精神科医が提案。笑いとスパイス料理で新年度も楽しく過ごす

連載

星野概念のめし場の処方箋

2018/03/31

精神科医が提案。笑いとスパイス料理で新年度も楽しく過ごす

精神科医として総合病院に勤務する傍ら、文筆、音楽、ラジオなどマルチに働く星野概念が「食べに行く」という行為を通して、「こころ」に関する気づきをひも解く。

星野 概念

星野 概念

精神科医

「笑い」は心身にとても良い影響をおよぼします。当然なことであり、偉大なことです。

こんにちは、精神科医の星野概念です。

この連載は、日常の食生活の中から僕が感じたり考えたりしたカウンセリング的要素をみなさんにご紹介するものです。

前から訪れていた上野・御徒町エリアで、鉄壁の幸せコースを見出しました。その基盤は笑うこと。笑った後のスパイス料理と自然派ワインは驚くほどに素晴らしかったのでした。新年度が始まるこの時期に、心のサプリメントになりうるコースをご提案します!

  

【目次】
1.上野・御徒町エリアで必笑!
2.笑いは心身にとても良い
3.新年度、笑いを心のサプリメントに


1. 上野・御徒町エリアで必笑!

・バスケから離れ、お笑いに目覚める

僕は10代の頃からお笑いが好きですが、そのきっかけになった大きな出来事があります。

時は1990年代、つまりスラムダンク全盛時代。

  

僕は中学でバスケ部に入り、たまたまシュートがたくさん入った試合をきっかけに

  

自分のロールモデルをミッチーこと三井寿に設定していました。

  

ところが、第二次性徴による身長の伸びが恐ろしく乏しく、身長がフィックスしたであろう中学3年の時でさえ、ミッチーとの身長差は20センチ。

  

高校ではバスケを諦めてラクロス部に入部しましたが、

  

バスケへの気持ちはなかなか捨てられず、部活をサボってぶらぶらする日々が続きました。

  

バスケをせず、いじけた生活を送り、でも心の中では

「バスケがしたいです」

  

と呟いていたであろうことは、さすがロールモデルが三井寿なところですが、僕には安西先生のような先生との出会いはありませんでした。

  

というか、そもそもミッチーのようにバスケの才能があったわけではないので、ただただ少しずつバスケから離れていっただけでした。

  

なかなか次なる興味を見つけられず、心が路頭に迷い、

  

もうこのまま楽しいことはなく大人になるのかな、なんてモヤモヤしていたある日、

  

仲が良かったクイズ研究会の友人に

「お前はこれをみろ」

  

と、大竹まこと・きたろう・斉木しげるの3人からなる「シティボーイズ」のコントが8時間も収録されたビデオテープを渡されました。

  

これが僕の価値観を大きく変えました。

  

このビデオを機に、「シュール」と呼ばれる笑いや演劇が好きになり、それを軸に自分の文化的嗜好を育てていきました。

  

これによって、クラスの中心にいるような、集団を率いる感じの人たちとはうまく仲良くできない「こじらせ感」が確固たるものになってしまいましたが、それと引き換えに、お笑いを中心とする文化への興味を手にしたのだと思います。

  

・鈴本演芸場へ

そして時は2018年3月。

今でもそのクイズ野郎とは仲良くしていて、会うたびに、

「おじさんになってもお互い全然変わらないな」

  

と感動すら覚えるのですが、そんな彼から

「好きな落語家がトリだから鈴本に行こう」

  

と誘われました。

僕もこれまで落語への興味は徐々に深まってきていて、寄席にも時々足を運んだりするのですが、

  

知識や経験値で言えば、クイズ野郎とその妻のそれには足元にもおよびません。

  

そんな彼らがオススメする日なのだから間違いないわけです。

ワクワクしながら開場前に並び、チケットをゲットしました。

・寄席は出入り自由

寄席は出入り自由なので、まず少しだけ御徒町へ飲みに行くことにしました。

アメヤ横丁には有名な立ち飲み屋がたくさんあります。

その日はたまたま有名店の

もつ焼 大統領

に入れたので、混雑する中レモンサワーで乾杯しました。

  

でも、その日の鈴本演芸場の演目は豪華で、乾杯後の大統領での会話を要約すると

「これから鈴本に戻って数々の演目をみるのが楽しみだ」

  

ということを口々に言うだけだったので、これは悠長に飲んでいる場合ではないぞということになり、早々と鈴本に戻りました。

  

そこから約3時間。休憩もありましたが、ほぼ笑い通しです。

  

笑うための空間である寄席で、あんなに面白いことをかわるがわるみせられるわけですから、笑い通しになるのは当然なのです。

  

ゆったりと、笑いが連鎖反応していく雰囲気がとても素晴らしかったです。

  

・演芸評論はできませんが

先ほど書いたように、知識も経験値も乏しいので、その時に誰が出てきて、こんなのが面白かったということは書けません。

  

そんな中、

  

ギター漫談のぺぺ桜井さんは、演奏家目線で見ても素晴らしかったです。

  

もちろん大笑いしながら楽しませて頂いたのですが、「禁じられた遊び」を適当な感じで弾きながら「浪花節だよ人生は」をこれまた適当な感じで歌うなんて、相当な演奏家とみました。

  

きっとガチンコで演奏したら技巧派なんだろうなぁ。

  

三井寿以来、ついに新たな自分のロールモデルに出会ったような気がしました。

  

・最高!羊肉とスパイスと自然派ワイン

大満足で寄席が終わった後は、

  

鈴本演芸場から徒歩10分程度の羊肉の専門店

羊香味坊

に行くことを決めていました。

  

予約のぶっきらぼうさはなかなかハイレベルなこのお店ですが、食べ物も飲み物も全て素晴らしいお店です。

神田にある羊肉専門店「味坊」の系列店で、もちろんメインは羊肉です。

羊肉というとジンギスカンを連想する人が少なくないと思いますが、羊香味坊では串物や水餃子、おやき、チャーハンなど様々な羊肉料理が食べられます。

  

しかもスパイスが劇的に、そして絶妙に効いていて、くさみは目立たないし、食欲が加速していきます。

パクチーもたっぷり。

  

そして、個人的に興奮するのは、冷蔵庫に無造作におさめられたリーズナブルな自然派ワインたちを自由に選べる点です。
と言っても、ワインの知識はあまりないので、どんなワインかわかるわけではありません。

  

ただ冷蔵庫を開けて、迷うのが楽しいのです。

  

そして、これまでの経験だと、知識なく勘だけで選んだワインなのにハズレが一つもない!

  

寄席での興奮と、食事の興奮をごちゃごちゃ話しながら、簡単にボトルは空いたのでした。

  

僕は以前湯島に住んでいたので、上野や御徒町で遊ぶことは比較的多かったのですが、このエリアがこんなに楽しいなんて知りませんでした。

2.笑いは心身にとても良い

笑い、そして笑顔は、心にも体にもとても良いと言われています。

  

・アメリカ心理学会でも

アメリカ心理学会が推奨する5つのストレス対策の中にも

「笑い、笑顔」

は含まれています。

他には、運動、友達などからの社会的支援、ストレスから距離をとること、マインドフルネスが挙げられていますが、今回はここの詳しい説明は割愛します。

笑いが健康に良いなんて当たり前じゃないか!と思いますよね。もちろんそのイメージ通りなのですが、いくつか科学的な知見も提言されてきています。

・科学的根拠をごく簡単に羅列

笑いの効果に関してはかなり昔から研究されていますが、僕が「お!」と思ったのは、

①ナチュラルキラー細胞という免疫機能の大きな側面を担う細胞が活性化するらしい。つまり免疫力が向上するらしい。

  
  

②「交感神経」「副交感神経」からなる自律神経のバランスが整うらしい。「自律神経失調症」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これは正式病名ではないものの、心身的にバランスを崩して辛い状態を指します。笑うとその逆、つまり辛さを軽減する方向への効果があるということですね。

  
  

③脳波におけるリラックスの象徴「α波」が増大するらしい。つまり、笑うことはリラックスできることだという科学的根拠の一端ということです。

  
  

・笑顔自体にも良い効果が!?

他にも、笑顔に似た表情をつくるだけで楽しい感じがわき起こるという実験もあります。

笑顔に似た表情、

  

つまり口を横に広げる表情をすると

  

ドーパミン系の神経活動が変化するそうなのです。

ドーパミンは脳において、「快楽」に関係した神経伝達物質です。

これは、「楽しいから笑顔をつくる」というより「笑顔をつくると楽しくなる」という側面があるのではないか、とすら考えさせる根拠にもなります。

  
  
  

3.新年度、笑いを心のサプリメントに

・芸人さんは偉大だ!

改めて考えてみても、「笑う」ということは素晴らしいことです。

そして、そうさせてくれる芸人さんはとても偉大です。

  

ちょうど一年前、2017年3月まで、コミックバンド「ポカスカジャン」のタマ伸也さんのラジオ番組のアシスタントをさせて頂いていましたが、人を笑わせるのはとても大変なことだなと強く感じました。

  

勝手に主観で書きすぎると、タマさんや他の芸人さんの営業妨害になりうるので、あまり言えませんが、常に笑える場をつくるというのは、きっと想像できないくらい過酷なことのような気がします。

  
  

・寄席は奇跡の場所だ!

そんな場が由緒正しく継承されているのが寄席なのではないでしょうか。

  

こう考えると、これはもはや奇跡なのではないかとすら思えてきます。まぁ、知識や経験値が少ないからこそ言えていることなのかもしれませんが。

・新年度、笑いを心のサプリメントに

でも、とにかく笑いというのは、プリミティブに心身に良い効果をもたらすことが確信的になってきました。

  

もうすぐ新年度で、色々な変化もあり、大変な思いをする方も多いと思います。

  

ぜひ、寄席や、その他の「笑える場所」へ足を運んでみることをオススメします。

そして、その後のスパイス肉料理と自然派ワインは本当に最高です。

  

上野・御徒町エリア、鉄壁の幸せコース、オススメです!!

  

文・構成:星野概念
イラスト:権田直博


星野概念(ほしのがいねん)

星野概念(ほしのがいねん)

精神科医

権田直博(ごんだなおひろ)

権田直博(ごんだなおひろ)

画家

Yahoo!ロコ鈴本演芸場
住所
東京都台東区

地図を見る

アクセス
上野広小路駅[A3]から徒歩約1分
上野御徒町駅[A5]から徒歩約1分
京成上野駅[広小路口]から徒歩約2分
電話
03-3834-5906
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

Yahoo!ロコ羊香味坊
住所
東京都台東区上野3-12-6

地図を見る

アクセス
御徒町駅[南口]から徒歩約2分
仲御徒町駅[2(仲御徒町駅)]から徒歩約3分
上野広小路駅[A1]から徒歩約3分
電話
03-6803-0168
営業時間
7:30~9:30/11:30~23:00(L.O.)土・日・祝 13:00~22:00(L.O.)
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

星野 概念

星野 概念

精神科医

総合病院に勤務し、日々精神医療に従事する傍ら、執筆や音楽活動を行う。

星野 概念 が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL