらいの気持ちで提供しています」

――「まさかアワビを食べられるとは…! とっても柔らかいけれど、独特のコリッとした食感はしっかりと楽しめます。贅沢の極みですね」(ライターM)

オマール海老

蒸し焼きで身がプリプリッ
スーシェフの滝沢さん
スーシェフの滝沢さん
「以前、夏休みの特別な企画で提供したら評判がよかったので、それまでのベビーロブスターからオマール海老に切り替えました。身がしっかりしていて食べ応えがありますから、とても人気ですね」

――「オマール海老を食べ放題って、まさかまさか…びっくりです。しかも、本当に身がぎゅっと詰まっていて、一個でも相当満足できます! 全体的に、食べ放題とは思えないゴージャスな食材ばかりですね」(ライターM)

スーシェフの滝沢さん
スーシェフの滝沢さん
「始めた当初は、これほど豊富じゃなかったんですけど、お客様の要望に応えてバージョンアップしていくうちに、ここまでになりました。最初はお肉の種類もそんなになかったですし、アワビもオマール海老もありませんでした。お客様と一緒にメニューを作っていって、結果今がある、みたいな感じですかね」

東京の街を見渡せる眺望に、焼きたてを味わえるスペシャル感。大切な日に利用したいワンランク上のブッフェです!

東京タワーや首都高の箱崎ジャンクションなど、都会の景色が一望できる

【ブッフェデータ】
ウィークエンド&ホリデーブッフェ「鉄板焼ブッフェ」
開催場所:鉄板焼 すみだ(20F)
時間:一部11:30~13:00、二部13:30~15:00
料金:7128円、4歳~12歳4158円、65歳以上5940円(税金・サービス料込)
予約方法:電話、ウェブ

Yahoo!ロコロイヤルパークホテル
住所
東京都中央区日本橋蛎殻町2-1-1

地図を見る

アクセス
水天宮前駅[1b]から徒歩約1分
人形町駅[A1]から徒歩約7分
人形町駅[A5]から徒歩約9分
電話
03-3667-1111
営業時間
月~日 11:00~22:00
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。


3.京王プラザホテル(新宿駅)

店舗オープン以来愛され続ける、肉汁たっぷりの逸品

肉汁がジュワ~と染み出る「ローストビーフ」

常時約70種類の料理を味わうことができる、「京王プラザホテル」のブッフェレストラン「スーパーブッフェ<グラスコート>」。2003年の店舗オープン以来、シェフが目の前で料理を作る“ライブ感あふれる”スタイルが人気を博しています。そんなライブキッチンの定番メニューは押さえつつ、定期的にイベントが開催され、3月31日までは“ピーターラビット”、4月1日から5月31日までは“美女と野獣”など、テーマに合わせたメニューを楽しめるのも特徴です。

気さくな人柄が素敵なシェフの坂下賢さん。シェフとコミュニケーションを取れるのもライブキッチンならでは

絶対食べたい肉グルメ
[1]ローストビーフ

看板メニューの一つ。オーダーごとに目の前でカットしてくれます
シェフの坂下さん
シェフの坂下さん
2003年のグラスコートオープン以来ずっと続いているメニューなので、ローストビーフを目当てに来るお客様も多いです。今は低温で長い時間かけて焼く調理法が流行っているけど、私たちの店では昔ながらのやり方で焼いているので、香ばしい中にも肉汁を残しているところが、他の店とは違うかなと思います」

――「かむと、口の中に旨味がふわーっと広がっておいしいです。グレイビーソースポン酢のほかに、レホール(西洋ワサビ)、マスタード、岩塩(ピンクソルト)が用意されていますが、肉の旨味が引き立つ岩塩が特に好きでした」(ライターM)

[2]ミスタートッドのハーブチキン

インスタ映えも意識したというカラフルな仕上がり。3月31日までの提供
シェフの坂下さん
シェフの坂下さん
ホウレン草やピーマンを鶏肉でロールして焼いたものです。ただチキンを焼いて出すだけだと面白みもないので、テーマ(ピーターラビット)に合わせて、肉の断面に緑や赤が見えるようにしています。“インスタ映え”のメニューを考えるのって難しいんですよね(笑)」

――「ブッフェ台を眺めている時にパッと目を引きました。カラフルでかわいい! 肉も野菜も食べられて、いろいろな食感が楽しめるのもいいですね」(ライターM)

[3]ポークピカタ トマトソース

別添えのトマトソースをかけていただきます。3月31日までの提供
シェフの坂下さん
シェフの坂下さん
「肉を1枚ずつ卵にくぐらせてフライパンで焼く、というのが通常のピカタなんですけど、ブッフェ料理なので、インパクトのある見栄えにしています。お肉の上にオランデーズソースという卵の温かいソースをかけて、表面にちょっと焼き色を付けて、ピカタ風に。ぱっと見はグラタンみたいですけどね」

――「最初に見た時、グラタンとかラザニアとかチーズ系の料理だと思いました。脂がしっかりとのったポークと、まろやかなソース、酸味が程よいトマトソースが相性バッチリです!」(ライターM)

キッチンと料理台が中央に配置され、それを囲むように客席が配置されています

コッチもスゴイ!人気料理
フォワグラのポワレ

希望の枚数をオーダーすると、鉄板で焼いてくれます(ディナータイム限定)
シェフの坂下さん
シェフの坂下さん
「ローストビーフと同じく、グラスコートオープン以来の看板商品なので、夜は半分以上の方がフォワグラを召し上がっていかれます。中は柔らかくてトロッとしているものなので、表面はカリッと焼き上げるようにしています。かけるソースは、マデラ酒という甘いお酒をベースにした、フォワグラには一番ポピュラーなマデラソースです」

――「表面の香ばしさと、トロ~ッととろける食感がたまりません。フォワグラはなかなかたくさん食べられるものではないですけど、食べ放題にするってサービス精神がすごすぎです!」(ライターM)

シェフの坂下さん
シェフの坂下さん
「20枚くらい食べるお客様もいらっしゃいますよ。好きな方はそれぐらい食べられるんですね。私はそんなに食べたことないですけど(笑)」

パルミジャーノレッジャーノで和えるパスタ2種のソース

注文を受けると、ゆでたパスタをパルミジャーノレッジャーノのチーズの塊の中に入れて和え、好みのソースをかけて提供
シェフの坂下さん
シェフの坂下さん
「3月31日まではアマトリチアーナとあさりのクリームソースの2種で、4月以降はソースを変更する予定です。このパスタも、フォワグラ、ローストビーフと同じで、店の売りであるライブキッチンの一つとして、グラスコートオープン以来ずっと続けています。パスタそのものというよりも、ある種ステージのような感じで、お客様が入って来た時に、料理人が動いていることによって、期待感を持っていただければと思っています」

――「確かにシェフが動いていると、『何やってるんだろう?』ってまず見に行きますね。『どれどれ…え?チーズの器!?』ってびっくりしそうですけど。これは動画で撮りたくなりますねー」(ライターM)


「お客様を飽きさせず、いろんな味を楽しんでもらえるように」と、イベントごとに約70種のメニューをできる限り変化させていると語ってくれたシェフ。その姿勢こそが、長く愛され続ける秘密なんだなぁと実感。仕事でへとへとになった帰り道、たまには贅沢な料理でおなかを満たしに行きましょう!

オフィスビルが立ち並ぶ新宿駅西口方面。仕事帰りに行くには最適な立地

※写真はイメージです。季節・天候により料理内容、器等が変更になる場合がございます。

【ブッフェデータ】
「ディナーブッフェ」
開催場所:スーパーブッフェ<グラスコート>(2F)
時間:17:30~21:30、金~22:00、土日祝17:00~22:00 ※土日祝は時間制
料金:5600円、65歳以上4500円、小学生3100円、幼児1800円 [土日祝]6600円、65歳以上5300円、小学生3100円、幼児1800円(税金・サービス料込)
予約方法:電話、ウェブ

Yahoo!ロコ京王プラザホテル
住所
東京都新宿区西新宿2-2-1

地図を見る

アクセス
都庁前駅[A1(B1側)]から徒歩約2分
新宿駅[7(都営線)]から徒歩約4分
新宿(東京メトロ)駅[A18]から徒歩約6分
電話
03-3344-0111
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。


シェフとお話しさせてもらうと、作って終わりではなく、お客さんの反応をしっかりキャッチし、より満足してもらおうとする意志を感じられて、ちょっと胸が熱くなりました。職人ですね。こちら側としても、料理人が目の前で調理してくれると、パフォーマンスとして楽しいのはもちろん、食べる物への安心感も持てますよね。

取材メモ/「できたてがおいしいから、どんどん食べて!」と気前よくおっしゃってくださったシェフのみなさん。ホテルのシェフって近寄りがたいのかな、なんて思っていましたが、驚くほど優しくてユニークな方ばかりでした。そんなシェフが作った料理、また食べに行きたくなっちゃいます!

取材・文=小林未亜(エンターバンク)/撮影=島本絵梨佳

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES