なごやめしでプチぜいたく!! 名古屋コーチンがおいしい店5選

2018/05/03

なごやめしでプチぜいたく!! 名古屋コーチンがおいしい店5選

日本三大地鶏として、比内地鶏や薩摩地鶏と並ぶ「名古屋コーチン」。その料理を手がける店といっても、ちょっと高級そうな専門店から気軽に立ち寄りやすい居酒屋まで、趣やジャンルが異なる店が名古屋市内には多くそろう。そこで、産地だからこそ味わえる、新鮮でおいしい逸品を5つ厳選して紹介!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

\名古屋コーチンがおいしく味わえる店はコチラ!/
・名古屋コーチン・旬菜 一鳳 本店
・名古屋コーチン 鳥しげ 錦本店
・鳥開総本家 名駅南店
・Hioki 錦本店
・名古屋コーチン 串焼き 旬采 むかしや

名古屋コーチンの深〜い歴史

名古屋コーチン発祥の地・愛知県小牧市にあるブロンズ像

名古屋コーチンの歴史は明治時代にさかのぼる。旧尾張藩士が、現在の愛知県小牧市で地鶏と中国の鶏をかけ合わせて生み出したものだ。懸命の努力によって改良が重ねられ、弾力ある肉の歯ごたえと卵の味の濃さが次第に評判に。1897年頃には名古屋コーチンと呼ばれるようになった。

名古屋コーチン一筋の専門店「名古屋コーチン・旬菜 一鳳 本店」

1947年に建てられた3階建の純和風、数寄屋造の店舗

1953年にかしわやとして創業。20年ほど前から名古屋コーチンを専門にした飲食店を営み、名古屋市内に2店舗を構える。一見敷居が高そうな感じだが、リーズナブルに名古屋コーチンを楽しめるとあって、県内外から多くの人が訪れる。名古屋近郊の複数の養鶏場から丸鷄のまま仕入れた朝びきコーチンを店内でさばいて提供しているため、鮮度が抜群

「極上親子丼」(1490円・税込)

ランチでは、この親子丼に味噌汁とサラダ、香物がついた「お昼のお膳 名物 極上親子丼」(1500円・税込)を提供

名物の親子丼には、適度な脂がのった一番おいしい部位であるモモのみを使用。備長炭で皮目を炙っているため、名古屋コーチンの独特な味と香りが引き立つ。さらに名古屋コーチンの卵を2つ使って、旨味をふっくらと閉じ込めている。そこに北海道産の昆布や九州産のカツオからとった出汁、北海道産や淡路産のタマネギ、土鍋で炊いた地元のコメなどが合わさり、こだわりが詰まった一杯に仕上がっている。

風情ある落ち着いた和の空間で、全席が個室。様々なシーンで活用できる

「弾力があって歯ごたえ抜群のモモ肉と、濃厚な卵の味が口の中で広がっていくのがたまらない! 一杯の中に込められた思いや丁寧さを存分に感じられます」(ライター山田)

良い食材をそのままに「名古屋コーチン 鳥しげ 錦本店」

東京第一ホテル錦の一階。創業から9年、ずっとこの場所で営む

鶏肉卸業者直営の名古屋コーチンを専門に扱う割烹料理屋。肉や野菜などの食材や酒から器や内装にいたるまで、すべて愛知県産のものでそろえているのが特徴だ。鮮度にこだわり、朝びきの純系名古屋コーチンの雌のみを、その日必要な分だけ仕入れている。「良い食材をどう生かすか」をモットーに、素材の味を楽しんでもらうための努力を惜しまない。

「名古屋コーチン もも一枚焼き」(2人前240g・2400円・税込)

名古屋コーチンのコクのある旨味と濃厚な味が一番わかりやすいという、店長のオススメ。塩、醤油、にんにく醤油の3種類から味を選べる

備長炭を使って高温で焼き上げることによって、肉汁がこぼれず閉じ込められ、旨味がギュッと詰まった一品になる。店長こだわりの焼き加減は、長年の経験から培ってきた勘と熟練の技が織りなす賜物だ。その味わいは、「これぞ、ザ・名古屋コーチン!」と呼べるもの。ビジネスマンや旅行客でほぼ席が埋まってしまうため、必ず事前に予約してから訪れよう。

ほとんどの常連客はカウンター席を利用。丸鶏をさばくところから調理するまでの過程を目の当たりにできるのが魅力だ

「一口サイズに切り分けてもらってほおばると、名古屋コーチンのサラサラとした上品な脂が口いっぱいに広がります! 閉じ込められたこの旨味を逃さないようにするために、できたてアツアツの状態で味わって!」(ライター山田)

外はパリッ! 中はジューシー! な名物「鳥開総本家 名駅南店」

名古屋を中心に13店舗を展開する鳥開総本家。なかでも最も規模が大きいのが名駅南店だ

鶏料理専門店として2000年に創業。レストランや居酒屋など様々な業態で、厳選した純系名古屋コーチンを使った手羽先唐揚げや焼き鳥、親子丼を提供している。居酒屋である名駅南店の名物は、「絶対に品切れさせない!」と店長が断言する手羽先唐揚げ。温度管理を徹底して二度揚げし、創業から変わらないオリジナルのブレンド塩とタレで味付けしている。甘辛のタレは、国産しょうゆを赤ワインで香りづけしたもので、少し酸味があるさっぱりとした仕上がりだ。

「名古屋コーチン手羽先唐揚げ」(1人前3本・720円・税込)

写真は2人前。一般的な若鶏の手羽先に比べて、ひと回り大きい! 1本あたり240円(税込)で追加も可能。テイクアウトもできる

名古屋コーチン独特の弾力とコクを味わうなら、ぜひできたてを! 一般的な若鶏の手羽先と食べ比べできるセット(4本・720円・税込)もあり、名古屋コーチンとの違いを実感することもできる。ランチでは扱っていないので、ディナータイムに訪れて生ビールや愛知の地酒と一緒に楽しみたい。

オープンキッチンを囲むカウンター席もあるので、一人でも気軽に立ち寄れる

「密度の濃いしっかりとした肉質、そしてあふれ出るジューシーな肉汁…とにかく1本のボリューム感がすごい! おつまみというより、一つの料理として味わえる。これはクセになる!」(ライター山田)

こだわりの養鶏場から仕入れた希少部位を堪能「Hioki 錦本店」

錦通沿いにあるビルの3階

その品質の高さから知名度が高い愛知県春日井市の「稲垣種鶏場」で育てられた名古屋コーチンを、毎朝数羽仕入れている。手間とコストをかけて鶏舎で平飼いされ、薬品を一切使っていない健康体だ。2001年のオープン当時からの人気メニューは鮮度が高いままさばいている刺身の盛り合わせで、「食べてもらえれば、わかる!」と店主が豪語するほどのおいしさ。

「コーチン刺いろいろ一皿」(2〜3人前・1960円・税別)

右上から時計回りに、心臓、砂肝、肝、モモ、ムネ、ささみ、せせりで、希少部位を含む7種類。ハーフサイズ(1260円・税別)のほか、5〜6人前の大皿(3920円・税別)も選べる

菜種油と塩や醤油でいただく。使われるのは雌のみで、脂肪に旨味成分を多く含み、やわらかいのが特徴だ。この一品を目当てに、香港や台湾など海外から訪れる人もいるほど。数量限定のため、予約するのがおすすめだ。愛知の地酒と合わせるのが食通の楽しみ方だそう。

カウンターとテーブル、掘りごたつがあり、ダイニングバーのような雰囲気

「ツヤツヤの肝は、最初は歯ごたえを感じるものの、あとからトロッととろけていく…。何よりも、部位ごとに異なる食感や味わいを食べ比べできちゃうのがうれしい!」(ライター山田)

鶏卸直営店だからコスパ抜群! 「名古屋コーチン 串焼き 旬采 むかしや」

創業30年以上のなつかしさ漂う居酒屋

純系名古屋コーチンの卸直営店。朝びきで鮮度が良いものを、お値打ちに提供できるのを強みとしている。名古屋コーチンや旬の食材をおいしく食べてほしいとの思いから、焼き物や揚げ物、刺身など、ラインナップはバリエーション豊か。人気メニューの一つが、自家製のコーチンつくねだ。

「コーチンつくねセット5本」(950円・税別)

左から順に、タレ、塩、チーズ、梅肉、みそ。焼きたての良い香りと彩りの良さが食欲を刺激する!

名古屋コーチンのミンチと砂肝、軟骨、そして淡路島産や北海道産の玉ねぎを練り合わせて作っている。つなぎは片栗粉のみで、ふんわりとした食感を残すために焼き加減にもこだわる。甘めのタレは、作り方はシンプルだけれど、創業からずっと継ぎ足してきた伝統あるもの。ピリ辛と甘めが選べるみそは、八丁味噌をベースに名古屋コーチンのそぼろを入れて練ったものだ。地酒や焼酎と一緒に、それぞれのオリジナルな味付けを楽しみたい。

アットホームな雰囲気の店内

「絶妙な焼き加減が生み出したふんわり食感、そこに軟骨のコリコリ感が合わさり、至福の時を味わえる1本。どの味付けもおいしいですが、名古屋コーチンの旨味をより味わうなら、やはり塩は欠かせません!」(ライター山田)

生で、焼いて、揚げて…名古屋コーチンの楽しみ方は多種多様! 店舗ごとの名物やオリジナルな味わいを求めて、巡ってみるのがおすすめだ。

取材メモ/どの料理にも、名古屋コーチンにしかない独特の旨味や弾力がうまく生かされています。このおいしさを、ぜひ体感してみてほしいです!

取材・文・撮影=SOL+LUNA

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

SERIES