小宮山雄飛おひとりディズニー「東京ディズニーシー15周年編」

特集

東京ディズニーシー15周年イベントはこう楽しむ!

2016/04/14

小宮山雄飛おひとりディズニー「東京ディズニーシー15周年編」

定期的にパークを訪れて、“おひとりディズニー”を極めているホフディラン・小宮山雄飛が、15周年イベントでにぎわう東京ディズニーシーを来訪。“男一人”ならではの楽しみ方を12のステップで指南します。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

小宮山雄飛がお勧めする東京ディズニーシー15周年をおひとりで楽しむ12のステップ

皆さんこんにちは、小宮山雄飛です。僕は、ひとりで東京ディズニーリゾートに遊びに行く、いわゆる『おひとりディズニー(僕は個人的に大人の男の場合に限って、孤独のディズニーと呼んでます)』をよく楽しんでいます。

実は僕のおひとりディズニーの歴史は意外に古く、僕が小学校4年生の時に東京ディズニーランドができてすぐにディズニーの世界にどっぷりハマり、まだ年間パスポートもない時代に、当時の小学生としては異例のペースで2カ月に1回くらいは一人で東京ディズニーランドに通っていたので、かれこれ30年近くおひとりディズニーをしているのです(ちなみに小学校6年の時の夏休みの自由研究は『1日でいかに効率的にディズニーランドをまわるか』でした)。

そんな僕が今年で15周年を迎える東京ディズニーシーでのおひとり様の楽しみ方をお教えします。


1.とりあえずのんびりまわる

mod['contents3']
なんとなく街にたたずんでみる

おひとりディズニーの一番の楽しみ方は、とにかくのんびりすることです。
東京ディズニーシーはほんとに街並みがキレイなので、ゆっくりと街の景色や街行く人たちの楽しそうな顔を眺めながら、まずはのんびり過ごしてみるのが、おひとりディズニーの入門編。

中でもアメリカンウォーターフロントのニューヨークエリアは大人が散歩するのにぴったりのおしゃれなエリア!

おひとりディズニー入門編としては、まず行き先も決めずに、景色を見ながらただ 歩いてみましょう

2.昼からビールを飲んでみる

mod['contents3']
バーナクル・ヒルズで季節限定のビアカクテルを購入、裏手にあるピア33は最高 のまったりスポット。昼からワイワイとビールを楽しむカップルやグループを横目に、文字通りひとり酒

大人にとって東京ディズニーシーの魅力の一つはなんといってもアルコールを飲めること

特に天気の良い日は、昼から屋外でビールを飲むのが最高、おひとり様の自由を思いっきり味わいましょう。


3.ハーバーショーを楽しむ

mod['contents3']
外でのショーは天気がいいと最高に気持ちよく鑑賞できます

おひとりディズニーでの欠かせない楽しみがショー。いきなりひとりでアトラクションに乗るのは…という初心者もショーならすんなり楽しめます。15周年を記念したハーバーショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」は見所満載で約30分があっという間!

大人のおひとり様もここぞとばかり童心に帰ります
小宮山雄飛がセレクトした名場面はこんな感じ!
「美女と野獣」の「BE OUR GUEST」に合わせて踊る様子がグルービーなチップとデール
プルート、ダッフィー! 人気キャラの共演がたまりません 
今回、水上の方のクリスタル風の船のデザインもこっています 
ミッキーがついに陸上に! やっぱり感動しますね
プルート、ミニー、ダッフィーが仲良く一緒に船から陸上に下りてきます 
ドナルドとデイジーは今回はずっと一緒に移動。船上の2人も絵になりますね
ダッフィーはまだよくわかりません…。 
オールドスクールなディズニーファンとしては、ゼペットじいさんの現役バリバリのダンスに涙腺が緩みました…

4.読書をする

mod['contents3']
人の少ない場所でひとりのんびり読書

ショーやアトラクションの世界を楽しんだ後は、あえてパークの街並みの中で日常 を体験してみるというのもまた最高の贅沢です。 近所の公園やカフェで気軽に本を読む感覚で、パーク内でゆっくり読書などしてみ るのも、おひとりディズニーならではの楽しみ方。 また、あえて人があまり行かない所へ行ってみるのもいいでしょう。パーク内はち ょっとした路地裏でも、隅の隅までしっかりデザインされてますから、素敵な街並みを独り占めできます!

まるで外国にいるような気分、これぞ大人の贅沢!

5.おひとりランチを楽しむ

mod['contents3']
ひとりでいることが完全に自然体になってきたら、おひとり様中級者です

おひとり様は気楽な稼業~、ということでランチだって好きな時間に好きなものを楽しめます。あえてお昼の混雑時を外して、好きなお店でゆっくり食事を楽しみましょう。今回はニューヨーク・デリで軽めのランチ。

4人がけテーブル席が空いているのに、あえてテーブルじゃない場所で食べて、孤独感を払拭(ふっしょく)するのがおひとりテクニック
なにげなく食べているようで、しっかり15周年記念ドリンクカップをゲット。スーベニア付きメニューなどの下調べもしっかり自分でやっておくのがおひとりディズニーの基本

6.レビューショーを楽しむ

mod['contents3']
ゆったりしたシートでショーのスタートを待つおひとり様

大人も楽しめる東京ディズニーシーの中でも特に大人に人気のショーが「ビッグバンドビート」。ブロードウェイ・ミュージックシアターはまさに大人の劇場、内装の高級感に期待が高まります。

ビッグバンドの豪華な生演奏にのせて繰り広げられる超一流の歌とタップは、優雅な時間を楽しみたいおひとりディズニーにもぴったり! ミュージシャンの僕にとってもたくさんの刺激を受けるショーです。

スウィングジャズにのって、華麗なパフォーマンスで魅せるミッキー!
一流のパフォーマーによるダンスは見所たっぷり
ときにコミカルな振り付けも和みます
グーフィーの衣装もシック
デイジー登場、曲調に合わせてライティングもがらっと変わります
ゴージャスなミニー!
最大の見所はミッキーの圧巻のドラムパフォーマンス
ドラムをたたいてたかと思うと、前へ出てきて鮮やかなタップを披露。スーパースターっぷりに圧倒されます

7.混雑状況をチェック

mod['contents3']
マップとホームページを照らし合わせて、今が狙いのアトラクションを探す。熟練したおひとり様はプロの株トレーダーのように、変動する混雑状況を常にチェックしています

おひとりディズニーでは急がずに混雑をうまく避けてアトラクションを楽しむのが基本。そのための強い味方が東京ディズニーリゾートのオフィシャルホームページ。

各アトラクションの現時点での待ち時間を知ることができるので、ベストのタイミングでお目当のアトラクションに行きましょう。またメンテナンス中のアトラクションなども分かるので、行ってみたら閉まってた…なんていう初歩的な失敗を回避して、スマートにパーク内を移動するのがおひとりディズニー上級者。

刻々と変わる混雑状況をチェック!

8.レストランをはしごしてビールを楽しむ

mod['contents3']
これぞ黄金色に輝くビール!

「昼からビール」はすでに体験していますが、せっかくテーマポートごとに全く雰囲気の違うレストランがあるのだから、1軒で終わっちゃうのはもったいない。1軒目では長居せず1杯で抑えておいて、2軒目以降でゆっくりするのがおひとりディズニーの極意(これは赤羽や立石辺りでのはしご酒においても使える酒飲みの流儀なので、大人は覚えておきましょう)。

ということで2軒目に選んだのはロストリバーデルタにあるミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ。伝説の黄金郷(エルドラド)を探し求めてきた人々が集まるレストラン。おひとり様にとっての黄金といえば黄金色に輝くビール! 文字通りこちらはおひとり様の黄金郷です。

川を眺めながらゆったりと過ごす時間は最高!

9.キャラクターと戯れてみる

おひとりディズニーとはいえ、ずーっとひとりでは寂しいもの。たまにはキャラクターとも交わりたい。しかしミッキーやミニーなど超人気者たちは大忙し。ということで、おひとり様はそれほど忙しそうにしていないキャラクターにあえてコンタクトを取ってみると、人一倍交流をはかってくれます。今回はロストリバーデルタの奥の方でわりとフリーにしていた「ジャングル・ブック」のキャラクター、モンキーと記念撮影してみました。

いちおう記念の2ショット
案の定、必要以上に戯れてくれます
さらにこちらがひるむまでじっくり戯れてくれます

10.15周年記念ワインをたしなむ

mod['contents3']
左からスパークリング、白、赤。どれも記念のワインメダル付き

さすがは東京ディズニーシー、15周年記念ドリンクとして大人向けにワインもあります。おひとりディズニーの締めとしておしゃれにワインを楽しんでみるのもいい感じ!

まずはスパークリングから。さっぱりしてて美味
さらに赤も! ハーフボトルなのでおひとり様でも飲みやすいサイズなのもうれしいです

11.ハメを外してみる

mod['contents3']
浮かれた感じでなぜかワインの色をチェックしてみるのも良いでしょう

ひとりで来ているとはいえ、やはり東京ディズニーシーの15周年のお祭りに来たんだからちょっとハメをはずして楽しみたくなります。ということで、いつものサングラスを15周年記念ファッション用グラスに変えて、浮かれ感を演出。おひとり様も最後は思いっきりはじけましょう!


12.家族・友人への気づかい

mod['contents3']
いうことで、大人も楽しいおひとりディズニー、皆さんも体験してみてはいかがでしょう!

おひとりディズニーを思いっきり楽しんだら、最後の締めに一番重要な行為があります。
それは家族や恋人、会社の同僚への気づかい!

たったひとりで丸1日ディズニーを満喫したわけですから、そのまま手ぶらで帰っては「ひとりだけ楽しんでずるい!」と周りの反発を買いかねません。そこで周りの人たちへの気づかいとしてお土産はちゃんと買って行きましょう! 特に今しか手には入らない15周年記念デザインのものは喜ばれること間違いなし。一緒に来れなかった周囲への気づかいまでしっかりするのがおひとりディズニー上級者の証


「東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」

期間:4/15(金)~2017年3/17(金)

東京ディズニーシー

住所: 千葉県浦安市舞浜
アクセス:ディズニーリゾートライン東京ディズニーシー・ステーションよりすぐ
電話: 0570・00・8632(東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンター)
開園時間: 日によって異なるため公式サイトで要確認
休園日: なし
チケット料金:
1デーパスポート大人(18才以上)7400円、中人(12~17才)6400円、小人(4~11才)4800円
スターライトパスポート(土日祝の対象日15:00~入園可能)大人5400円、中人4700円、小人3500
アフター6パスポート(平日対象日の18:00~入園可能)一律4200円

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


小宮山雄飛

バンド「ホフディラン」のボーカル&キーボーディスト。ディズニーマニアでも知られ、世界中のディズニーリゾートでおひとりディズニーを楽しんでいる。ホフディランはツアー「ホ二人旅」で全国を周ります。

撮影=最上梨沙 ⒸDisney

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES