県庁所在地で県産弁当を制覇! 新青森駅 人気の駅弁3選

特集

【第6回】地元色満載! 全国のタウン誌が選ぶ人気駅弁

2018/06/03

県庁所在地で県産弁当を制覇! 新青森駅 人気の駅弁3選

青森県は北海道への連絡口として、かつては鉄道から連絡船に乗り次ぐ人々の停留地であり、そこで生まれた食文化は今も根付いています。今回は、当時から多くの人に愛され続けている駅弁2種の魅力を体験しました。さらに人気上昇中の新定番駅弁も紹介いたします!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

定番はやっぱり海の幸! 3つの海を満喫!

青森県の県庁所在地にある東北新幹線の停車駅、新青森駅。県外の方は「新幹線の駅」という印象をお持ちかもしれませんが、在来線ホームも併設しているため地元の利用客も多く行き交い、毎日にぎわっています。県外からの旅行客にとっては青森県の主要な玄関口になっていますので、1階にある駅ビル「あおもり旬味館」には、青森県全域からお土産やグルメが集まっています。

\私が体験レポートします!/

青空と駅をバックに。風の強い日でした。寝ぐせではありません

こんにちは。青森県のタウン誌で編集の仕事に携わっている“こばやし”と申します。普段は事務所から取材や制作の各担当に依頼を出すばかりの日々ですが、今回は大好きな“ごはん”の企画ということで、率先して飛び出してきました! 青森の美味しい駅弁をがんばって紹介します!

まるで祭りの日の夜に迷い込んだような非日常感

今回駅弁を入手したのはコチラ、1階の駅ビル「あおもり旬味館」に店舗を構えている「NewDays新青森旬味館店」です。写真中央の広い入口に駅弁コーナーが設けられていて、県内で販売されている駅弁を、ここだけでほぼ全て購入できます。目の前の“あずまし広場”は電車の発着時間を待つ人々でにぎわう憩いのスペースになっていて、赤ちょうちんのやわらかい明かりが非日常の雰囲気を感じさせます。

青森駅弁の超定番「帆立釜めし」

シンプルながら力強いパッケージ。1000円

昭和43(1968)年の発売から半世紀にわたって愛され続けている、青森を代表する「名物海鮮駅弁」地元むつ湾産のホタテがふんだんに使用されているほか、車内で食べやすい手のひらサイズの器も愛される理由で、数ある駅弁の中でも人気を誇っています。

\いざ実食!/

ゴロゴロと入っているホタテに鮮やかな彩りもうれしい

小ぶりながら肉厚で噛(か)み応えがあるのが、むつ湾産ホタテの特徴。ホタテだけでも十分にうま味を感じますが、錦糸玉子や醤油漬けの魚卵と併せることで、味の変化も楽しめます。
ホタテとごはんで全体的にやさしい口当たりですが、コリコリの「山クラゲ」が小気味よい食感をプラスして、箸がどんどん進みます。

むつ湾産らしい小ぶりながら肉厚のホタテ
食感の変化で飽きさせない名脇役「山クラゲ」

青森ならではのホタテをメイン食材に使っているばかりでなく、ふたを開けたときの見栄えから味の変化、食感まで、存分に楽しめる完成された一品。永く愛され続ける理由を堪能しました。

唄が聴こえる粋な器「八戸小唄寿司」

立派な外箱と目を引く寿司のパッケージ。1150円

発売開始は昭和36(1961)年という長い歴史を持つ一品。発売から数年後には「全国駅弁コンクール」で第1位を受賞した実績を持つ大人気ロングセラー商品。小唄にちなんだ細かなアイディアも必見です。

\いざ実食!/

大きめの切り身がびっしり敷き詰められている

厳重に包まれているフィルムをはがしていくと、ツンとした酢の匂いとともに、しめサバとしめベニザケだけのシンプルな寿司が登場! しかし圧倒的な存在感です。

ふたを取る前の箱は、三味線の胴を模している

注目すべきはお箸と一緒に添えられている「バチ」。三味線の胴を模した器のように“小唄”らしさを出すための小物かと思いきや、実はこれ、ただの飾りじゃないんです。

「バチ」を使って切り分ける
実用性を兼ねた演出が楽しい
八戸近海産のサバ。ネタも肉厚で食べ応え十分

味はもちろんのこと、箱やバチなどのアイディアもうれしい「八戸小唄弁当」。さすがは駅弁コンクール第1位を受賞した商品でした。

海を越えて「懐かしの津軽海峡にぐ・さがな弁当」

包み紙は新聞風で、広げると両面に記事が書かれている。1300円

平成28(2016)年に発売された新作の駅弁ながら、同年開催の「JR東日本駅弁味の陣」で堂々の2番人気「駅弁副将軍」に輝いた一品。
津軽海峡をテーマに青森県と北海道道南のうまさを詰め込んだ駅弁は、すでに青森の新定番といえる人気商品です。また、青森の駅弁では珍しい「肉」がメインになっているところも注目ポイント!

\いざ実食!/

名前のとおり「にぐ」と「さがな」のW主演

弁当内は3つのエリアで構成されており、右側「にぐ」部分が「青森県」を、左側「さがな」部分が北海道道南を表現しているそうです。そして中央部は「津軽海峡部分」で、2道県に共通していたり食べ方の似ている料理が配置されています。

「津軽海峡部分」から一品。荒々しい海に思いをはせます
青森食材の「にぐ」コーナー
北海道道南の「さがな」コーナー

「にぐ」コーナーは、青森県産の牛肉とゴボウを青森県人のソウルフード「スタミナ源たれ」で味付けした焼き肉のっけごはん。ゴボウの食感がいいアクセントです。
「さがな」コーナーは、ニシンの甘露煮やほぐしサケのほか、イクラやカズノコなど、海を感じる食材がふんだんにちりばめられています。

「津軽海峡部分」にはデザートも

シメに味わいたいのが「津軽海峡部分」の、「杏の梅漬け」と「りんごのシロップ漬け」。絶妙な甘さで心を満たしてくれました。
「にぐ」「さがな」に加えてデザートまで味わえるのは、新作の駅弁ならでは。それぞれの料理の完成度も高く、ぜいたくな一品です!

Yahoo!ロコニューデイズ新青森旬味館店
住所
青森県青森市石江高間140-2

地図を見る

アクセス
新青森駅[西口]から徒歩約0分
津軽新城駅[出口]から徒歩約25分
青森駅[西口]から徒歩約48分
電話
017-761-1051
営業時間
6:30~20:30
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/今回は、むつ湾のホタテ・太平洋のサバ・津軽海峡の文化を反映した料理が使われている駅弁を紹介しました。それぞれに青森県らしさが生かされ、駅弁ならではのパッケージ・コンセプト・小道具・食材の魅力と楽しさを、改めて感じることができました。
今回紹介できなかった駅弁にも、まだまだたくさんの「青森」が詰まっています。もちろん山の幸だって美味しい! ぜひみなさんも体験してみてください! 

取材・文・撮影=コバヤシやばこ

ふい~らあ倶楽部

ふい~らあ倶楽部

隔月25日(奇数月発行)、480円

【3世代しあわせ家族】をモットーに「おトクすぎる! 楽しすぎる! 使える地元マガジン」として、毎号JIMOTOの愛され情報にトコトン密着!! 発行エリア:青森県全域、秋田県北 発行部数:30000部。

\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES