美女3人が体験!「デカ盛りスイーツ女子会」とは

特集

食べたい! うわさのデカ盛りグルメ

2016/05/17

美女3人が体験!「デカ盛りスイーツ女子会」とは

たくさん食べるのは大好き! でも「デカ盛り」と言われると、なんかマニアック……なんて思っていませんか? でも、そんなことはありません! 今、大人の女子会でも楽しめる「デカ盛りスイーツ」が注目されているのです。その魅力を、仲良しモデル美女たちがレポートします!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

デカ盛りスイーツ初体験のモデル美女3人が集合!

近年、多くのメディアで話題になり市民権を得ている「デカ盛り」というジャンル。ラーメンやカレー、揚げ物などのB級グルメから、バケツプリンなどのスイーツまでその種類もさまざま。テレビを見ながら「これをおなかいっぱい食べるの、夢だったんだよな〜」と思ったことがある人も多いのではないでしょうか。

しかし大食いタレントさんがペロリと平らげる姿には爽快感があるものの、実際にチャレンジするには、ハードルがあるのもまた事実。

そんなデカ盛りに興味はあれど未体験な人々に、その魅力を知ってもらうべくスイーツ大好きなモデル美女3人が集合しました!

左から鈴木瞳さん(20歳)、比留川良子さん(29歳)、土屋育美さん(32歳)。雑誌やウェブサイトなどで活躍中のモデル。スレンダー美女ながら3人とも筋金入りのスイーツ好き!

いざ! デカ盛りスイーツの世界へGO!

エキゾチックな店内は、写真の座敷など全250席とゆったりした広さ。店頭のシンボル・モヤイ像は、渋谷駅南口のモヤイ像も作った同店のアートチームが手掛けたとか

3人が訪れたのは都内に7つの系列店を構える「TOM BOY106渋谷道玄坂店」。インドカレーをはじめとするエスニック料理のお店ですが、ここにどんなデカ盛りスイーツがあるのでしょうか。

比留川良子(以下:比留川) スイーツビュッフェはよく行くけどデカ盛りは初めて! 2人は行ったことある?

鈴木瞳(以下:鈴木) 私も食べ歩き派なので、今回が初めてです。

土屋育美(以下:土屋) この間、鎌倉で大きな白玉を食べたけど、今日のはレベルが違いそう!

比留川 ついこの間、テレビで紹介されているのも見たし、店頭にも有名人が食べている様子が貼りだされていて、それだけで期待が高まるよね。

席に着いた3人はさっそく噂のデカ盛りスイーツを注文。
待つこと約15分、期待に胸をふくらませる3人のもとに店員さんが運んできたのは……

店員さんが運んできたパフェを見てびっくり! 予想を超えた大きさに目が泳ぐ3人

インド人の店員さん ナマステー! 「モーモーパフェ」お待たせしマシター!!

比留川 わぁ〜!

土屋 思った以上に大きい!

鈴木 すごすぎ……。


衝撃のデカ盛りスイーツの名前は「モーモーパフェ」(2800円・税抜)。この店の名物です。パーティーの定番メニューとして、多いときは1日で50個も出る日もあるんだとか。

高さ40cmを誇る特大スイーツが「モーモーパフェ」の正体!?

その大きさもさることながら、バチバチと音をたてる花火にもびっくり

比留川 これって何人前なんですか?

インド人の店員さん だいたい6〜8名様で注文されることが多いですケド、中にはお1人でいらっしゃる方もイマス。この間は20歳になった記念に女のコが1人で注文されマシタ。

鈴木 1人……その人は女子プロレスラーでしたか?

高さは約40cm。総重量はなんと約1.5kg!

土屋 ピッチャーに入ったパフェは見たことあるけど、これは下にかき氷のボウルまであって、人生で初めて見ました!

鈴木 すごいバランスで積み上がっていますね。あ、イチゴが顔になってる!

飾られたハートのパイやイチゴには、かわいらしい顔の細工が。チョコスティックの先にもホイップクリームと芸が細かい。なんだかアート作品にも思えてきた
ボウルの中はトロピカルな色のかき氷。フルーツも添えられて南国ムード満点! まさにデカ盛りパラダイス!!

デカ盛りの楽しみ方1:写真撮影してSNSにアップ!

いつもは被写体のモデルたちが、デカ盛りスイーツを前にシャッターを切りまくる!

ではさっそく、食べてみましょう……とはならないのが女子会。自然に撮影大会が始まります。

土屋 この大きさ、どうやって撮ったら伝わるかな〜。

比留川 インカメラで顔と対比させる? でも大きすぎて顔が隠れちゃう(笑)。

土屋 えー、ちょっと立ち上がっちゃおうかな。

鈴木 みんなで一緒に写らないと、1人で食べたと思われちゃう(笑)。

比留川 色もカラフルだし、フォトジェニックなパフェだね!

土屋 さっそくインスタにアップしよう! 甘党仲間たちがうらやましがるはず。

比留川 じゃあ、アイスが溶けないうちにいただきますか!

土屋・鈴木 いただきま~す!!

デカ盛りスイーツの楽しみ方2:みんなでワイワイ食べる

ついにモーモーパフェの牙城に切り込む3人

土屋 大きすぎて、どこから手をつけていいか迷っちゃうね。

比留川 私、アイスからいくね。カシス味だ〜美味しい!

鈴木 私はやっぱりイチゴからかな。でも顔が描いてあるからひるんじゃう(笑)。

「大好きなアイスがいっぱい入ってて嬉しい〜!!」(比留川さん)

土屋 生クリーム、フルーツ、アイスときて、その下にはビスケットとかお菓子が挟んであるんだね。やっぱりボリュームがすごい!

比留川 ボウルのかき氷と交互に食べると、さっぱりしていいよ。

鈴木 食感の違うものを順番に配置してるから、飽きずに食べ進められますね。

「まさに子供の頃にイメージしていた夢のスイーツそのもの!」(土屋さん)
「冷たーい! あまーい! 楽しーい!」(鈴木さん)

食べ進めるうちにどんどん無口になってくる3人。

土屋 なんか真剣に食べちゃうね。

比留川 ビュッフェもそうだけど、大きいと「食べきるぞ〜!」」みたいな使命感が生まれてくるよね。

鈴木 崩れないように考えて食べないといけないから、ゲーム感覚もありますね(笑)。ところで漫画やドラマで、失恋してスイーツをやけ食いするシーンをよく見ると思うんですけど、2人はしたことありますか?


比留川 私は失恋したときはそれどころじゃないかも(笑)。どっちかって言うと食べるときは楽しい方がいいから、デカ盛りスイーツも誕生日会やクリスマスパーティーみたいなイベントシーンで食べたいな。

土屋 私はお酒も好きだから、大勢で飲んで酔っ払った勢いで「頼んじゃう?」みたいな感じでワイワイ食べたいな。どんなに食べてもスイーツは別腹だからね(笑)。

鈴木 どんなシーンでも美味しく食べるのが一番ですよね!

デカ盛りスイーツ、初体験の感想は?

大満足の3人。初めてのデカ盛りスイーツはいかがでしたか?

鈴木 やっぱりイベント感というか、普通のスイーツを食べるのとは違う感覚で楽しかったです。話のネタにもなるし、そのお店も記憶に残るところもいいなと思いました。

土屋 出てきたときのインパクトとか、みんなで囲んで食べる楽しみはデカ盛りスイーツならではだなって。キッズも喜びそうだから、ママの友だちとも来たいな。

比留川 ケーキを1ホールとかは、やろうと思えば家でできるけど、このパフェは家じゃ食べられないから、特別感がありますよね。デカ盛りスイーツって若いコ向けっていうイメージがあったけど、実際にやってみたら楽しかったので、今度はプライベートで計画してみます!

取材メモ/かわいい、楽しい、美味しいと三拍子そろったデカ盛りスイーツを、大食いの人だけに独占させておくのはもったいない! 記念日や思い出作りにも一役買ってくれそうです。

構成=笹 元(Roaster)、取材・文=橘川麻実、撮影=田形千紘(Roaster)

※掲載の内容は2016年5月時点の情報に基づきます。
※2019年6月に店舗(住所、電話番号、営業時間など)、メニュー、料金などの一部情報を更新しました。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

SERIES