観光客のみならず、地元ファンも多数! 秋田駅の人気駅弁3選

特集

【特集・第3回】地元色満載! 全国のタウン誌が選ぶ人気駅弁

2018/05/13

観光客のみならず、地元ファンも多数! 秋田駅の人気駅弁3選

今回は、秋田駅で人気のある駅弁を3品ご紹介。数々の受賞歴で味に定評がある「鶏めし弁当」、明治35年の創業当時から変わらぬ味を守り続ける「特製 牛めし」、しょっつるからバター餅まで県内の名物を“良いとこどり”した「秋田のんめもの弁当」など、秋田らしさを発揮した弁当を実食レポート!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

ローカルに愛されるなじみの品で、秋田を味わおう!

秋田名物と言えば、比内地鶏、きりたんぽ……あなたなら何をイメージしますか? 今回ご紹介する駅弁は、そんな一般的な名物のイメージとは少し違う、ローカルな“秋田の味”を堪能できる弁当。電車やバスの行き来でにぎわう秋田の玄関口、「秋田駅」で購入できます。

\私が体験レポートします!/

観光客や地元の人々が行き交う「秋田駅」にて、人気駅弁をリポート!

秋田生まれ、秋田育ち、正真正銘の秋田っ娘(?)。酒の肴からデザートまで、食べることをこよなく愛するライター・遠藤真悠が、秋田駅の人気駅弁を実食レポートします。「冷たくてもなぜかおいしい駅弁は、大好物!」

ご紹介する駅弁は、こちらのNewDays秋田中央口店で購入できます。中央口改札のすぐそばなので便利!

人気の駅弁が買えるのは、秋田新幹線の改札口を出てすぐ左手にある「NewDays秋田中央口店」。駅弁のほか、秋田新幹線「こまち」のオリジナルグッズや秋田名物、お土産品もずらりと並んでいます。秋田に到着した時でもこれから新幹線に乗る時でも、すぐに購入できるのが便利。駅弁は店先のショーケースに並んでいます。

店舗売上No.1の「鶏めし弁当」! 昔ながらの味に地元ファンも多数

小ぶりなのに存在感のある、赤いパッケージが目印

秋田駅の駅弁でまずご紹介したいのが、(株)花善が販売する「鶏めし弁当」880円。花善の本社・工場は秋田県大館市。明治32年、大館駅の開業と共に弁当の駅構内販売を始めた老舗の弁当店です。その花善の目玉商品「鶏めし弁当」は平日でも1日50個、繁忙期になると200個は売れるという人気ぶり。もちろん、駅弁売り場での売上はNo.1。観光客だけでなく地元の根強いファンも多く、自宅用に購入する客も珍しくないのだとか。

私も小さい時から、駅弁と言えば「鶏めし弁当」でした。たっぷりの鶏肉に食欲増進!

では、早速いただきます! ぎっしり詰まったご飯にのったたっぷりの鶏肉に食欲がそそられます。一口食べてまず感じるのは、「ほんのり甘〜い!」。醤油ベースの秘伝のタレはほんのり甘く、鶏肉は柔らかく食べやすい。モチモチとした食感のあきたこまちとの相性も抜群です。一見少なそうに見えますが、実はボリューミー。一箱でおなかいっぱいになれました。

鶏肉は食べやすい大きさ、甘めの味付け。創業当時から守り抜いている秘伝の味なのだとか

秋田の駅弁長老の「特製 牛めし」! その歴史は100余年

明治35年の創業当時から販売されている、秋田駅で一番歴史のある弁当なのだそう

次にご紹介したいのは、老舗仕出し店関根屋の「特製 牛めし」1000円。明治35年、関根屋の創業当時から販売されている弁当で、秋田駅では一番歴史のある弁当です。昔から変わらぬ定番の味に、地元のリピーターも多数。売り場でも人気の高い、オススメ弁当です。

牛肉とこんにゃく煮が敷き詰められています。おなかいっぱいになれそう

想像以上に牛肉がぎっしり。こんにゃく煮とのバランスも絶妙ですね。牛肉の味付けはしっかりめですが、濃すぎず丁度良い甘辛味。関根屋秘伝のスープでじっくりと煮込んでいるのだとか。

あきたこまちとの相性も良く、どんどん箸がすすみます

牛肉と同じ味付けのこんにゃく煮も、ご飯のお供としてしっかり存在感を発揮。付け合わせの煮物を時々つまみながら……最後はあんずのシロップ煮で締め!

牛肉はしつこすぎない甘辛い味付け。白いご飯との相性も抜群

1日10個程度の数量限定!「秋田のんめもの弁当」

上紙は「秋田のんめものマップ」。秋田県内の名産が地図になっています

最後にご紹介するのは、「特製 牛めし」と同じ関根屋の「秋田のんめもの弁当」1100円。2017年9月に発売されたばかりの弁当です。「んめもの」とは「旨いもの」という意味の秋田の方言。秋田にゆかりのあるおかずが少しずつたくさん入っているので、食事としてはもちろん、おつまみにもぴったり。こちらは数量限定での販売。1日に多くても10個程度しか置いてないそうなので、お早めに。

パッケージを取ると、中にも別バージョンの「んめものマップ」が

ふたを開けると、関根屋名物の特製牛めし、しょっつる焼きそば、舞茸のバター醤油炒め、バター餅……とっても品数豊富! まずは牛めし。こちらは、安定の旨さです。次に、しょっつる焼きそば。ダシが効いた塩辛さが、おつまみにぴったり! マリネでさっぱり、舞茸のコリッとした食感、シソの風味がガツンとくるダイコンのシソ巻き……どれも異なる風味と味わいなので、飽きずにどんどん食べられちゃいます。デザートは、待ちに待った「バター餅」。柔らかくて優しいミルキーな味わいに、幸せが止まりません……。ごちそうさまでした!

男鹿のしょっつる焼きそば。秋田名物「ハタハタ」を漬け込み作った魚醤を使っています
Yahoo!ロコNewDays秋田中央口店
住所
秋田県秋田市中通7丁目1-2 秋田駅改札外コンコース

地図を見る

アクセス
秋田駅[西口]から徒歩約1分
羽後牛島駅[出口]から徒歩約35分
電話
018-884-1556
営業時間
5:30〜21:10
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/今回ご紹介した3品は、どれもお店人気の商品というだけあって、甲乙つけがたいおいしさでした。駅弁の良さは、その土地の名物を手頃に味わえるところ。せっかく遊びに来たのなら、いつも食べられるものじゃなくて、地元の「んめもの」をいただきたいですよね。

取材・文=遠藤真悠 撮影=aosaki

月刊あきたタウン情報

月刊あきたタウン情報

毎月25日発行、390円

「秋田のたのしいコト、みつけよう!」をコンセプトに、秋田県内のグルメ、イベント情報などを紹介。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES