老舗から立ち飲みまで! 福岡の“外せない”うどん居酒屋5選

特集

先週の人気記事 TOP10 (4/9~4/15)

2018/04/12

老舗から立ち飲みまで! 福岡の“外せない”うどん居酒屋5選

福岡の麺文化と聞けばラーメンを想像しがちだが、実は福岡は“うどん発祥の地”でもある(諸説あり)。今回はそんな福岡で誕生したといわれている「うどん居酒屋」に注目! 福岡市内で人気の“外せない”5軒を紹介する。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

“呑めるうどん屋”がブーム!

居酒屋として利用でき、そのまま締めのうどんまでを楽しめることで話題の「うどん居酒屋」。ここでは編集部おすすめの5軒をピックアップ!

【おすすめはこちら!】
1. 唄う稲穂(福岡市薬院)
2. 二◯加屋長介(福岡市薬院)
3. 博多あかちょこべ(福岡市冷泉町)
4. 立ち飲みうどん みのり(福岡市大名)
5. 食事処 ニュー因幡(福岡市博多駅中央街)

1. 唄う稲穂

豊富な一品料理がそろう、福岡のうどん居酒屋の代表格

山いもわさびぶっかけうどん(842円)。冷水で締めたコシのあるうどんにすりおろした山芋、ワサビ、ネギなどがのせ、コクのあるつゆがかかる

福岡の数々の人気うどん居酒屋を輩出したレジェンド的存在「唄う 手打ちうどん 稲穂」が前身。糸島産の小麦で手打ちするうどんは、讃岐うどんのようなコシ“もちっ”とした食感が特徴だ。本枯れ節などでとるコク深いダシも、麺やトッピングに負けない存在感を放つ。

「ゴマサバ」(1058円)、「ネギ塩ダコ」などの一品料理も豊富にラインアップし、居酒屋として利用する人も多い。店内には3つのセラーを設置しており、自然派ワイン(グラス648円~)や日本酒(90ml648円)とアルコールも多種を用意する。

ネギ塩ダコ(864円)。ゴマ油が香る、リピート率の高い人気メニュー。大分県産のタコにネギやカイワレをあえており、レモンをかけるのも◎

\この人に聞きました!/

スタッフの池上鳴海さん
池上鳴海さん
池上鳴海さん
「飲みに行く前のゼロ軒目として利用するもよし、酒を飲みに居酒屋として利用するもよし、飲んだあとに締めだけ食べにくるもよし。夕方から深夜まで長い時間開けていますので、いろいろな形でご利用ください!」
大正大通り沿いに位置。店名が書かれた大きな提灯(ちょうちん)が目印だ
カウンター、テーブルとも座り心地のいいクッション付き。カウンターからは麺ゆでの様子も見える
Yahoo!ロコ唄う稲穂
住所
福岡県福岡市中央区薬院1-10-10

地図を見る

アクセス
薬院大通駅[2]から徒歩約1分
薬院駅[1]から徒歩約6分
薬院駅[中央口]から徒歩約6分
電話
092-716-4159
営業時間
月~土 16:00~27:00
定休日
毎週日曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

2. 二◯加屋長介

こだわりのうどんと多彩な一品料理がずらり!

鶏スープあつかけうどん(1026円)。鶏ガラを6時間炊き込んだスープに、自慢のうどんダシを加えた看板うどん。鶏のうまみたっぷりの同スープを使った鍋や締めのご飯メニューもあり

「唄う 手打ちうどん 稲穂」で修行した店主が開店し、現在では東京にも店舗を構える繁盛店。自家製のうどんには、希少な糸島産小麦を使用。コシがありながらも優しい口当たりで、まさに“讃岐と博多のいいとこ取り”。ダシには羅臼昆布など上質な素材をぜいたくに用いる。

カウンターの頭上には手書きされた70種以上のメニューがズラリ。うどん、肉料理、魚料理、野菜、揚げ物、デザートなどが充実するのは、「“食べたいものがない”という状況をなくしたい」というこだわりから。福岡の高級居酒屋での修行経験を生かした店主が考案した、多彩な一品料理にも注目だ。

雲仙ハムカツ(1貫324円、写真は2貫648円)。薄い衣をまとった厚切りのハムは、かぶりつけばうまみがあふれ出す!

\この人に聞きました!/

店長代理の金子瑛祐さん
金子瑛祐さん
金子瑛祐さん
九州にはほとんど入ってこない日本酒も日替わりで置いているので、日本酒好きの方はぜひ! 5月には東京・青山に関東3店舗目もオープンするので、そちらもよろしくお願いします!」
高宮通りから1本入った路地裏で営業中。小道にあるため、初来店の人はマップを見ながら行くのがおすすめ
メニュー数の多さに驚く。メニュー名の上に付いている“赤い丸”がおすすめ&人気の目印だ
Yahoo!ロコ二○加屋 長介
住所
福岡県福岡市中央区薬院3-7-1

地図を見る

アクセス
薬院駅[2]から徒歩約5分
薬院駅[中央口]から徒歩約6分
薬院大通駅[2]から徒歩約6分
電話
092-526-6500
営業時間
16:00~翌1:00(LO24:00)、日曜・月曜16:00~翌3:00(LO2:00)
定休日
なし
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

3. 博多あかちょこべ

“博多ならでは”な一品&創作メニューが並ぶ、唯一無二のうどん居酒屋

桜えび天うどん(820円)。生の桜えびを揚げた天ぷらの香りが食欲をそそる! 京都の昆布やイリコでとる上品なダシも味わえ、締めにもぴったり

“昔の博多うどん”を再現すべく独自開発した、モチモチ食感の古式胚芽(はいが)麺が自慢。3段階の味の変化で人気の「元祖キーマカレーうどん」(720円)などのオリジナルうどんメニューを展開する。

夜はうどん以外の一品料理も登場。「ごまさば」(600円)といった博多ならではの一品料理ほか、醤油(しょうゆ)のうまみを凝縮した“しょいの実”と食べる「サイコロ厚揚げ」など創作料理も並ぶ。アルコールは九州各地から人気の銘柄を集める焼酎や、日本酒に力を入れる。

ハム仕立て塩豚(650円、手前)、サイコロ厚揚げ(580円、奥)。オリーブオイルやニンニクにつけて1週間寝かせた塩豚はつまみに◎

\この人に聞きました!/

店主の井上裕之さん
井上裕之さん
井上裕之さん
「インパクトのある『元祖キーマカレーうどん』や『ずぼらうどん』(660円)に隠れがちですが、常連さんには『桜えび天うどん』も好評ですね。2時間飲放題付きのコース(7品付き1人3500円)もあるので、団体利用もOKですよ」
博多の総鎮守・櫛田神社から徒歩すぐの位置で営業。内外装は博多の町家をイメージ
1階はカウンター席とテーブル席のみ。2階は20人ほどの座敷席

※祝日の夜の営業は要問い合わせ

Yahoo!ロコ博多あかちょこべ
住所
福岡県福岡市博多区冷泉町7-10

地図を見る

アクセス
中洲川端駅[5]から徒歩約5分
祇園(福岡県)駅[2]から徒歩約5分
呉服町(福岡県)駅[1]から徒歩約6分
電話
092-271-0102
営業時間
11:30~15:00、18:00~22:00(LO21:30)、日曜は昼営業のみ
定休日
不定
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

4. 立ち飲みうどん みのり

厳選した日本酒と自家製うどんをスタンディングで楽しむ!

極上!和牛肉うどん(780円)。有田焼の丼に盛られた和牛肉は100gとたっぷり! 甘辛い味付けとの相性は間違いなし

「ひなた」「まつり」「はなび」と福岡市内に3店舗展開する人気居酒屋の姉妹店。立ち飲みできるうどん店として、大名エリアの奥地に位置しながらも毎夜にぎわいを見せる注目店だ。うどん好きなオーナーのこだわりにより、うどんはその日に打ったものを提供。平麺で、讃岐うどんのようなコシとのどごしが特徴だ。

小石原焼の徳利(とっくり)とおちょこでいただく日本酒(120cc500円、1合700円)は常時、おすすめの銘柄を8種程度ラインアップ。取り扱う銘柄は3~4日ほどで変動していく。

ポテトサラダ(300円)。醤油やみりんなどを合わせた特製の甘ダレをかける看板メニュー。ポテトとタマゴが細かくマッシュされており、口当たりなめらか

\この人に聞きました!/

店長の松尾貴文さん
松尾貴文さん
松尾貴文さん
「立ち飲みならではのわいわいとした雰囲気で、元気に毎晩営業中です。まだ福岡ではレアな専用サーバーで注ぐ『メーカーズマークハイボール』(480円)は、オレンジピール添えで飲みやすいのでオススメですよー!」
細い通りに面しており、店の目の前にはコインパーキングがあるためうっかり見逃さないように!
奥に長い造りで、およそ20~25人程度が入れる。壁にかかった黒板で、その日に飲める日本酒の銘柄がチェックできる
Yahoo!ロコ立ち飲みうどん みのり
住所
福岡市中央区大名1-9-25アンピール大名103号

地図を見る

アクセス
赤坂(福岡県)駅[1]から徒歩約3分
西鉄福岡駅[ソラリア口]から徒歩約10分
天神駅[2]から徒歩約10分
電話
092-715-0603
営業時間
18:00~翌3:00(LO2:00)
定休日
なし
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

5. 食事処 ニュー因幡

博多うどんの老舗が “うどん居酒屋” をニューオープン!

ミニ天丼+温かいうどんセット(780円)。そばに変更することも可能。因幡うどんならではの卓上ネギもスタンバイ※販売は11:00以降

1965年~1992年まで旧天神バスセンターの地下「西鉄名店街 味のタウン」で営業していた食事処が3月に復活。“うまくて 安くて 腹いっぱい”をコンセプトに、定番のうどんはもちろん、コスパのいい定食メニューもそろえる。

会社帰りや待ち時間に気軽に利用できるよう、ちょい飲みメニューも用意。「豚の角煮」(380円)などのつまみのほか、自慢のダシを用いた一品メニューも多数あり。

だし 煮込み牛すじ(480円、手前)、黒玉子(100円、奥)

\この人に聞きました!/

副店長の松澤佐和子さん
松澤佐和子さん
松澤佐和子さん
「因幡自慢のダシが染み込んだ一品は、ぜひアルコールとともにお楽しみください。シメは、創業以来変わらない博多うどん、もしくは当店と先日オープンした『因幡うどん 木の葉モール橋本店』でしか味わえない新商品『因幡そば』、または因幡のだしぞうすいで! うどんは持ち帰りもできますよ」
「因幡うどん 博多1番街店」が営業していた区画に誕生した「食事処 ニュー因幡」
中央にはコの字カウンターを設置
Yahoo!ロコ食事処 ニュー因幡
住所
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティB1F博多1番街内

地図を見る

アクセス
博多駅[4]から徒歩約1分
博多駅[博多口]から徒歩約1分
祇園(福岡県)駅[4]から徒歩約8分
電話
092-481-2085
営業時間
09:00~23:00
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/うどん店の枠を超えたこだわりの一品料理が並ぶ「うどん居酒屋」。ウマいうどんがあって、お酒もおいしく飲めて、そりゃはやるわけだよなあと改めて納得させられるお店ばかりでした!

取材・文=廣田祐典(シーアール) 撮影=高尾正秀

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES