志摩の海の幸を堪能!海女さんが海女小屋でおもてなし

志摩の海の幸を堪能!海女さんが海女小屋でおもてなし

2018/05/01

伊勢志摩は全国でも一番海女さんの数が多い地域です。海女さんとの語らいを体験でき、新鮮な海の幸を炭火焼きで楽しめる「さとうみ庵」。目の前で焼かれる伊勢海老やあわび、サザエ等は小屋の雰囲気と相まって格別です。

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

豪快な海の幸と貴重な海女文化を楽しもう

「海女小屋」を再現した風情ある建物。こちらは、本来の海女小屋の雰囲気に近い畳敷の小屋です

海女小屋とは、海女さんが漁で疲れた体を休めたり、火を焚いて体を温めたりする場所です。漁へ行くための準備や着替えもこちらで行います。
その海女小屋を模した建物で、海女との語らいを体験できる施設が『さとうみ庵』です。

テーブルと椅子の小屋

テーブルと椅子の小屋が昨年5月にオープン。車いすもOKなバリアフリーにも対応した造りになっています。どの小屋からも海が見え、食事をしながら波の音や風景を楽しむことが出来ます。

地元の海女さんが焼いてくれます

熱々の状態で味わえるようにと、箸の進み具合を見ながら一品ずつ焼き上げてもらえる心遣いが嬉しいですね。

海女さんと対面して会話ができます

“火場”と呼ばれる囲炉裏を囲んで、会話を楽しみながら新鮮魚介を炭火焼きでシンプルに楽しめます。食材は、季節限定のあわび伊勢海老のほか、サザエ干物、郷土料理「てこね寿司」など様々。

「基本コース」の5人前セット ※3名以上~

こちらの写真は「基本コース」の5人前セット。その他にも、伊勢海老とあわびを両方をいただける「デラックスコース」(1名 9720円)※3・4月限定〈3名以上の予約料金〉や、「海女さんとおやつプラン」(1名 2160円)、オプションメニューなど充実しています。

※食事メニューは3名以上より申し込み可(2名の場合はプラス1080円)

獲れたての絶品あわびやプリプリのヒオウギ貝など。ヒオウギ貝はホタテと同じ仲間の二枚貝で、ホタテと比べ味が濃く甘みも強く美味
「基本コース」(1名 3780円)

ヒオウギ貝、サザエ、スルメイカ、干物に、ひじきの釜飯、名物青さの味噌汁がついた「基本コース」(1名 3780円)。オプションで「あわび〈3~9月〉」(1個 3240円)、「伊勢海老〈10~4月〉」(1尾 3240円)、「てこね寿司」(3人前 2700円~) を付けることもできます。

白木綿の磯着を身に付けた海女さんたち

地元の海女さんのおもてなしと会話を楽しみながら、豪快な海の幸と貴重な海女文化に触れることが出来る施設です。伊勢志摩に出かけたらぜひ体験してみて。
隣接する『海女資料館』もオススメです。

※当施設では海女さんと一緒に潜ったり、漁の実演を見る事はできません。
※予約制なので、事前に連絡をして下さい。

NAGOYAMAG

NAGOYAMAG

20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開。NAGOYAMAGはより深く、よりリアルな情報をネット配信しています。

日本プリコム

日本プリコム

お客様の”これが欲しかった!”をお届けします。 お客様の”これが欲しかった!”をご提供するため、編集、デザイン、DTP、WEB、 ITツールを駆使して、ニーズに合ったモノづくりをしていきます。

この記事を書いたライター情報

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

定番から通なスポットまで、より深く、よりタイムリーに情報配信。 20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開しています。

NAGOYA MAG が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載