カレー激戦区・蒲田 ここだけは行っとけ! としか言えない3店

特集

先週の人気記事 TOP10 (6/11~6/17)

2018/06/14

カレー激戦区・蒲田 ここだけは行っとけ! としか言えない3店

餃子に、とんかつ。B級グルメの街・蒲田といえばもう一つ、「カレー」もお忘れなきよう。おなじみのチェーン店からキャラ強めの個人店、はたまた新進気鋭の店まで、そのカレー偏差値はびっくりするほど。そんな蒲田で、押さえておくべきマスト・イート・カレー3軒を紹介します!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

\おすすめはこちら/

1. キッチンすみっこ
2 アーユルヴェーダ・カフェ ディデアン
3 シャングリーラ 蒲田店

1. キッチンすみっこ

「伝説のカレー店」のDNAは残っていた!

2011年オープン。蒲田駅から徒歩7分、住宅街の一角に佇む『キッチンすみっこ』

“蒲田でカツカレーといえば……”と聞かれて必ず店名が挙がるであろう『キッチンすみっこ』。こちらで食べられるのは、かつて蒲田で圧倒的な人気を誇るも、2010年に惜しまれつつ閉店した“伝説の店”『南蛮カレー』の味です。店主の塩屋利守さんは、『南蛮カレー』で35年働き、その味を知り尽くした人物。当時の常連客らのラブコールを受け、同じく17年間『南蛮カレー』に勤めた奥さまとともに、伝説の味を復活させることを決意したのだそう。

そんな『キッチンすみっこ』の一番人気がこちら!

\カツカレー(税込750円)/

豚骨スープのうまみにスパイスとフルーツの甘みが溶け込んだ“ザ・日本のカレー”。山盛りキャベツは『南蛮カレー』時代からのトレードマークだ。復活当時、一口食べて「懐かしい!」と涙した人までいるそう

キャベツも一緒に頬張れば、みずみずしさで口がリセットされ、スプーンの動きがより加速すること必至です。

煮詰めてはスープを足し、また煮詰め……時間をかけて味を深めていく
それにしてもこのペッパーソース(赤)とハラペーニョソース(緑)は一体……?
奥さま
奥さま
「もともと『南蛮カレー』のときの料理長が思いついたアイディアなのですが、常連さんたちはカレーにハラペーニョソースをかけて召し上がるんです。すごい人はペッパーソースと両方かけるんですよ。私? 私は辛いのが苦手なので……(笑)」
試しにハラペーニョソースをかけてみると、なかなかどうして濃厚なカレーと爽やかな酸味が合うこと! 発案した料理長、グッジョブ!

伝説の店のDNAを受け継ぐ『キッチンすみっこ』。初めて食べてもなぜか懐かしく感じるその味をぜひ体験してください。

Yahoo!ロコキッチン すみっこ
住所
東京都大田区西蒲田7-23-9

地図を見る

アクセス
蓮沼駅[出口1]から徒歩約4分
蒲田駅[西口]から徒歩約6分
矢口渡駅[出口1]から徒歩約14分
電話
03-3732-8458
営業時間
[火~土]11:00~15:0017:00~21:00
定休日
毎週日曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

アーユルヴェーダ・カフェ ディデアン

実は日本人と合う? ヘルシーで美味なスリランカカレー

光がたっぷり入る店内はアンティーク家具を中心に落ち着いた雰囲気

『アーユルヴェーダ・カフェ ディデアン』は、アーユルヴェーダ(インド伝承医学)に基づいたスリランカ料理が食べられる珍しいお店。現地のホテルで研鑽を積んだシェフが作るヘルシーなスリランカ料理が食べられるとあって、健康に関心の高い男女から注目されています。

みなさんのお目当てはこちら。

\セルフワンプレート(税込1,500円)/

好きなものを自由に取ることができるセルフワンプレート(おかわりなし)。中心に置いた白米をおかずやカレーで囲むように盛り付けるのが基本スタイルだ
手前は大根のカレー。日本風にアレンジしたものかと思いきや、現地でも日常的に食べられるものだそう。奥には蒸し野菜や小松菜炒めが並ぶ。一度の食事で野菜がふんだんに摂れるのもうれしいところ!

「チキンカレー」とレンズ豆のカレー「パリップ」は定番で、もう1種類は日替わり。そのほかケールとココナッツの和え物(マンルン)や、豆の粉末と小麦粉で作る薄いせんべいのようなもの(パパダン)、ココナッツとオニオンの和え物(サンボル)など、計8種類が登場しました。赤に緑、紫、黄……と食欲をそそる色彩も特徴的。

食べるときはカレーもおかずも思いっきり混ぜるべし! 辛み、甘み、酸味……味の重なりと変化楽しむことこそスリランカ料理の醍醐味だ
シェフのサラワナンさん
シェフのサラワナンさん
「実は、スリランカ料理の味つけに多く使われる“モルディブフィッシュ”は、カツオ節に似た味わいなんです。魚好きの日本人に合いやすいと思います。また、油が控えめなので健康を気にする方にもおすすめです」

遠い国の慣れない料理と思いきや、意外にも日本人と相性が良さそうなスリランカカレー。スパイスたっぷりで、食べるほど身体にいいことをしている気分になるから不思議。今注目のスリランカカレーをみなさんもぜひトライしてみてくださいね!

Yahoo!ロコアーユルヴェーダキッチン ディデアン
住所
東京都大田区蒲田5-12-12 アーヴェストホテル蒲田東口1F

地図を見る

アクセス
蒲田駅[東口]から徒歩約1分
京急蒲田駅[西口]から徒歩約10分
蓮沼駅[出口1]から徒歩約11分
電話
03-3739-0007
営業時間
6:00~14:30
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

シャングリーラ 蒲田店

肉に野菜、魚介……カレーメニューはなんと40超え!

1998年創業。エメラルドグリーンと桃色を基調とした上品な空間

蒲田でも指折りの人気カレー店『シャングリーラ』。なんといってもこちらのお店は、カレーだけで40種類以上(!)と、メニューの多さで有名です。メニューブックを開くと、チキンにマトン、シーフード、野菜……と思わず目移りしてしまいますが、ご安心あれ。ホール担当のタパさんとビクラムさんが丁寧に解説してくれます。

流暢な日本語で接客してくれるビクラムさん(左)とタパさん(右)。気づかいの塊のような二人に聞けば間違いはないだろう

そんな『シャングリーラ』で年間注文数1、2位を争う人気メニューがこちら!

\チキンとナスのカレー(税込1026円)&チーズナン(税込540円)/

鶏ガラスープをベースにクミンやコリアンダーなど10種類ほどのスパイスを使ったカレー。とろりと溶けるようなナス、柔らかいチキン、シャキシャキの玉ねぎ……そしてなにより、ほどよく食感を残したトマトが最高!
牛乳とハチミツを練りこんだ生地をタンドール窯で焼き上げたチーズナンも必食だ。優しい甘みとチーズの塩気との絶妙なバランス。その上びっくりするほどモチモチ
タパさん
タパさん
「『シャングリーラ』のシェフはみなインド出身ですが、カレーは日本人の好みに合わせ、辛さやスパイスを調整しているので毎日でも飽きないと思います。おかげさまでほとんどの方がリピーターになってくださいます」

ちなみに店名の『シャングリーラ』とは“桃源郷”を指すそう。ホッとする温かな接客と日本人のために考えられた絶品カレーは、まさしくつかの間の桃源郷を体験させてくれるはず。

Yahoo!ロコシャングリーラ 蒲田本店
住所
東京都大田区西蒲田7-44-5 カマタITビル3F

地図を見る

アクセス
蒲田駅[西口]から徒歩約2分
蓮沼駅[出口1]から徒歩約7分
京急蒲田駅[西口]から徒歩約13分
電話
03-3730-2972
営業時間
11:00~15:00/17:00~22:00
定休日
元日・2日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材・執筆/井上こん
撮影/安井信介

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES