3000円以下で楽しめる!箱根のランチバイキング5選

特集

新型ロマンスカーに乗って行きたい! 箱根のグルメ15選

2018/04/06

3000円以下で楽しめる!箱根のランチバイキング5選

新宿から最速73分、気軽に行ける温泉地として人気の箱根。せっかく箱根に行くのなら、温泉だけでなく、おいしいランチも楽しみたい。今回は、3000円以下でお得にランチバイキングが楽しめるスポットをご紹介する。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

地場グルメや絶景での食事などがリーズナブルに楽しめる箱根バイキング

箱根湯本駅周辺。山も川もあり、自然豊かな人気観光地だ
2018年3月17日、新型ロマンスカー(GSE)の運行が始まった。前後の最先端に配置された展望車両から、これまでよりもさらにダイナミックな景観が楽しめるようになった

人気観光地である箱根は、まさに“ランチバイキング激選区”! ファミリーもカップルもお一人様でも、おいしくリーブナブルに楽しめる5つのランチバイキングを編集部が実際に訪れ、その人気の秘密を探った。

【今回ご紹介する5店舗はこちら】

1.箱根湯本温泉 ホテルおかだ(箱根湯本エリア)
2.湯本富士屋ホテル(箱根湯本エリア)
3.涌くわくキッチン(大涌谷エリア)
4.えれんな ごっそ(小田原エリア)
5.箱根小涌園 大文字テラス(小涌谷エリア)

1.箱根湯本温泉 ホテルおかだ
(箱根湯本エリア)

充実の和食!鍋を自分好みにアレンジ

【基本料金】大人(中学生以上)2400円/65才以上(年齢確認あり)1950円/子ども(6才〜小学生)1400円/幼児(3才〜5才)550円
【メニュー数】30品以上
【時間】無制限(オープンは11時30分〜14時30分、最終入場は14時)

箱根湯本温泉 ホテルおかだのランチバイキング。常時30品目以上のメニューが並ぶ

箱根湯本温泉 ホテルおかだでは、バイキングの会場が7階にあり、非常にいい眺め。須雲川沿いの景色を見ながら、ランチを楽しむことができる。鍋を自作できる「じぶん鍋」コーナーや、肉をその場で焼いてくれるライブキッチンも用意。常時30品以上のメニューが並び、「高野豆腐菜の花煮」や「梅じそ竜田揚げ」など特に和食が充実している。

会場は7階の「スカイラウンジ」。取材時は川沿いの桜吹雪を見ることができた
オリジナルの鍋「じぶん鍋」が作れるコーナー。醤油、味噌、塩の3種類から鍋つゆを選び、鶏肉や鯛、ホタテ、白菜などの具材をトッピング。固形燃料を使って自分の席で調理をするので、熱々のまま食べられる
提供される料理は、小麦、そば、卵など最大14種類のアレルギー成分が表示されているので、安心して食事ができる
キャラメルプリン、抹茶ババロア、イチゴプリン、黒胡麻プリン、マンゴープリンと5種類のプディングは色とりどりで華やか。そのほか抹茶ケーキやチョコレートケーキ、生キャラメル餅なども並ぶ

2.湯本富士屋ホテル
(箱根湯本エリア)

名物のパンがうれしい食べ放題!

【基本料金】大人2900円/小学生1450円/3才〜700円
【メニュー数】約30品
【時間】80分制

富士屋ホテルと言ったらパン! 牛乳で練った甘く柔らかいパン生地にレーズンの酸味が効いたレーズンパンなど、こだわりのパンが食べ放題

箱根湯本駅出口から歩いて1分の好アクセスなのがうれしい湯本富士屋ホテル。フレンチと中華を中心におよそ30品目のランチブッフが楽しめる。老舗ホテルらしく高級感がある会場で、富士屋名物だというパンやベジタブルカレーはもちろん、和・洋・中のデモンストレーションコーナーがあり、出来立ての料理を味わいたい。

会場となる「姫沙羅」は、木や自然のぬくもりを意識し、光の演出を施した和モダンスタイル
富士屋ホテルの味を引き継ぐベジタブルカレーは特に人気のメニュー。ゴロゴロと大きめの野菜が食欲をそそる
和・洋・中と3つのカウンターでデモンストレーションが行われ、出来立ての料理が振る舞われる。3〜5月は「ちらし寿司」、「ローストビーフ」、「牛すじ煮込み入り担々麺」のメニューだ
ガラスのショーケースを開けると、ショートケーキ、レアチーズケーキ、ミックスベリータルトなど一口サイズのデザートがずらり

3.涌くわくキッチン
(大涌谷エリア)

大涌谷を眺めながら広々ランチバイキング!

【基本料金】大人1800円/子ども1500円/3才以下無料
【メニュー数】約30品目
【時間】45分制

大涌谷くろたまご館内にある「湧くわくキッチン」。黒カレーや讃岐うどんなど約30品が味わえる

「涌くわくキッチン」の最大の魅力は、大涌谷の噴気孔など壮大な眺めを楽しみながらランチバイキングができること。元祖大涌谷黒カレーのほか、麺類、揚げ物、デザートなど、子どももうれしいラインナップ。

訪日外国人観光客や団体客も数多く訪れるが、席数は204席と広々
名物の黒カレー。コクがあり、ついついお代わりしてしまうおいしさ
食後は紫芋、抹茶、バニラ味のアイスと、レモンシャーベットを満喫。甘すぎず、さっぱりとした味わい
地熱と火山ガスの化学反応を利用した「黒たまご」は1個食べると7年寿命が延びると言われている。お土産にも◎

4.えれんな ごっそ
(小田原エリア)

かまぼこや地ビールも。旬が詰まった贅沢ランチ!

【基本料金】平日大人1900円・子ども950円/土日祝大人2200円・子ども1100円/3才以下無料
【メニュー数】約50品
【時間】80分制

えれんな ごっそでは、小田原の地元野菜が味わえたり、豊富なメニューであったりが魅力。ちなみに店名は地元の言葉で「いろいろなご馳走」という意味

鈴廣かまぼこが運営する「えれんな ごっそ」。かまぼこを使った料理を始め、地元小田原の魚介類や採れたて野菜などがふんだんに使用されたメニューが並ぶ。旬のものを提供するべく、月替わりのメニューが多いのも特徴。箱根ピルス小田原エールなど地ビールもぜひ味わいたい。

テラスサイドや個室など合わせて164席。キッズルームもあり、子ども連れも安心
プリプリとしたかまぼこに、にんじんドレッシングやオリーブオイルなどを合わせて食べる
『国際ビール大賞』で12年連続入賞している箱根ピルスなどの地ビールも楽しめる。飲み放題のプラン(箱根ビール3種)はバイキング料金にプラス1780円(税別)
伊達巻スウィーツやオレンジ風味のビールゼリー、汐風のシフォンケーキ(月替わり)など個性豊かなスイーツがたくさん

5.箱根小涌園 大文字テラス
(小涌谷エリア)

世界の料理と充実のサラダバー。オープンしたての穴場ランチ!

【基本料金】大人2500円/子ども1800円/3才〜未就学児1000円
※平日はドリンクバー込み。休日は別途300円
【メニュー数】60品以上
【時間】90分制

オープンしたばかりの「箱根小涌園 大文字テラス」。サラダバーや世界各国の料理を楽しめる

2018年3月1日にオープンした「箱根小涌園 大文字テラス」。20種類以上の野菜を揃えた野菜サラダバー、バラエティー豊かな「世界の洋食」、中華・点心、自家製ケーキやスイーツなど常時約60~70種の料理を堪能できる。

箱根の大自然を眺めることのできる開放感がある店内。座席は208席でゆったり
ローストオニオン、ししとう、ヤングコーンなど20種類以上の野菜が並ぶうれしいサラダバー。8種類のドレッシングに加え、クルトンやガーリックチップ、ケッパーなどのスパイスも充実
併設のライブキッチンでは、出来立ての料理を提供。取材時はオーストリア産サーロインステーキが振る舞われた
もなか、かぼちゃケーキ、ぶどうゼリー、抹茶ムースケーキ、ミルクレープなど洋菓子も和菓子も取り揃えている

取材メモ/ 5店は、旬の食材を生かしたメニュー提供やライブキッチンの実演など随所にこだわりを感じた。箱根に来たのなら、温泉に入るだけでは勿体無い。ぜひおいしいランチバイキングを楽しんでほしい。

構成=シーアール 取材・文・撮影=五月女菜穂

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES