手間とアイデアがギュッ! 名古屋で大人気のカレーパン3選

特集

今日は無性にカレーパンが食べたい!

2018/03/13

手間とアイデアがギュッ! 名古屋で大人気のカレーパン3選

昔ながらのお惣菜パンでありながら、進化が止まらないカレーパン。「カレーパンサミット」「カレーパン博覧会」といったイベントも行われ、いまなお人気は上昇中だ。今回は、名古屋で定評のあるカレーパン3種を徹底分析。 自宅で温める場合のコツもしっかり聞いてきた!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

名古屋の実力派が勢ぞろい! カレーパン3選

カレーをパン生地で包む。カレーパンの定義はいたってシンプルなだけに、それぞれのお店で個性あふれるカレーパンができる。
今回は名古屋で評判のカレーパン3種類を食べ比べ! カレーパン以外でも名を馳せる実力店ばかりなので、カレーパンと一緒に買いたい人気パンとともにご紹介する。

\ご紹介するのはこちらの3種/
1.ベーカリーピカソの「牛肉ゴロゴロカレーパン」(烏森、鶴舞、栄)
2.パン・ド・ジャルダンの「ひき肉たっぷりキーマカレー」(森下)
3.パンジェンヌの「パンジェンヌ自慢のカレーパン」(藤が丘)

1.ベーカリーピカソの「牛肉ゴロゴロカレーパン」(烏森、鶴舞、栄)

近鉄名古屋線・烏森駅近くにある本店

「ベーカリーピカソ」(以下「ピカソ」)は、2010年に中村区に誕生したパン屋さん。名古屋三越栄店や鶴舞駅構内にも店舗があるが、パンの種類がもっとも多いのは本店。購入したパンを食べることができるテラス席もあり、購入したお客さんには嬉しいサービスである1杯の無料コーヒーも用意されている。

続々と焼きあがっていくパン

ピカソの特徴は「石窯焼き」。ピザ窯のようなドームがあるわけではないが、オーブンは鉄板ではなく石になっているのだ。本店もASTY鶴舞店も7時からの営業で、早朝からパンを買いに来るお客さんが絶えることがない。

カレーパン博覧会で金賞! 「牛肉ゴロゴロカレーパン」

無造作に積まれた姿が食欲をそそる

ピカソで一番人気を誇るのが、「牛肉ゴロゴロカレーパン」(173円)。休日ともなると本店だけで1000個売れる日もある大ヒット商品だ。2017年の「カレーパン博覧会」(西日本の部)で金賞を受賞し、東京での授賞式では即売会も行われた。

あまり辛くないが、10種類のスパイスの風味がほどよく効いている

2センチ角の大きな牛肉と玉ねぎ、にんじんが入っているカレーは、4時間煮込んだあと一晩寝かせたもの。そのカレーをオリジナルのパン生地で包み、さっくりと揚げてある。パン生地が薄めなので、いくつも食べてしまいそうになるパンだ。

<自宅での温め方>
カレーパンの包み紙にも書いてあるが、電子レンジで中身を温めたあと、トースターで表面をカリッとさせる。やけどしないよう、中身を温めすぎないように注意してほしいとのこと。
機種にもよるが、600ワットの電子レンジ20~30秒でほどよく温まる。

こちらもオススメ! ピカソの人気商品

売れ筋は5枚切りだが、お店のオススメは4枚切り

創業以来の看板商品が、「湯種もちもちトースト」(1斤270円)。卵も乳製品も使っていないのだが、小麦と熱湯を練った「湯種」を使ってあるためもっちりとやわらかい。食べ方はそのままでも、トーストでも。どちらも試して、好みを判断しよう。

シンプルな塩味でサクッとやみつき!

ユニークな形をしているのは、名物の「つのパン」(173円)。食事にもワインにもよく合うパンで、店頭にないときは焼き上がりを待つ人もいるという、やみつきになるパンだ。

Yahoo!ロコベーカリー ピカソ 本店
住所
愛知県名古屋市中村区烏森町8-1211

地図を見る

アクセス
烏森駅[出口]から徒歩約5分
小本(愛知県)駅[出口]から徒歩約6分
八田(名古屋市営)駅[3(地下鉄)]から徒歩約7分
電話
052-486-6888
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

2.パン・ド・ジャルダンの「ひき肉たっぷりキーマカレー」(森下)

赤い壁が目を引く外観(画像提供:パン・ド・ジャルダン)

「パン・ド・ジャルダン(Pain de jardin)」は、2013年にオープンした名古屋市東区徳川のパン屋さん。名鉄瀬戸線・森下駅から徒歩10分ほどで、季節の花を観賞できることで人気の「徳川園」からも近い。

パンは店内に見やすく並べられている(画像提供:パン・ド・ジャルダン)

店内は広すぎず狭すぎず、子どもにも見える高さにパンが並べられている。家族で訪れて各々が好きなパンを選ぶのに最適な親しみやすいパン屋さんだが、実は雑誌のパン特集で表紙を飾ったこともある実力派のお店なのだ。

見た目を裏切る? 「ひき肉たっぷりキーマカレー」

オーブンで焼くタイプの「焼きカレーパン」だ

パン・ド・ジャルダンのカレーパンは、「ひき肉たっぷりキーマカレー」(230円・税別)。カラフルな見た目は一般的なお惣菜パン風で、言われなければカレーパンだとわからないかもしれない。

フランスパンで作るカリカリのパン粉がアクセント

カラフルで丸いフォルムがかわいらしいカレーパンだが、中身のキーマカレーはかなりスパイシー。小さい子どもには難しい大人味だ。もちもちとしたフォカッチャ生地とカレーの相性が良く、トッピングされた野菜の食感も生きている。

<自宅での温め方>
お店のオススメは、電子レンジで中身を温めたあと、トースターで表面をカリッとさせること。
温め時間は機種にもよるが、600ワットの電子レンジ20~30秒でほどが目安。

こちらもオススメ! パン・ド・ジャルダンの春のパン

中央に桜の花がしのばせてある
贅沢にかかったホワイトチョコレートに惹かれる

パン・ド・ジャルダンでは、春限定のパンの準備も着々と進んでいる。
桜の花をかたどったその名も「SAKURA」(330円・税別)、桜の花とクランベリーを練り込んだクグロフ型のブリオッシュに桜の花を混ぜたホワイトチョコレートをかけた「さくらとクランベリーのクグロフ」(280円・税別)など、春本番に向けて試作も最終段階を迎えているそう。完成が待ちきれない!

Yahoo!ロコパン・ド・ジャルダン
住所
愛知県名古屋市東区徳川2-1-8

地図を見る

アクセス
森下(愛知県)駅[出口2]から徒歩約8分
尼ケ坂駅[出口1]から徒歩約11分
清水(愛知県)駅[出口1]から徒歩約16分
電話
052-932-1588
営業時間
月,火,木~日 08:00~18:30
定休日
毎週水曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

3.パンジェンヌの「パンジェンヌ自慢のカレーパン」(藤が丘)

パン屋さんらしくない⁉ シックな外観

「ブランジェリー・パンジェンヌ (Boulangerie Painsienne)」は、名東区藤が丘駅から徒歩4分ほどの場所にあるパン屋さん。大きな看板は出ていないが、グリーンのエントランスが印象的なお店だ。

ぎっしりと並んだパン。次々と焼き上がり、補充されていく

パンジェンヌに並んでいるのは、厳選された素材で作られる素朴なパン。常時70種類ほどのパンが所せましと並んでいる。毎朝お店で生地から作ってパンを焼き、売り切れてしまったらまた作る。手間のかかる作業を地道にこなし続ける、街のパン屋さんだ。

ブリオッシュ生地で作る、「パンジェンヌの自慢カレーパン」

お惣菜系のパンと一緒に並べられたカレーパン

カレーパンの名前はずばり、「パンジェンヌ自慢のカレーパン」(250円)。ブリオッシュ生地でオリジナルカレーを包んだ焼きカレーパンだ。

軽くさっくりとしたブリオッシュの中に、カレーフィリング

国産牛すじやきのこ、野菜を煮込んで作ったオリジナルカレーが詰まったカレーパン。具材はペースト状にしてあるので、すべてのうま味が一体化している。やや甘さのあるブリオッシュにカレーを合わせるのは珍しいが、これが意外にも相性抜群!

<自宅での温め方>
冷めたままでもおいしいが、トースターで3~4分温めると焼きたてに近いおいしさが味わえる。
焦がさないよう、火力に注意するのがコツだ。
なお、パンジェンヌのパンは電子レンジを使うとかたくなってしまうので、トースターかオーブンのみで温めてほしいとのこと。

こちらもオススメ! パンジェンヌの人気商品

「バゲット」(290円)と「クロワッサン」(210円)

パンジェンヌの一番人気は、バゲット。そして二番人気はクロワッサンだそう。どちらも、毎日食べても飽きないおいしさが自慢!

お花見に持っていきたい、春のパン

こちらは春の新作「チェリーブロッサム」(250円)。桜の花の塩漬けにキルシュ漬けのドライチェリー、さらにホワイトチョコレートが練り込まれている。今年新登場の、春らしく贅沢なパンだ。

Yahoo!ロコブランジェリー パンジェンヌ
住所
愛知県名古屋市名東区小池町7 小池ビル 1F

地図を見る

アクセス
藤が丘(愛知県)駅[1]から徒歩約3分
本郷(愛知県)駅[2]から徒歩約12分
上社駅[2]から徒歩約19分
電話
052-799-8409
営業時間
水~日 08:00~19:30
定休日
毎週月曜日、毎週火曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

※文中の価格はすべて2018年3月現在

取材メモ/ピカソは王道の揚げスタイル、パン・ド・ジャルダンはお惣菜パン風、パンジェンヌはサクッと軽いブリオッシュ。それぞれまったく違うパンなのに、すべて「カレーパン」。おいしければなんでもアリ! という、カレーパンの懐の深さを感じました。

取材・文・撮影=一番ヶ瀬 絵梨子(日本プリコム)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES