クレープ専門店「TAJI MAJI」で本格スイーツはいかが。

2018/09/11

クレープ専門店「TAJI MAJI」で本格スイーツはいかが。

代官山の「TAJI MAJI」は、「花とクレープ」をコンセプトにしたクレープ専門店。もともとフレンチのシェフであるオーナーが作り上げるクレープは、まるでフレンチのスイーツをそのまま花束にしたような上品で華やかな味わい。可憐な花とともに楽しんで。

ルトロン

ルトロン

「花とクレープ」がコンセプトのクレープ専門店

クレープ専門店「TAJI MAJI」で本格スイーツはいかが。

代官山にある「TAJI MAJI」は「クレープと花」をコンセプトにしたクレープ専門店。店頭に並ぶ花々が鮮やかに彩るロマンティックな空間で、洗練された内装デザインです。

思いが込められた美しすぎるお花クレープ

クレープ専門店「TAJI MAJI」で本格スイーツはいかが。

「TAJI MAJI」は、1800年代の中世の花束「Tussy Mussy(タジマジ)」に由来しています。かつては花に気持ちを託して贈り、その花言葉から相手の気持ちを知るという風習がありました。

10種類あるクレープにもひとつひとつ物語やメッセージが込められています。「リリー」「ホワイトローズ」「プルメリア」など花の名前が名付けられており、その花言葉や、ストーリー、味わいなど様々な視点から、その日の気分にあわせて選んでみて。

本格フレンチのスイーツをこだわりの生地で包んで

クレープ専門店「TAJI MAJI」で本格スイーツはいかが。

華やかな見た目のみならず、上品で洗練された味わいも魅力のひとつ。

クレープのベースとなる生地は、水と小麦に「隠し味」をプラス。焼くときのラム酒の香り、バターの焦がし方など、細部までこだわり、じっくりと焼き上げることでパリッとした食感はありつつも、上品でモチっとした味わいに仕上げています。

マカロンや、フィリング、生クリームなどクレープの生地に包む素材は、全て店内の工房で手作りしたもの。ひとつひとつの素材が最大限に引き立つようなフレーバーを生み出します。

色彩豊かなお花と一緒にクレープを堪能

クレープ専門店「TAJI MAJI」で本格スイーツはいかが。

花束のように美しい「プリムラピスタチオ」(900円)は、マカロン、ベリー、ピスタチオ、クリスタリゼという手法で砂糖漬けにしたすみれの花をトッピング。

食べてしまうのがもったいないほど華やかで、生クリームやピスタチオのなめらかな口当たり、マカロンのサクッとした食感、それを引き立てる生地の風味が絶妙なハーモニー。

人気のメニュー「クレープと花束」(クレープ+500円)は、クレープとともに小さな花束をいただけます。ピンクとラベンダーの色合いを引き立てるよう黄色系のお花をチョイス。お店で体験した思い出をその瞬間だけでなく、家に持ち帰って楽しめるところも魅力のひとつです。

花束とスイーツが織りなす物語を最後まで

クレープ専門店「TAJI MAJI」で本格スイーツはいかが。

色彩豊かで洗練された包み紙のデザインは、オーナーの大好きな洋菓子ブランドからインスパイアを受けて生み出されたもの。可憐な花をより一層引き立てる洗練されたデザインは見ているだけで心が弾みます。花々の前はちょっとしたフォトスポットのようになっており、SNS映えも抜群です。

代官山駅から徒歩8分、 八幡通りの外れにひっそりと佇む「TAJI MAJI」。知る人ぞ知る本格クレープ専門店で、自分だけのお気に入りの味わいを見つけてみて。

この記事を書いたライター情報

ルトロン

ルトロン

旅するように人生を楽しむ、大人の女の30秒動画マガジン。常に自分の世界を広げ、刺激を受けながら、毎日を楽しみたい。そんな大人な女性のための動画コンテンツを毎日提供。

ルトロン が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES