東京・お台場で開催!GWは肉フェスでブランド肉を味わい尽くす

特集

ブランド牛の食べ比べ! GWは「肉フェス」へGO!

2018/04/22

東京・お台場で開催!GWは肉フェスでブランド肉を味わい尽くす

4月27日(金)〜5月6日(日)に東京・お台場で開催される「肉フェス TOKYO 2018」の情報をお届け! 肉食系グルメライター・kazukazuさんによる「肉フェス」の回り方も紹介します!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

食べて、飲んで、遊んで! 1日中楽しめる“肉の王国 NIKUFES KINGDOM”

【イベント:4/27(金)〜5/6(日)】

累計来場者数が500万人を突破した「肉フェス」。東京でのGW(ゴールデンウイーク)開催は5回目となり、究極のフードエンターテインメントとして帰ってきた

GWの風物詩となった「肉フェス」が、東京、大阪、広島の3都市で開催される。各3会場同時出店の店舗をはじめ、初出店や常連の店舗まで豪華ラインアップ。そしてメニューはステーキ、牛タン、ローストビーフ……と種類が豊富だ。

また、今回の肉フェスは“肉の王国 NIKUFES KINGDOM”がテーマ。東京<お台場特設会場>では肉料理を堪能できるだけでなくライブステージやスポーツ大会も行われるなど、これまでの肉フェスとはひと味違うコンテンツも加わり1日中楽しめる。

肉好きブロガーが「肉フェス」で食べるべき肉料理を教えます!

好きな肉を食べ歩きできる「肉フェス」。東京会場には23店舗が参加するとあって、どのメニューを食べたらいいか迷ってしまいそうだ

全3会場に出店する「飲めるハンバーグ」「Cheese Cheers Cafe 渋谷」「表参道 Lounge1908」をはじめ、東京会場には、黒毛和牛佐賀牛松阪牛といったブランド牛など全国から23店舗が出店。

どのメニューを食べたらいいのか迷ってしまう人も多いはず。そこで、肉食系グルメライターのkazukazuさんに、「肉フェス」を賢く回るコツと必食メニュー5品をうかがいました。肉フェスに参加する際の参考にしてくださいね!

肉食系グルメライターのkazukazuさん
kazukazu(かずかず)

kazukazu(かずかず)

ハンバーグブロガー/日本ミンチ協会ハンバーグ王子

東京会場を賢く回るコツ:肉の味付けをチェックしてから食べ順を決める!

kazukazuさん
kazukazuさん
店舗数が多い東京会場なだけに、より多くのメニューをベストな状態で楽しみたいですよね。そういった場合、まずは味付け控えめなステーキなどのメニューから攻めてみましょう。その後、徐々にタレ系、チーズ系と味の濃いメニューにシフトしていけば味覚に余計な負担をかけず、かつたくさんのお肉を楽しむことができますよ」

kazukazuさんが厳選! 東京会場で食べるべき5メニュー

1.「肉匠 とろにく」松阪牛A4・A5とろにく厚切りステーキ&牛すき煮 ★初出店

A4・A5ランクの松阪牛の厚切りステーキと牛すき煮を味わえるぜいたくなメニュー。松阪牛を低温調理でじっくり火を通しジューシーに仕上げて、とろろをかけた“とろにく”ステーキは必食

2.「肉料理それがし」黒毛和牛A5ランク 薄切りローストビーフ! 濃厚卵黄ソース ★初出店

A5ランクの国産黒毛和牛を薄切りしたローストビーフは、上質の肉だからこそ堪能できるやわらかくジューシーな味わいが魅力

3.「SHUTTERS」とろける! ほっぺた落ちるスペアリブ(2本) ★初出店

100%国産豚を使用したスペアリブは、ナイフが不要と言われるほどのやわらかさ。豪快にかぶりつきたい

4.「表参道 Lounge 1908」ジューシー! 赤身のワイルドステーキ ★3会場同時出店

軟らかくうまみのある肉質が特徴の“大麦牛”を使用した赤身のステーキ

5.「飲めるハンバーグ」飲めるハンバーグ ★3会場同時出店

「肉フェス」では毎回行列ができるほど大人気。ネーミングの通り飲めるほどの軟らかさを実現した奇跡のハンバーグで、国産黒毛和牛を使ったジューシーさが特徴。今回は進化した“飲めるハンバーグ”を味わえる
kazukazuさん
kazukazuさん
「肉の芸術品の異名を持つ日本三大和牛の一つ松阪牛が食べられる『肉匠 とろにく』は真っ先に押さえておきたいです。『肉料理それがし』のローストビーフは味わい、食感ともに病みつきになる一品。骨離れがよく、無我夢中に手づかみでかじりつきたい『SHUTTERS』のスペアリブ、肉感満たされる『表参道 Lounge 1908』のワイルドステーキ、あふれんばかりにジューシーな『飲めるハンバーグ』もオススメですね」

まだまだある! 初出店&注目の肉店舗

kazukazuさんがオススメする5メニューのほかにも、3会場同時出店や「肉フェス」初出店の店舗もチェック!

「Cheese Cheers Cafe 渋谷」とろ〜りラクレットチーズのCCC肉バーガー ★3会場同時出店

国産牛100%の肉汁たっぷりのぜいたくパティの肉バーガー。とろっとろのラクレットチーズを楽しめるチーズ好きにはたまらない一品

「ゼスト キャンティーナ」肉汁あふれる! 発酵熟成肉ガリバタステーキ ★初出店

根強いファンが足繁く通う人気メキシコ料理店が満を辞して「肉フェス」初参戦。ご飯が進みそうなガーリックとバターの風味がきいた、肉汁があふれる発酵熟成肉ガリバタステーキ

「北海道 ミートスミス」北海道産 特上牛タン ★初出店

やわらかい食感がたまらない北海道産の特上牛タンをネギ塩でいただく

「BRIDGE日本橋」A4黒毛和牛の溶ける炙(あぶ)り焼き ★初出店

その名の通り、A4ランクの黒毛和牛が口の中で溶ける感覚を味わえる一品。お酒との相性も抜群

ビールやスイーツなどもメニューが充実!

各コンテストで受賞したビールが国内外から集結!

肉に欠かせないのはビール。今回は国内外の賞レースで受賞歴のあるクラフトビールが集結。東京会場には「富士桜高原麦酒」「TAP×TAP」「DHCビール」「hokkaido brewing」「T.Y.HARBOR BREWERY」の5店舗が登場し、各店ともに複数のビールを提供する。各店舗で飲み比べをするもよし、お気に入りの店舗を決めて複数のビールを飲み比べもよし。厳選ビールの数々を楽しもう。

ベルギー代表として参加する「TAP×TAP」からはDLG 2016金賞受賞の、爽やかな口当たりが特徴のピスルナーなどが登場
「アジア・ビアカップ2016ライトラガー部門」で金賞を受賞した「DHCビール」のラガー(写真右)。DHCラガー、DHCエール、DHCブラック、DHCホワイトの個性豊かな4種類の飲み比べセットも提供

肉を食べた後はスイーツで締める!

締めのスイーツも豪華。東京会場には、「KAJITSU_CLUB」「アイスブリュレクレープ」「ファームズ千代田」「甘党男子Cafe」「Milky Snow」と5店舗が出店。アイスクリームやかき氷などひんやりスイーツを堪能できる。

外はクレープ、中はアイスの不思議な食感を楽しめる「アイスブリュレクレープ」
東京初参加の「ファームズ千代田」はプレミアムソフトを提供。自社のジャージー牛から搾乳した濃厚なミルクで仕上げたソフトクリーム
「甘党男子Cafe」からはKEN S CAFE特製チョコをかけていただく世界最高峰のプレミアムバナナが登場

肉だけじゃない! ライブステージやヨガなどのイベントが満載

今回は、1日を通して会場で楽しめるように「肉フェス」が進化。個性あふれるアーティストやアイドルなどによるライブステージが日替わりで行われるほか、リクエストDJブースでも日替わりでDJが登場し会場を盛り上げる。さらに、ボルダリングヨガにチャレンジできるなど、スポーツ系の体験型イベントもめじろ押しだ。

Twitterで「#肉フェスTYO」をつけてリクエストしたい「曲名/アーティスト名」をツイートすると、あなたの好きなBGMが会場で流れるかも!?
話題のスポーツ・ボルダリングが「肉フェス」に初登場。3歳以上から挑戦可能で、やったことがある方も初体験の方も気軽に参加できる

▼DATA▼
イベント:4/27(金)〜5/6(日)
会場:お台場特設会場 お台場青海地区P区画
時間:10:00〜21:00
料金:入場料無料(飲食代別途) ※食券(700円/枚)、電子マネー利用可

構成・取材・文=シーアール

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES