女子会におすすめ! ゴージャスな大阪3ホテルの春ブッフェ!

特集

お得においしく食べたい!東名阪ホテルブッフェ9選

2018/03/09

女子会におすすめ! ゴージャスな大阪3ホテルの春ブッフェ!

女子がワイワイ集まって夜ご飯を食べるなら、ちょっとオシャレをして食べて飲めるホテルブッフェはいかが。大阪のホテルでは3月より春のメニューがスタートしているレストランがたくさんあるんです。今回はその中から、3つのホテルレストランのディナーブッフェをピックアップしてご紹介します!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

\春ブッフェ大注目の大阪のホテルレストラン3店はこちら/
1.大阪マリオット都ホテル ライブキッチン「COOKA(クーカ)」(阿倍野)
2.コンラッド大阪 アトモス・ダイニング(肥後橋)
3.シェラトン都ホテル大阪 バイキング&カクテルラウンジ トップ オブ ミヤコ(上本町)

1.大阪マリオット都ホテル ライブキッチン「COOKA(クーカ)」(阿倍野)

地上約100mでじっくり味わう、色鮮やかなイタリアン!

阿倍野の街から天にそびえるように立つ「あべのハルカス」は、大阪のランドマークとしても有名です
「あべのハルカス」19階がホテルの入口。38〜55階が客室、57階にはレストラン「ZK」も

超高層ビル「あべのハルカス」の誕生と共にオープンし、この春で4周年を迎える「大阪マリオット都ホテル」。同じビルには「近鉄百貨店」や「あべのハルカス美術館」なども擁し、19階以上の高層階がホテルになっていて、客室はもちろんラウンジやレストランなどどこからでも息をのむような絶景が楽しめるのが一番の特徴です。

日が沈んでいく光景や夜の景色も、ここでのごちそうのひとつ

ホテルのエントランスの19階にあるのがこちらのライブキッチン「COOKA」です。シェフが目の前で腕をふるうライブ感あふれるオープンキッチンが目を引くこちらのレストランでは、大きな窓から大阪市内の絶景(天気が良ければ神戸まで)を眺めつつ、ランチ&ディナーブッフェを楽しむことができます。今回レストランをナビゲートしていただいたのは、ホテル広報の吉城ミカさんです。

店名の「COOKA(クーカ)」は「~を料理する」を示す「Cook a」と、食を楽しんで欲しいという思いを込めて大阪弁の「食うか!」の意味も持ち合わせた造語なのだそう
ホットミールがズラリと並ぶカウンター。営業中はここでシェフが調理する姿も眺められます

3月1日にスタートした春のブッフェが、『イタリアンブッフェ チーズとのおいしい関係』です。ブッフェ台に並ぶお料理の色も、ビビッドで華やか。「イタリアンのフェアはこれまでも何度か開催しましたが、今回初めてチーズをフィーチャーして、ディナータイムに提供しているワインに合うのはもちろん、子どもから大人まで喜んでいただけるメニュー構成を目指したのが特徴なんです」と吉城さん。

\広報・吉城さんオススメの3メニュー!/
料理①
イタリア産バラ肉のロースト(ピッツァイオーラ仕立て)

チーズもたっぷり、見た目にも華やかでイタリアらしいメニュー「イタリア産バラ肉のロースト(ピッツァイオーラ仕立て)」

豚のバラ肉を半日以上マリネすることで肉を柔らかくしてからパプリカやチーズ、トマトを合わせて焼き上げたナポリの家庭料理「イタリア産バラ肉のロースト(ピッツァイオーラ仕立て)」。今回の『イタリアンブッフェ』に合わせてシェフが趣向をこらした、「COOKA」のオリジナルメニューです。豚の塩気がワインを誘う一品!

「大阪マリオット都ホテル」広報・吉城ミカさん
「大阪マリオット都ホテル」広報・吉城ミカさん
「豚バラをピッツァ生地に見立てた一品です。これはぜひ出来立てを狙ってみてください。最高です」

料理②
カルツォーネ

カルツォーネの焼き上がりタイムは、スタッフが教えてくれるので熱々を逃しません!

数種類のチーズとほうれん草、たっぷりのトマトソースにお肉を合わせた「カルツォーネ」。なんと焼き立てでいただけるのが、今回の春ブッフェの目玉なんです。

「大阪マリオット都ホテル」広報・吉城ミカさん
「大阪マリオット都ホテル」広報・吉城ミカさん
「今日はピリ辛で大人な味のチョリソーが入っていますが、お肉は日によって変わるのでそれもお楽しみのひとつです」

料理③
ヤリイカとパルメザンチーズのイカスミパスタ

パスタはカルボナーラなど3種がラインアップ。日替わりで2種がカウンターに登場します

イカスミを練りこんだ真っ黒のパスタ「ヤリイカとパルメザンチーズのイカスミパスタ」はニンニクと、トマトソースを少し効かせたアーリオオーリオソースで。ゴロゴロと入った野菜と、柔らかなヤリイカ、パルメザンチーズのコクがたまらないパスタはぜひともシメに。

「大阪マリオット都ホテル」広報・吉城ミカさん
「大阪マリオット都ホテル」広報・吉城ミカさん
「アーリオオーリオソースとチーズでしっかりとしたコクもあるけど、不思議とあっさりペロリといけちゃいます(笑)」
ソフトドリンクからアルコールまで、飲み物も充実

こちらのブッフェは約75種類ものメニューがスタンバイ。ジェラートをはじめとしたスイーツも充実しているほか、なんと平日は時間制限なし+ドリンク飲み放題付き(ディナータイムにはアルコールドリンクも込み)とあって、お酒と女子トークが延々楽しめるのも特筆すべきポイント。バーカウンターも完備しながら、なんと「ワインはセルフでどうぞ」というスタイルなので、好きなだけなみなみ注いだり…と、なんともお得な一軒です。こちらの『イタリアンブッフェ』は4月30日(月)まで開催中。

 
Yahoo!ロコ大阪マリオット都ホテル
住所
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43

地図を見る

アクセス
大阪阿部野橋駅[阿倍野口(近鉄)]から徒歩約0分
天王寺駅[9(地下鉄)]から徒歩約0分
天王寺駅前駅[出口2]から徒歩約2分
電話
06-6628-6111
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

2.コンラッド大阪 アトモス・ダイニング(肥後橋)

豪華シーフードにローストビーフ。ハイエンドなフルブッフェ

「Your Address in the Sky —雲をつきぬけて—」がホテルのコンセプト
ロビー入口には風神雷神をモチーフにしたアート作品が並びます

昨年6月、地上200mの「中之島フェスティバルタワー・ウエスト」の最高層階に開業した「コンラッド大阪」。最新鋭の設備を備え、また各所に散りばめられたアート作品がゲストのインスピレーションを刺激してくれます。滞在するだけで感性が磨かれる、次世代型のスマート・ラグジュアリーホテルです。

“大気”を意味するこちらの「アトモス・ダイニング」。水都・大阪を見渡せる迫力のパノラマビューがゲストを非日常へと誘います。オールデイダイニングで、大阪のラグジュアリーホテルでは唯一、朝食〜ランチ〜ディナーまでのフルブッフェを展開。この日は同ホテルの食を統括する料理飲食部長の山本良樹さんがアテンドしてくださいました。

浮き世とはしばしのお別れ。最上階の40階に広がる天空のダイニングを料理飲食部長の山本さんにご案内いただきます
こちらが新たに設けられたシーフードカウンター。総料理長に就任したマイケル・エルフウィング氏も素敵

「コンラッド大阪は今年の2月に新たな総料理長とエグゼクティブ・ペストリーシェフを迎えました。ブッフェにも彼らのレシピを盛り込み、フルリニューアルしたばかりなんです。価格は据え置きで、食材をさらにランクアップさせています」と山本さん。鮮度の良さが一目で分かるシーフードを中心に展開される国際色豊かな料理の数々は、圧巻の一言。洗練されたディスプレイにも目を奪われます。

\料理飲食部長・山本さんオススメの3メニュー!/
料理①
シーフード各種

取材時はサーモンとブリ、甘エビが登場。ムール貝などの貝料理もラインアップします

シーフードカウンターで提供されるメニューの目玉は、キングサーモンの中でも最高峰と謳われる“オーラキングサーモン”のお造り。さらに茹でガニはズワイガニとタラバガニを常時提供するという、なんともラグジュアリーな内容もさすが。多彩な特製ドレッシングで味を変化させて。

「コンラッド大阪」料理飲食部長・山本良樹さん
「コンラッド大阪」料理飲食部長・山本良樹さん
「サーモンはこのブッフェのためにニュージーランドから取り寄せた貴重なものなんですよ。ピュアな味わいを心ゆくまでどうぞ」

料理②
ローストビーフ

メインディッシュだけでなく、野菜料理も主役級の存在感です

シェフ自らチョイスしたという、ローストビーフに最も適した赤身の塊肉をハーブと秘密のスパイスで一晩マリネし、丁寧に火入れした一品。注文を受けてからスライスされるローストビーフは実にジューシー。上品な旨味で、何枚でも食べられちゃいそうです!

「コンラッド大阪」料理飲食部長・山本良樹さん
「コンラッド大阪」料理飲食部長・山本良樹さん
「カシスとシャンパーニュを使用した2種の特製マスタードソースがお肉の味わいを引き立てます」

料理③
スイーツ各種

日本酒を使用した桜ゼリーやイチゴと桜のタルトなど、小ぶりなサイズで華やかなスイーツぞろいです

パリの老舗パティスリー「ラデュレ」などで研鑽を積んだファビオ・バルディ氏がレシピを監修。日本の食材もフィーチャーしたシンプルかつ独創的なプチスイーツは、バランスに優れたその味わいはもちろん、口に運ぶたびに五感が刺激されるような香りや食感にもうっとり…。

「コンラッド大阪」料理飲食部長・山本良樹さん
「コンラッド大阪」料理飲食部長・山本良樹さん
「今季は桜とイチゴをテーマにしています。季節感を演出したスイーツで春の訪れを感じてくださいね」
天井が高く開放的な店内からは、川に囲まれ、山々をも望む大阪のパノラマビューを堪能できます

料理の総数は、シェアすれば全種制覇も夢じゃないスイーツ13種を含む、およそ60種。「フルブッフェなので、前菜からデザートまでフルコースのようにお楽しみいただくのも、カニだけを存分に召し上がっていただくのももちろんOKです。その日の気分に合わせてお楽しみいただけたらうれしいですね」と山本さん。フリーフローがセットになったお得なプランもあるので、まずはHPで確認してみてください。

 
Yahoo!ロココンラッド大阪
住所
大阪府大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウェスト

地図を見る

アクセス
渡辺橋駅[7]から徒歩約1分
肥後橋駅[3]から徒歩約2分
大江橋駅[1]から徒歩約5分
電話
06-6222-0111
営業時間
昼 11:30 ~ 14:30夜 17:30 ~ 21:30
定休日
なし
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

3.シェラトン都ホテル大阪 バイキング&カクテルラウンジ トップ オブ ミヤコ(上本町)

ご当地食材&グルメがズラリと並ぶ、三重県フェア

近鉄・大阪上本町駅からも徒歩すぐ、アクセスも抜群な老舗ホテルです

1985年に「都ホテル大阪」として誕生したこちらのホテル。建物は、昭和の建築史の礎を築いたことでも有名な建築家・村野藤吾が手がけています。2007年に世界的ブランドの「シェラトン」と「都ホテル」のダブルブランドとして「シェラトン都ホテル大阪」にリブランドされました。徒歩約2分の新歌舞伎座での観劇や、なんばへの観光はもちろん、伊勢・鳥羽方面への旅の拠点にもなっています。

1階のロビーから2階のフロントへ。老舗らしい落ち着いた雰囲気

ホテルの最上階である21階に位置するのが、カクテルラウンジを併設する「トップ オブ ミヤコ」です。ブッフェエリアは北向きに作られていて、細長く特徴的な大きな窓からは上町台地の景色を眺めることができます。ランチ&ディナーブッフェとも2カ月に1回ペースで内容を一新、毎年恒例の11〜12月のエビ・カニのフェアは大人気だそう。この日はホテル広報の大庭裕子さんにご案内いただきました。

元々はフレンチレストランとカクテルラウンジの2店舗あったフロアを全面改装したという「トップ オブ ミヤコ」。その名の通り、最上階にあります
1フロア、細長いカウンターに全てのお料理がズラリと並ぶ姿は圧巻の一言

この春の「トップ オブ ミヤコ」は、定番のブッフェメニューに加え、三重県のご当地食材&グルメをフィーチャーした『三重県フェア』を開催しています。「何年かに一度三重県のフェアを開催しているのですが、この期間はホテル内の直営レストラン5店舗で三重県の食材を使ったり、ご当地グルメメニューを提供しています」と話してくれた大庭さん。さっそくメニューをご紹介いただきましょう。

\広報・大庭さんオススメの3メニュー!/
料理①
とんてき

ウスターソースやしょう油などがベースのソースはお酒にもぴったり

言わずもがな、三重県を代表するご当地グルメも「トップ オブ ミヤコ」にかかればこんなに華やかな一皿に。豚肉は真空にして低温調理を加えてから焼き上げると、とっても柔らか&ジューシーに。コクあるソースを絡めてどうぞ。

「シェラトン都ホテル大阪」広報・大庭裕子さん
「シェラトン都ホテル大阪」広報・大庭裕子さん
「ご当地のとんてきは、ガッツリこってりでご飯が進む系ですが、それとは少し趣向の異なるまろやかな一皿です。お酒のお供にぜひどうぞ」

料理②
手こね寿司

マグロのヅケ、しそ、はりしょうが、とびこなど、見た目の春らしさも満点

伊勢市が発祥ともされる「手こね寿司」。カツオなどの赤身の魚をしょう油ベースのタレに漬け込みすし飯と合わせたもので、三重では漁師めしとして愛されています。今回はマグロのヅケを使用した点が「トップ オブ ミヤコ」流のひとひねりです。

「シェラトン都ホテル大阪」広報・大庭裕子さん
「シェラトン都ホテル大阪」広報・大庭裕子さん
「ヅケにしてすし飯と合わせたときの彩りの華やかさも考えて、今回はカツオではなくマグロを使った手こね寿司になりました。シメにオススメです」

料理③
ブリと海藻のしゃぶしゃぶ

肉厚で脂ののったブリとダシにくぐらせると鮮やかな色に変わるワカメを一緒に

4月末ごろまでレギュラーメニューとして提供されているのが、この「ブリと海藻のしゃぶしゃぶ」です。カツオと昆布のダシにさっとくぐらせていただくブリは、とろけるようなおいしさ!

料理長自らライブキッチンで調理、提供してくれるというのも贅沢なひとときです
「シェラトン都ホテル大阪」広報・大庭裕子さん
「シェラトン都ホテル大阪」広報・大庭裕子さん
「ブリは、ライブキッチンにお越しいただくとご希望の量だけしゃぶしゃぶしてお渡しするスタイル。何度もおかわりしてくださいね」
カクテルラウンジは南向きに大きな窓が。通天閣を眺めることもできます

ディナーブッフェは全メニューの約1/3が三重県のメニュー。紹介したとんてきや手こね寿司のほかにも、伊勢茶風味のムースやゼリーなどスイーツも登場します。オプションで2時間制の飲み放題セットにもできるうえ、ブッフェエリアの隣にはとってもムーディーなカクテルラウンジもあるので、尽きない女子トークの続きはおいしいカクテルと一緒にどうぞ。『三重県フェア』は4月27日(金)まで。

 
Yahoo!ロコシェラトン都ホテル大阪
住所
大阪府大阪市天王寺区上本町6-1-55

地図を見る

アクセス
大阪上本町駅[近鉄口(南側)]から徒歩約2分
谷町九丁目駅[7(谷町九丁目駅)]から徒歩約5分
鶴橋駅[4]から徒歩約10分
電話
06-6773-1111
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

メニュー数もとにかく豊富なこちらの3店に行くならば、「ちょっとずついろいろ食べる」のがオススメ。訪問前日の夜から、ご飯の量を調節してお腹の準備を始めるのも、もちろんお忘れなく!

取材・文=桃井麻依子・吉田志帆 写真=河上良・田村和成

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES