サラリーマンの天国・新橋で「サクッ!と食える」天そば三選

特集

先週の人気記事 TOP10 (6/4~6/10)

2018/06/04

サラリーマンの天国・新橋で「サクッ!と食える」天そば三選

サラリーマンの忙し〜い日常を支えているのが、「サクッ!」と食べられる立ち食い蕎麦!そんなわけで今回は、新橋で働くサラリーマンから人気のお店が誇る<天ぷら蕎麦>をご紹介いたします。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

東京・新橋といえば、少々懐具合が厳しくとも美味しいものが楽しめる“サラリーマンのユートピア”。実はこのあたり、超ハイレベルな立ち食いそばのお店が集中していることで知られているんです。そこで今回は新橋の人気店が誇る珠玉の<天ぷら蕎麦>をご紹介!

\紹介するのは、こちらの店舗!/

1. 丹波屋
2. そば処 大吉田
3. 蕎麦 さだはる 西新橋店

「丹波屋」  昭和から駅前を見守る昔ながらの名店

JR新橋駅前にそびえるニュー新橋ビルの一階に店を構える丹波屋。新橋リーマンにふさわしいハードボイルドな店構えです

1984(昭和59)年の創業の丹波屋は、駅前という好立地も手伝って、3坪ほどの店内は常時サラリーマン客でいっぱい。店に入ると芳しいダシの香りがプ〜ンと漂ってきます。

そんな同店で特に人気のメニューがこちら。

\「かき揚げそば」(360円)/

具材は、玉ねぎ、人参、春菊と潔く野菜のみ。具材を大きめに切ることで、それぞれの味と食感をしっかり残してます

厚削りのカツオ節とサバ節、そして昆布を贅沢に使ったツユは、やや薄口。ご主人が京都丹波のご出身だからなんでしょうね。天ぷらに注目が集まりがちなお店ですが、ツユにも要チェック。いや本当に素晴らしい香りなんですよ。

麺は、そば粉4割、小麦6割のド定番。このスタンタードな味が良いんです!

常時10種前後を揃える天ぷらは、朝からブッ通しで揚げて続けているとのことなので、サクサク感を堪能出来るチャンスは多そうです。ちなみに常連さんの中には入店と同時にチラッとフライヤーを見て、その時に揚げているものを注文される方もいるんだそう。

「胃もたれしにくい」と評判の天ぷら。油に秘密のこだわりがあるとのこと
かき揚げと並んで人気の「春菊天」。細かく刻んだ春菊をカリッと揚げた逸品です(※単品130円/春菊天そば 380円)

さらに天ぷらを追加するなら、常連客に愛される「春菊天」がオススメです。春菊の爽やかな苦味、衣の濃厚なコク、甘塩っぱいツユが三位一体隣、奇跡の味わいを実現しています。

そして蕎麦と合わせて楽しんで欲しいサイドメニューといえば!

\「ミニカレー」(280円)/

一口頬張ると、口中にスパイスの芳醇な香りが広がる

こちら、じっくり炒めた大量の玉ねぎに、なんと20種類ものスパイスを配合した本格インドカレー。かつて丹波屋で働いていたネパール人女性(のお父上)直伝だそうです。かなりスパイシーですが、それほど辛くないのが良いですね。

店主の上田治平さん(81歳)は界隈の長老的存在。「街の風景ですか…創業当時とは全てが違ってますよ。変化が大きいという意味では面白い街です」
 
Yahoo!ロコ丹波屋
住所
東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル 1F

地図を見る

アクセス
新橋駅[JR烏森口(西側)]から徒歩約1分
新橋駅[8]から徒歩約2分
新橋駅[ゆりかもめ1A]から徒歩約3分
電話
03-3508-9579
営業時間
月~土 07:00~23:00
定休日
毎週日曜日、祝日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

「そば処 大吉田」  冗談みたいに巨大なかき揚げを堪能!

間口が広くて入りやすいのが良いですね。個人的に非常に親近感を覚える店名です

新橋駅を降りて、虎ノ門方面に少し歩いた場所にあるのが、グルマン系サラリーマンからの支持を集める「大吉田(おおよしだ)」。7年ほど前にオープンするや、瞬く間に人気店の仲間入りを果たしました。

そんな同店で特に人気のメニューがこちら!

\「大吉田そば」(590円)/

立ち蕎麦の天ぷらとしては、おそらく都内最大級

なんとも威圧感たっぷりのルックス。エビ、イカ、玉ねぎ、人参、春菊をカリッカリ&サックサクに仕上げた「大吉田天」は丼を覆い尽くすサイズです。とにかくデッカイため、全力で食べても全然減ってる気がしない。サクサク感を楽しみ尽くしたら、今度はタップリとツユを吸わせて、レンゲですくって食べてみてください。これがまたエグい美味さなんです。どんぶり飯が欲しくなる〜。

天ぷらは、とにかくサクサク食感にこだわって揚げてるんだそう。それにしてもスゴイ厚み!
製麺所から、その日の朝に打ったフレッシュな蕎麦を取り寄せている。お店でとった鰹ダシにオリジナル醤油を使ったカエシを加えたツユも◎

と、いうわけで、味、ボリューム共に文句のつけようがない「大吉田そば」ですが、なんと月イチさらにパワーアップするのです!

それがコチラ!どーん!

毎月19日(19日が土日の場合は金曜日に繰り上げ)の「大吉田の日」には、通常150円で販売されているエビ天がサービスされるのです。こいつは豪気!

と、いうわけで、大吉田が天ぷらを推しまくっているお店である事がお分かりいただけたかと思います。そして大吉田のかき揚げヒエラルキーの頂点に君臨する最強のモンスター天ぷらがこちら。

\「超大吉田かき揚げ」(400円)/

エビ好き歓喜のデカ過ぎるかき揚げ

なんと中身はエビと玉ねぎのみという贅沢な逸品です。そしてこのボリューム!ちなみに「超大吉田そば」は750円となってます。これは海老好きが歓喜しそうですねえ。

ちなみにそんな大吉田さん、この2018年3月からは夜の営業もスタート。なんとお酒も楽しめるようになり、飲んべえリーマンの人気も獲得している模様。お酒に関しては気取らないメニューが中心ですが、「獺祭」はじめプレミアム系の日本酒も取り揃えているとのこと。仕事帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

関西出身の店長・雲晴信明さん。「夜の方も『安いし居心地がいい』とご好評いただいてます!是非いらしてください!」
 
Yahoo!ロコ大吉田
住所
東京都港区西新橋1-9-8南佐久間ビル 1F

地図を見る

アクセス
内幸町駅[A3]から徒歩約3分
虎ノ門駅[1]から徒歩約3分
霞ケ関(東京都)駅[C3]から徒歩約5分
電話
03-6206-1660
営業時間
月~金 07:00~16:00,17:00~23:30 土 07:00~14:00
定休日
毎週日曜日、祝日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

「蕎麦 さだはる」 ツユ・そば・天ぷら 三拍子揃った天ぷらそば

「さだはる」は、新橋駅西口から徒歩10分。周辺の情緒溢れる街並みも手伝って、夜間はなんともムーディーな雰囲気に包まれます

新橋天ぷら蕎麦の旅のトリを飾るのは西新橋にある「蕎麦 さだはる」。こちらは、全てのお蕎麦がテイクアウト可能とあって、周辺のOLさんにも大人気のお店です。

人気の理由は大きく3つ!

\その1 ツユがすごい/

みよ!この輝くツユを!

鯖と鰹の削り節を使って取ったダシに、特注のカエシを加えたツユからは、素晴らしい薫香と醤油の香りが漂います。ダシが先に立つことを意識しているため、ツユはある程度薄めとのことですが、お江戸の蕎麦らしくスッキリ辛め。

\その2 蕎麦がすごい/

(ほぼ)十割蕎麦とあって、しっかりとした蕎麦の香りを楽しむことが出来る。ちなみに冷たいお蕎麦も超美味いです

店で打っている蕎麦は、時期によって若干グルテンを混ぜることもあるそうですが基本は十割。とにかく香りが素晴らしいのです。かつてはお店で蕎麦の実を石臼挽きして打っていたそう。そのこだわりは半端じゃありません。

\その3 天ぷらがすごい/

お店の名物である大ぶりの「かき揚げ」は、エビ、イカゲソ、小柱、玉ねぎ、人参、長ネギ入り。総じて具が大きめでゴロゴロとした食感が楽しい。外はカリカリで、中はフワフワ、ちょっぴりクリーミー。まさに理想的な天ぷらです。

サクサクにこだわっている天ぷらの調理には、二つのフライヤーを使用。まず低温でじっくり火を通してシメに高温で表面をカリッと仕上げる。ピーク時に関しても、注文を受けてから揚げている
かき揚げ(200円)。天ぷら蕎麦だと130円で食べられる計算なんだそう。安いよなあ。

この3つの要素を最も堪能できるメニューがこちら!

\「天ぷらそば」(530円)/

十割蕎麦、具沢山かき揚げ、さらには温泉卵までついて、このお値段。気絶レベルのコスパなんですが…
さらに4種のトッピングをご用意!慈善事業かよ!

ちなみにコチラも、夜はお蕎麦を楽しめる立ち飲み屋さんとして、仕事帰りのサラリーマンの憩いの場となっているそう。おつまみで人気なのが自慢の蕎麦ツユを使った「だし巻き」。しっかりミルフィーユ状になっているのがポイントで、まるで湯葉のような心地良い歯ざわりを楽しむことが出来ます。

「だし巻き」(300円)。こちらも注文を受けてから焼いているそう
「実はうどん派」という衝撃の告白をしてくれた店長の後藤貞治さん。「天ぷらに関しては『もう少し小さくてもよかった…』なんて思ってます(笑)。でも評判が良いのは嬉しいですね」
 
Yahoo!ロコ蕎麦 さだはる 西新橋店
住所
東京都港区西新橋2-9-3 クレビル 1F

地図を見る

アクセス
内幸町駅[A3]から徒歩約3分
新橋駅[JR烏森口(西側)]から徒歩約6分
虎ノ門駅[1]から徒歩約7分
電話
03-3597-6025
営業時間
月~金 10:30~15:30,17:00~21:30
定休日
毎週土曜日、毎週日曜日、祝日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材・文/ 吉田大
写真/藤島亮

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES