福井らしさとおいしさをとことん追求。福井駅 人気の駅弁3選

特集

【第6回】地元色満載! 全国のタウン誌が選ぶ人気駅弁

2018/06/03

福井らしさとおいしさをとことん追求。福井駅 人気の駅弁3選

明治35(1902)年の創業以来、福井駅で駅弁を販売し続けている老舗駅弁屋「番匠本店」。JR福井駅内や隣接するプリズム福井店などにある店頭では看板商品「越前かにめし」を筆頭に、福井らしさ、記憶に残るおいしさをとことん追求した、個性豊かな駅弁に出会える。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

ジュラシック・パークさながらのJR福井駅はご当地グルメ天国! 

恐竜の化石発掘量日本一! 恐竜の動く巨大モニュメントやベンチに座った恐竜博士などが迎えてくれ、ジュラシック・パーク化していると巷で話題のJR福井駅。“恐竜押し”一色に見えるが、駅周辺にある「プリズム福井」や「ハピリン」などの商業施設では、海の幸・山の幸に恵まれた福井県のおいしいご当地グルメがいっぱい。

\私が体験レポートします!/

福井の駅弁なら、老舗駅弁屋「番匠本店」のお弁当が勢ぞろいしている「福井駅桜むすび」におまかせ! 

ライター歴16年目、生まれ育った福井と旅、そしておいしいものをこよなく愛するママライター、宇都宮です。グルメ取材が大好き。国内外問わず、旅先ではご当地グルメハンターへと変身し、気になっているお店を落とし込んだマップを頼りに、一軒一軒食べ歩きしています。その土地ならではのグルメが手軽に楽しめる駅弁、最近どんどん進化しているらしいので、今日の取材がとっても楽しみです! 

カニやサバ、若狭牛など、福井のおいしい厳選食材をふんだんに使ったこだわりの駅弁がズラリと並ぶ。パッケージを眺めているだけで心躍る

JR福井駅改札出口から歩いてすぐ。隣接する商業施設「プリズム福井」にある番匠本店の駅弁直売店「福井駅桜むすび」。店頭では、福井駅名物でもある、カニをかたどった容器も愛らしいロングセラー駅弁「越前かにめし」をはじめ、姉妹商品の「焼きかにめし」や「黄金のウニ・かに合戦」、「鯖棒寿し」など、福井県ならではの魅力が詰まったお弁当を販売している。また、へしこや福井梅など、特産品の具材が入ったおむすびも大好評。

全国駅弁ランキングでも常に上位に入る名物「越前かにめし」

カニをかたどったレトロな赤の容器がたまらなくキュート。耐熱式容器なのでレンジもOK! 食べ終わった後、お弁当箱や作り置き料理の保存容器としても使える優れモノ

「越前かにめし」(1250円)は、昭和36(1961)年の誕生以来、全国の人々に愛され続けているロングセラー。珍味として喜ばれるセイコガニ(ズワイガニの雌)の卵巣・味噌をほぐして炊き込んだ県産米のご飯に、紅ズワイガニとズワイガニの身をたっぷりと敷き詰めた。全国百貨店の有名駅弁大会でも毎回上位にランクインする人気商品で、店頭でも多い日には1日に100食以上売れる日もあるそう。

\いざ実食!/

ふたを開けた瞬間、ぎっしり敷き詰められたカニの身に感激! 

「カニのお弁当」というと酢でしめられたものが多い中、番匠本店の「越前かにめし」はカニのおいしさを閉じ込めた炊き込みご飯に仕立てている。他の具材は一切いれず、シンプルにカニのおいしさだけで勝負する直球駅弁だからこそ、誕生から50年以上たった今も老若男女問わず多くの人の心をつかんでいるのだろう。

雌カニの内臓を独自の製法で炊き込んだ香り豊かなふっくらご飯と、みずみずしいカニの身のバランス感が絶妙

口に入れた瞬間、カニの風味や甘みが広がり、思わず笑顔に。その場で食べるものいいが、自宅に持ち帰って、容器のまま電子レンジ等で1~2分温めればカニの香りがさらに引き立ち、おいしさ倍増。また、チャーハンや卵を落として雑炊にアレンジしても絶品なんだとか。

つーんと辛い大人仕様、新名物「おとなの焼き鯖寿し」

黒のシックなパッケージがオシャレ。福井土産としても人気が高い

福井といえば焼き鯖寿し。「ほかにはない焼き鯖寿しをお届けしたい」と試行錯誤し、誕生した新名物が「おとなの焼き鯖寿し」(1100円)だ。葉ワサビやゴマを混ぜ込んだ酢飯に、しっとりふっくら食感の焼きサバを乗せて。さらに酢飯の間には、醤油漬けの茎ワサビが……。ちょっぴり辛い、ありそうでなかった大人のための焼き鯖寿し。

\いざ実食!/

一見、普通の焼き鯖寿しと変わらないが、断面を見ると葉ワサビや茎ワサビ、ゴマなどが入っていて何ともおいしそう

サバはスチーム加熱後、焼き上げているので、身がパサパサせず、ふっくらしているのが特長。葉ワサビ・茎ワサビの上品な食感と香りが楽しい、上品な大人味に仕上がっている。発売以来、着実にファンを増やし、名物「越前かにめし」に次ぐ人気商品へと成長した。

食べやすい一口サイズの大きさにカットされているのもうれしい。焼きサバのほどよい塩加減とワサビの豊かな風味に、あっという間に完食してしまった

焼きサバ好きなら一度は食べて欲しい新名物。お酒との相性も抜群なので、カップ酒やビールと一緒に、電車に揺られながらのんびり味わってみたらいかがだろう。昨年発売されたばかりの味噌と山椒を合わせた姉妹商品「永平寺味噌焼き鯖寿し 山椒風味」と味比べしても楽しい。

お土産に大人気! アツアツで楽しめる「福井が一番ソースカツ丼」

大正ロマンあふれるイラストが描かれた、オレンジのパッケージが目をひく

大正生まれの洋風どんぶりの元祖、福井名物「ソースカツ丼」を駅弁化した「福井が一番ソースカツ丼」(1050円)。県産米のご飯の上には、大野のおいしい水で作ったオリジナルソースに浸した熟成豚ロースがのっていてボリューム満点! 加熱式容器なので、できたてのようなおいしさを再現してくれる。

\いざ実食!/

目の細かなパン粉をまぶして揚げた熟成豚ロースのカツが3枚ものった、肉好きにはたまらない駅弁

アツアツのご飯の上にドンッとのったカツと、たっぷりかかったソース。福井県民のソウルフード「ソースカツ丼」を駅弁で見事に再現。シンプルなのに、食欲をそそるフルーティーなソースの香りとジューシーなカツは、一度食べたら忘れられない味だ。

「やっぱりソースカツ丼は温かくなくちゃ!」と、近年、流行りの加熱式タイプの容器を採用

上品な黒の容器の側面から出ている黄色いヒモを引くと、7~8分でできたてのようなアツアツのソースカツ丼が食べられるという仕組みになっている。ふたを開けた瞬間、蒸気とともにソースの香りがふわりと立って、食欲をそそる。

少し甘めの特製ソースがたっぷり染み込んだカツは、後をひくおいしさ

大野市の名水を使用し、いろいろな野菜をじっくりと煮込んで作った秘伝のソースがおいしさの決め手。少し甘めでアツアツのご飯やカツとの相性も抜群。「福井に来たらこれ!」というファン、「ソースカツ丼を食べたことがない家族へのお土産に」と購入していく人も多い。

Yahoo!ロコ福井駅桜むすび プリズム店
住所
福井県福井市中央1-1-25 プリズム福井内

地図を見る

アクセス
福井(福井県)駅[正面口]から徒歩約0分
福井(福井県)駅[出口3]から徒歩約1分
福井駅駅[出口]から徒歩約3分
電話
0776-22-8846
営業時間
月~日 07:30~20:00
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/発売から50年、改良を重ねながら味も容器も少しずつ進化していった「越前かにめし」。久々(ウン十年ぶり)に食べて、“記憶の味”を超えていくおいしさに感動。「たかが駅弁、されど駅弁の精神で、食べた人の記憶に残るオンリーワンの商品を!」と日々、研究を重ねている老舗駅弁屋の心意気に胸が熱くなりました。これから夏季限定の「越前雲丹めし」も登場するそう。こちらも気になります。

取材・文・撮影=宇都宮かよ

URALA(月刊ウララ)

URALA(月刊ウララ)

毎月25日発刊、630円

知的好奇心を刺激する、福井エリアの必須マガジン。◎販売地域/福井県下全域、石川県の一部(加賀エリア)◎発行部数/55000部 ◎販売箇所/書店、コンビニエンスストア、Kiosk、大学生協、その他。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES